「 プログラムデザイン 」 一覧

#368 【論文レビュー】「筋肥大期」的な量の多いウエイトトレーニングを実施すると一時的にRFDが低下する

    中・長期のトレーニング計画を立てるうえで、おさえておいたほうが良いと思われる科学的知見を見つけたので、論文レビューとして紹介します。    論文の内容 Mangine et al

続きを見る

#341 「筋肥大のためにはセット間レストを短くすべき!」という考え方は、科学界では否定されつつある

    ウエイトトレーニングのプログラムデザインにおいて、強度・量・頻度・エクササイズ選択といった変数と比べると、ちょっと地味な存在である「セット間レスト(時間)」。プログラムデザインを説明す

続きを見る

#335 【ポッドキャスト紹介】”Periodization in Strength & Conditioning” with Greg Haff PhD

    無料で聞けるオススメのポッドキャストを紹介します。 "Periodization in Strength & Conditioning" with Greg Haff PhD

続きを見る

#318 【論文レビュー】何でもかんでもスーパーセットにすれば良いってもんでもない

    スーパーセットは2つ以上のエクササイズを組み合わせて、1セット毎に順番に実施する方法を指します。詳しくは過去のブログ記事をご覧ください。 #228 「スーパーセット」について スー

続きを見る

#309 ウエイトトレーニングの挙上重量が伸びるスピードはエクササイズによって違う(動員される筋線維の数が違うから)

    ウエイトトレーニングにおいては漸進性過負荷の原則にもとづいて、少しずつ挙上重量を増やしていくことが重要です。しかし、挙上重量が増えるスピードはエクササイズによって異なるので、その点を考

続きを見る

#299 バスケ選手みたいに背が高くて大腿部の長いアスリートのウエイトトレーニングについての考察

    今の職場での契約も来年度で終わるので、その後はバスケチーム等を指導したいな〜と思っています。そこで、バスケ選手のように背の高いアスリート(特に大腿部が他の部位と比較して長いアスリート)

続きを見る

#291 多関節エクササイズ中心にトレーニングするのが原則だけど、別に単関節エクササイズをやっちゃダメと言ってるわけじゃないんだから♡

    最近はブログ閲覧数も増えてきて、たくさんの人に読まれているプレッシャーが無意識にあり、ちょっとブログでの言葉遣いが優等生すぎて遊びがなくなっていたかもしれないと反省し、今日のブログタイ

続きを見る

#283 速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)しないとダメ?

    「ジャンプやスプリントのような爆発的な動きにおいては速筋が大事で、サイズの原理にもとづいて考えると、速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)まで追い込

続きを見る

#279 前額面のパフォーマンスUPのために、まずは矢状面メインのストレングスエクササイズで筋力を上げてみる、という考え方

    前額面における動き、つまり横方向の移動能力が重要な競技は色々とあります。じゃあ、前額面におけるパフォーマンスを向上させるため、サイドランジ等の前額面メインのストレングスエクササイズをガ

続きを見る

#266 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑨】シーズン中のトレーニング

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの続きです。今回は連載第9回の「シーズン中のトレーニング」です。特に狙ったわけではないですが、前回のブ

続きを見る

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 76今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑