#40 今日の気付き

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考 ,


深爪して、フックグリップでクリーンとかすると親指の痛みがハンパないんだなぁ・・・

なをき

 

関連記事

#54 トレーニング初心者には高レップ数を実施させない

    ずーっと出張でロンドンに滞在していました。勤務時間中も勤務時間外もオリンピック漬けな

記事を読む

#285 スポーツ特異的エクササイズとかいうダークサイドに落ちないためにはどうすればいいか?

    本ブログをお読み頂いている方には伝わっているかもしれませんが、実は私、「スポーツ動作

記事を読む

#352 リオ五輪を観ていて、S&Cコーチとしての責任の大きさを改めて感じました

    1人のアスリートには多くの人が関わっている 普段S&Cコーチとしてトレーニ

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#165 S&Cコーチとして客観的にS&Cトレーニングの重要性を訴えて行きたいな〜

    英語圏のS&C業界で良く耳にするスローガンに「All other things b

記事を読む

#69 シーズンオフのトレーニングだけで1年間戦えるカラダを作る事は不可能だっ!!

    前回のブログでシーズン中のトレーニングについてお話をしました。(試合期が長い競技では

記事を読む

#371 アスリートの筋力の左右差をどう捉えて、ウエイトトレーニングでどうアプローチしていくか

    これまでバドミントンやフェンシングのように片側性スポーツ競技のトレーニング指導を担当

記事を読む

#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも

    S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全

記事を読む

#316 ファンクショナルトレーニングの原則!?

    今回は、ファンクショナルトレーニングの5大原則、というネット記事を見つけたので、それ

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑