#109 Twitterつぶやきまとめ

公開日: : 最終更新日:2016/10/07 S&Cコーチとしての思考


 

17471462035 3547e5a3ef b

 

最近Twitterでつぶやいた事をまとめます。

 



思いついたけどブログで書くほどではない事をこんな感じでTwitterでつぶやいています。ブログとTwitterで書く内容の使い分けがまだ自分の中で決まっていませんが、今後少しずつ試行錯誤していこうと思います。

 

※もし記事がお役に立てたら、facebookで「いいね」を押したりtwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです(^_^)

関連記事

#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

    今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中

記事を読む

#93 『シーズン中もレジスタンストレーニングを続ける』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑧

    8回に渡ってお送りしてきたシリーズも今日が最終回です。それでは張り切って行きましょ〜

記事を読む

#331 筋トレして筋肉が太くなったり筋力UPしたりすると、競技の動きが固くなる?

    筋トレに対してネガティブな印象を持っているアスリートやコーチは未だにいます。その理由

記事を読む

#376 Velocity Based Training(VBT)が流行っているけど、その前に正しいフォームの習得を優先したほうがいいんじゃないかしら?

      Velocity Based Training(VBT)とは? Veloci

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#137 バスケ選手のジャンプ能力を向上するのはどっち?:ジャンプトレーニング vs ストレングストレーニング

    今日はテレビでNBAのファイナル第6戦を観戦しました。久々に熱い試合でした。やっぱバ

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#209 ウエイトトレーニングやるとパフォーマンスが低下する可能性はある?

     ウエイトトレーニングに対してネガティブな印象をお持ちのコーチやアスリートはまだまだ多いと

記事を読む

#327 トレーニング効果が競技成績向上に結びつく実感を得るのにかかる時間

    アスリートのトレーニング指導を開始してから、そのトレーニング効果が競技成績向上に結び

記事を読む

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 103今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑