#130 ラン系インターバルトレーニングのプログラム計画に使えるエクセルファイル無料ダウンロードの紹介


 

Pic2

 

持久力向上のためのインターバルトレーニングでトレーニング強度を個人の能力に合わせて決定するための方法として、心拍数をモニターするというものがあります。しかし、1回のインターバルの運動時間が比較的短い場合には、心拍数が運動強度を正確に反映しているとは限らないという話を最近しました(#120 間欠的運動の練習強度を心拍数を使ってモニターしたり処方したりする事は可能?)。別の方法として、最大酸素摂取量における走速度(vVO2maxとかMAS(maximal aerobic speed))を測定によって求めて、その速度をもとにしてトレーニング中の走速度を決定するという方法があります。例えば、15秒@130%vVO2maxと15秒@パッシブレストを10回繰り返すとか。vVO2maxを正確に求めるには研究室で使われるような測定機器が必要ですが、フィールドテストから推定する事も可能です。そうしたvVO2maxやMASをもとにしてインターバルトレーニングを計画する際に、役に立つエクセルファイルが無料でダウンロードできるので紹介します。

Running based interval – Velocities table [Free Download]

具体的な使い方は特に説明しないので、上記記事を読んだり、そこで紹介されている他の記事を読んだりしながら、いろいろと試してみて下さい。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#265 「フィットネスー疲労理論」を理解すれば、シーズン中もトレーニングを継続することの重要性が理解できる

    先日、過去のブログ記事(#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論)を手直

記事を読む

no image

#49 バーONLYでウォームアップを始める:実例

以前のブログで、スクワットやベンチプレス等のバーベルエクササイズのウォームアップ1セット目はバーのみ

記事を読む

#88 『エクササイズの漸進性:ProgressionとRegression』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー③

    シリーズ第3弾です。   第3条「エクササイズの漸進性:Progressionと

記事を読む

#206 サッカーW杯直前の準備期間におけるコンディション調整の不備について改めて考えてみる

    サッカーW杯で日本代表が期待された成績を出せなかった原因の1つとして、強化担当者は「コンデ

記事を読む

#90 『5つの基本動作パターン』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑤

    シリーズは続きます。 第5条「5つの基本動作パターン」 レジスタンストレーニ

記事を読む

#229 「30-15 Intermittent Fitness Test」の音源(mp3)やその他の資料

    Merci Martin!! 先日のNSCAジャパン南関東地域ADセミナーにおいて、「S

記事を読む

#266 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑨】シーズン中のトレーニング

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#24 ウォームアップドリルの分類と順番

    S&Cトレーニング前のウォームアップでは、複数のモビリティドリルやアクチベー

記事を読む

#243 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載①】ウォームアップについて

     昨年から12回にわたって、月刊トレーニング・ジャーナルという雑誌で「クロスオーバー

記事を読む

#116 【アスリート向け】 試合前のウォームアップをルーチン化する

    アスリートにとって、試合前のウォームアップは最適なパフォーマンスを発揮するのに重要で

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 199今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑