#281 「効率の良い動きを鍛える」って何?ファンクショ◯ルって何?

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考, エビデンスに基づいたトレーニング


 

Plank on a pair of medicine balls

 

なをきのつぶやき

最近ファンクショナ◯がどーのこーの言っている人たちが、「筋トレだけやって筋力やパワーを向上させてもダメで、効率の良い動きを鍛えるファン◯ショナルトレーニングが重要なんだ」とか主張しているのをよく耳にします。私の印象では、後者のトレーニングを必要以上に強調していることが多く、「私は筋トレは一切させていません。効率の良い動きを教えています!」とかわけのわからないことを言っちゃっている残念な人もいます。

でも、strongであるべき筋肉が弱いと、他の筋肉がそれを補わないといけなくなり、結果として非効率な動きになってしまうはずです。例えば、大臀筋が弱いと、股関節伸展のためにハムストリングも必要以上に使われてしまい、ハムストリングは二関節筋だから膝関節屈曲モーメントも発揮してしまうので、それを上回るだけの膝関節伸展モーメントを発揮するために必要以上に大腿四頭筋が力を発揮しなければならなくなります。必要以上にハムストリングと大腿四頭筋に負担がかかるそのような状況は、決して効率的ではありません。

その場合、いつまでも「効率の良い動きを教えて」いるだけでは根本的な問題は解決しません。weakな筋肉(例:大臀筋)を鍛えてあげる「筋トレ」を実施して筋力を向上させることによって、結果として効率的な動きが手に入るはずです。だから、「私は筋トレは一切させていません。効率の良い動きを教えています!」とか言っている人がいたら、その人の能力を疑ったほうが良いです。ダマされないように気を付けましょう(そういう人に限って口達者が多いんだよな・・・)。

 

まとめ

以前にもブログで紹介した下記の論文を読み直していて、上記のようなことを思いつきました。

#267 【論文レビュー】スクワットではハムストリングより大殿筋と大腿四頭筋(大腿直筋以外)を優先的に使ったほうが、高重量を持ち上げられる

科学的知見は決して単なる机上の空論ではありません。読み方、解釈の仕方しだいで、現実問題を解決してくれる場合もあります。そんなことを考えた週末でした。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

暑い・・・。それだけ・・・。

関連記事

#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する

    加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピ

記事を読む

#356 業界の発展のために、他の専門家を批判するのはやめろってか!?

    今日は短めに。 「フィットネスやS&Cの業界は、まだまだお金を稼いで食べて

記事を読む

#289 トレーニングは補強にすぎないし、だからこそ競技練習とは別のことをやる(競技特異的って何だコラ)

    今回はフィロソフィー的なお話をします。   トレーニングは補強にすぎない たと

記事を読む

#244 必要ないことは必要ないと言うべし!?

    つい最近「ニーズを無視する?」というブログ記事を書きました。アスリートからの要望が的

記事を読む

#117 ボックスジャンプ世界記録!?

    ボックスジャンプは着地衝撃による筋や関節へのダメージを最小限におさえつつ、ジャンプ動作をト

記事を読む

#79 自分のエゴでコーチングをしちゃだめよ

    このタイトルのこと、最近良く思います。こちらのブログでも同じような内容が書かれていま

記事を読む

#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?

    アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにあり

記事を読む

#82 【ブログ紹介】エビデンスに基づいたトレーニングは必要?

    以前のブログで「エビデンスに基づいたトレーニング指導」という考え方についてお話をしま

記事を読む

#260 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑦】ストレングストレーニング時のフォームと速度

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

    以前のブログで、スクワットにおける各筋群の動員についての論文を紹介しました。 #2

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑