#295 レジスタンスエクササイズ実施中にアスリートに声をかけるタイミングについての考察

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 コーチング


 

Megaphone 50092 640

 

アスリートがレジスタンスエクササイズを実施している時に、動作にエラーが見られて、それを修正するために声がけをするタイミングはいつが良いかについて考えてみます。

 

声がけのタイミング

レジスタンスエクササイズの動作にエラーが見られた時に声をかけるタイミングとして、大雑把に分けると2パターンあります:

  • セット中(レップの最中、あるいはレップとレップの間)
  • 1セット終了後、次のセット開始までのレスト中

セット中に声がけをする場合、あまり長い説明をすることができないので、できるだけ短い言葉(=キューイング)を選ぶ必要がありますが、アスリートはすぐに反応してフォームを修正することができる可能性があります。

一方、セット終了後に声がけをする場合、時間に余裕があるので、詳しい説明をアスリートに伝えることができ、それを意識してもらって次のセットに臨んでもらうことが可能になります。

 

どちらが良いのか?

では、どちらのタイミングが良いのでしょうか?私は個人的に、どちらが良い悪いとかじゃなくて、ケース・バイ・ケースで使い分けるのが得策だと考えます。

たとえば、セット中に声がけをされるのを好むタイプのアスリートがいます。そういうアスリートの場合、エラー動作が見られたら短いキューイングを与えればすぐに反応して修正してくれるし、良いフォームで実施できたレップについては「イイね〜!」的なポジティブなフィードバックを与えてあげることで、良い場合と悪い場合の違いを本人が覚えやすくなって、適切なフォームの習得が早まることもあります。逆に、そのようなタイプのアスリートに対してセット中に声がけをせず黙っていると「私、適切なフォームで出来ているのかしら?」と不安になってしまう場合もあります。

一方、セット中に声がけをされても、それをすぐに理解してフォームの修正に繋げることができないアスリートもいます。特に、こちらが与えるキューイングが適切でない場合、アスリートが思考停止を起こしてしまい、結果としてセット全体の出来が悪くなってしまうリスクすらあります。そういうアスリートの場合は、セット中は声がけをするのを控えて、セット終了後に丁寧に説明をしてあげたほうが、こちらの意図を理解してもらえて、次のセットでフォームの修正を図ることができる、なんてこともあります。

 

まとめ

セット中に短いキューイングを与えることも、セット終了後に丁寧な説明をしてあげることも、どちらもできるように準備をしつつ、実際にどちらを使うかはアスリートのタイプによって決定する、というのがベストな選択だと思います。

この辺りのコーチング技術はなかなか教科書には載っていないので、現場で経験を積む中で覚えていくしかありません。私も、経験の中でアスリートから教わることが多く、今回のブログ記事のネタも、指導しているアスリートとの会話からヒントをもらいました。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ラグビー日本代表、強くなりましたね。そして、盛り上がりもスゴイですね。バスケ日本代表の男子も頑張ってリオ五輪に出場してもらって、来年から始まる新リーグの盛り上がりに繋げてもらいたいですね。

関連記事

#326 ランジ動作では『直立型』を目指すけど、場合によっては「上体を少し前傾させろ!」と指導することもある

     前回のブログの続き・補足を書きます。   『直立型』は絶対!? まず、前回の

記事を読む

#138 キツいトレーニングは必要?

    今回はS&Cトレーニングと精神論というテーマで思いついた事をつらつらと書いて

記事を読む

#159 【クイズ】S&Cコーチの実力はどうやって評価する?

    ストレングス&コンディショニングは(特に日本

記事を読む

#128 【クイズ】アスリートにこんなことを言われたら?

    今日は趣を変えて、クイズを出します。コメント欄に答えを記入頂いた方から抽選で5名に豪

記事を読む

#273 「運動」と「トレーニング」の違い

    以前、AthleteBody.jpというサイトにレジスタンストレーニング「漸進性過負

記事を読む

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

#70 ハイプルをするべきかしないべきか、それが問題だ

    いやゆるクイックリフトと呼ばれるエクササイズ群があります。ウエイトリフティングのクリ

記事を読む

#296 身体的特徴がスクワットのフォームに及ぼす影響

    スクワットのフォームには身体的特徴が大きな影響を及ぼします。「身体的特徴」と一言で言

記事を読む

#18 正しいエクササイズフォーム(テクニック)へのこだわり

    私、正しいフォーム(テクニック)でウエイトトレーニングのエクササイズを実施する事にこ

記事を読む

#244 必要ないことは必要ないと言うべし!?

    つい最近「ニーズを無視する?」というブログ記事を書きました。アスリートからの要望が的

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 1303今日の訪問者数:
    • 663昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑