#6 特異的なエクササイズ? その2

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 競技特異性 , ,


 

Fitball Group Fitness Class

 

前回に続いて、特異的なエクササイズが効果的でない可能性がある理由をまとめます。

 

④不必要な負荷やストレスによって痛みや怪我を引き起こす可能性が高まる

例えば、野球のピッチャーの特異的なエクササイズとして、普通のボールよりも重いボールを投げさせるようなトレーニングを実施するとします。普段アスリートが慣れているよりも高負荷が体にかかるためストレスが大きくなり、結果として痛みや怪我を引き起こす可能性が高まると考えられます。

その高負荷に対して、より効率的な体の使い方を覚えることによってストレスを軽減することは可能かもしれませんが、そのようにして獲得された体の使い方は実際の競技動作(ピッチャーの例で言えば投球動作)においては非効率なものかもしれず、結果として運動制御に悪影響を与えてパフォーマンスの低下につながる可能性もあります。

 

⑤負荷のかけ方が最適でない場合がある

例えば短い距離のスプリント能力(スプリント加速能力)を向上させようとして、ウエイトベストを着て走るトレーニングを実施するとします。この場合、ウエイトベストによってもたらされる負荷には2種類あります。それはウエイトベストの質量と重力(引力)です。前者はスプリントで水平方向に加速する際に必要とされる力が増えるという点では、負荷としては最適かもしれません。しかし、後者は鉛直方向にのみかかる負荷なので、水平方向に力を発揮して体を水平方向に加速させることが重要な加速局面のスプリント能力の向上には適した負荷のかけ方ではないと考えられます。実際にはこの両者の組み合わせが負荷となり、おそらく後者(重力)の影響の方が大きいので、力発揮としては水平方向よりも鉛直方向への過負荷が大きくなり、加速局面のトレーニングとしては最適な負荷のかけ方ではない可能性が高いと思います。

このように、とりあえず競技動作に重りを加えれば特異的なエクササイズになり、パフォーマンス向上に直結するだろうという安易な考えでトレーニングをすることは非常に危険であり、かえってパフォーマンス低下や怪我のリスクが高まる結果になるでしょう。

 

まとめ

以上、いわゆる「特異的なエクササイズ」が効果がない可能性をいくつか考えてみました。個人的には「特異的なエクササイズ」のすべてが悪いとは考えておらず、ひとつひとつのエクササイズの特徴を考えた上でケースバイケースで判断する必要があると思います。ただ私の経験上、基本的なエクササイズをないがしろにして、即座の結果を求めて「特異的なエクササイズ」に走るS&Cコーチを多く目にしてきたので、それには注意が必要でしょう。

関連記事

#106 あえて競技特異的な(?)エクササイズを採用しないという選択

    競技特異性についてはこのブログで色々書いてきました。今日もそれに関連した議論をしたい

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#173 ボクサーのパンチ力をアップさせるために広背筋を鍛えろって言うけど、どうなの?

    ボクサーのパンチ力には広背筋が大事? 「パンチ力のあるボクサーは背中の筋肉、特に広背筋が発

記事を読む

#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

    今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中

記事を読む

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#137 バスケ選手のジャンプ能力を向上するのはどっち?:ジャンプトレーニング vs ストレングストレーニング

    今日はテレビでNBAのファイナル第6戦を観戦しました。久々に熱い試合でした。やっぱバ

記事を読む

#285 スポーツ特異的エクササイズとかいうダークサイドに落ちないためにはどうすればいいか?

    本ブログをお読み頂いている方には伝わっているかもしれませんが、実は私、「スポーツ動作

記事を読む

#157 特異的エクササイズについての雑感

    このブログをお読みの方はご存知かと思いますが、私はいわゆる「特異的エクササイズ」などと呼ば

記事を読む

#242 ニーズを無視する?

    Facebook上で「ニーズを無視する」という記事(書き込み?)を読んで、とても共感

記事を読む

#162 【論文レビュー】クウォータースクワットvs.パラレルスクワット:活動後増強(post-activation potentiation)

     PAPって何よ? Post-activation potentiation(PAP)とい

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 1275今日の訪問者数:
    • 663昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑