7/27 「フィットネス−疲労理論」入門セミナー

  

  • 「超回復理論」にもとづいてトレーニング計画を立てているけど、イマイチうまくいかない
  • 「フィットネス−疲労理論」について聞いたり読んだりしたことがあるけど、理解できない
  • 「フィットネス−疲労理論」の意味は理解できているけど、どう活用したらいいのか想像がつかない

という方向けに、入門セミナーを開催します。

「フィットネス−疲労理論」については、本ブログでも取り上げたことがあります。

もう5年ほど前の記事になりますが、継続してアクセスいただいており、興味をお持ちの方が多いトピックなんだろうと感じています。

» 参考:超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論

 

また、拙著『ピーキングのためのテーパリング −狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために−』では、テーパリングのメカニズムを説明するための大前提の知識として、「フィットネス−疲労理論」について、ページを割いて説明をしました。

こちらの本にもポジティブなフィードバックをいただいており、増刷もされています。

 

しかし、「フィットネス−疲労理論」は、重要な試合前の調整という特別な場面だけでなく、日頃のトレーニング計画立案においても活用できるコンセプトです。

私もトレーニングの大まかな方針を決めるときには、「フィットネス−疲労理論」を活用して、さまざまな決定を下しています。

 

できるだけ多くの方に「フィットネス−疲労理論」というコンセプトを理解していただき、トレーニング計画を立てるときに活用していただきたいと思い、「フィットネス−疲労理論」にフォーカスしたセミナーを開催することにしました。

 

 

予定している内容

・超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論
・フィットネス−疲労理論2.0
・過去と現在と未来を考慮に入れたトレーニング計画立案
・ピーキングのためのテーパリング
・シーズン中もトレーニングを継続する必要性
・シーズン中のマイクロサイクル
・Deload Weekの設置 

※内容は予定のものです 

 

セミナーの趣旨

過去にも私の他のセミナーで「フィットネス−疲労理論」に触れたことがありますが、今回は「フィットネス−疲労理論」のみにフォーカスして、お伝えするセミナーです。

具体的な事例を紹介しながら「フィットネス−疲労理論」の理解を深めていただき、ご自身でトレーニング計画を立てるときに活用していただくのが目的です。

あくまでも「入門」セミナーなので、主な対象は「フィットネス−疲労理論」についてイマイチ理解できていない方や活用ができていない方です。

すでに「フィットネス−疲労理論」のコンセプトを理解していて、日々のトレーニング計画立案に活用されている方の参加はオススメしません。

 

日時 

7/27(土) 10:15~13:15 ※開場 10:05 

 

お申込みの締め切り

7/22(月)

 

場所 

埼玉県 JR浦和駅から徒歩1分

※詳細はお申込み後の受付メールでお伝えします 

 

参加費 

21,600円(消費税込) 

 

定員 

16名 

※お申込みのタイミングにより、すでに定員に達している場合がございますので、あらかじめご了承ください。  

 

お支払い方法

事前の銀行振込
または
事前のクレジットカード決済

 

キャンセルについて

※キャンセル料は以下のとおりとなっております。

  • 〜7日前:40%
  • 7日前〜前日:80%
  • 当日:100%(ご連絡なく不参加の場合も含みます)  

 

お申込みの流れ

①ページ最下部のお申し込みフォームに、お名前、メールアドレス等をご入力ください。 
 自動返信にて受付メールをお送りします。 

②「クレジットカード決済」を選択された場合は、フォーム記入後にそのまま決済手続きにお進みください。

③「銀行振込」を選択された場合は、料金のお振込先を受付メールでご連絡しますので、メール到着から3営業日以内にお支払いをお願いいたします。

④お支払いを確認後、正式な受付完了メールをお送りします。

セミナーに申し込む