9/2(日) 爆発的パワー向上の科学的基礎セミナー

#501 乳酸についてさらに詳しく学びたい方にオススメの動画 by 東大の八田先生

 

University 2127450 1280

 

乳酸は疲労物質ではない 

乳酸が溜まる事と疲労する事はイコールではない、乳酸は疲労物質ではない、ということはS&Cコーチであれば知っておかないといけません。特に持久力向上のためのトレーニングプログラムを立案するのであれば。

そのあたりの知識を高めるためのオススメ本として、東大の八田先生の著書『新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニング』を以前のブログで紹介しました。

#317 【書籍紹介】新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニング

 

 

乳酸について勉強できる無料動画

その八田先生が講義をされている動画が無料で視聴できるので、ご紹介します。

2014年度「五月祭公開講座2014」乳酸の新たな視点からみる運動の疲労とエネルギー代謝

 
公開講座というくらいなので、恐らく東大生ではなく一般の方を対象に講義をされているのでしょう。生理学の知識がゼロだと理解するのは難しいかもしれませんが、それでもだいぶわかりやすくお話をされています。

乳酸についての正しい理解を深めるうえで、以前に紹介した本を読むのにプラスしてこちらの動画も視聴すれば、とても役に立つと思います。

個人的な経験上、ひとつのテーマについて勉強をする時には、読んだり、聞いたり、観たり・・・といろいろな方法でインプットをすると理解度が深まると感じています。なので、八田先生の著書をすでに読まれている方も、こちらの動画を視聴するとさらに深く理解することができるはずです。 

 

そういう意味では、私の著書『ピーキングのためのテーパリング −狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために−』を読んでいただいた上で、同テーマのセミナーにも参加していただけると、さらにテーパリングやピーキングについての理解が深まると言えるのではないかと・・・(コレはちょっと宣伝です。3/25にテーパリングセミナー実施予定です)。

 

まとめ

乳酸は疲労物質ではないと知っているのと知らないのとでは、さまざまな場面で大きな差を生むことに繋がります。

たとえば、疲労回復のためのリカバリー方法はいろいろありますが、どれが良いか判断するうえで、「◯◯を飲むと乳酸除去を高めてくれて疲労回復が高まりますよ!」なんて宣伝しているようなサプリメントがあったら、それは胡散臭いということに気づくことができるようになります。

実際に、リカバリー方法について調べた科学的な研究においても、血中乳酸濃度を疲労回復の指標として使っているものもあるので、そういった学術論文を引用して「科学的にも効果が証明されています!」なんて言われたら「知らない」人は簡単に騙されてしまうでしょう。しかし、「知っている」人であれば、そもそもその研究自体が適切ではないと気づくことができます。

たくさん勉強して「知っている」人になりましょう!すべては指導対象者のためです。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】 

結婚式に向けて妻のメイクリハーサルについていきました。メイクさんに「新郎さんもメイクされますか?」と聞かれて、新郎がメイクするわけないじゃんと思い「じゃあ、アイシャドウでもしてもらいますかね〜」なんて冗談で返していたんですけど、実際に3割くらいの新郎はメイクするらしいです。ちょっとビックリ!ヒゲが濃いのを隠したいとかでメイクする人もいるらしいですよ。私はヒゲは薄いので、結婚式はすっぴんで勝負することにしました。