「 コンディショニング・w-up・クールダウン 」 一覧

#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論

  前回のブログの続きです。今回は「超回復理論」と「フィットネスー疲労理論」について考えます。長文です。   超回復理論とは? 適切なトレーニングをすると、その外的な刺激に対して身体が反応して生理学的

続きを見る

#206 サッカーW杯直前の準備期間におけるコンディション調整の不備について改めて考えてみる

    サッカーW杯で日本代表が期待された成績を出せなかった原因の1つとして、強化担当者は「コンディション調整の不備」を挙げ、離日前に鹿児島県指宿市で実施した強化合宿によって疲労が蓄積した可能性につ

続きを見る

#198 サッカーW杯の報道に関連した話題

    サッカーW杯が近づき、関連報道も増えてきました。いくつかのニュースを読むと、代表チームが鹿児島・指宿合宿でかなり量の多いトレーニング・練習を実施していた様子がうかがえます。 連日の2部練習で

続きを見る

#154 高強度インターバルトレーニングの運動強度を規定する方法(個人の能力差を考慮に入れる)

    前回のブログに続き、職場内の勉強会でプレゼンした内容の一部を再利用してブログを書きます。     高強度インターバルトレーニングの運動強度の決め方 高強度インターバルトレーニングは比較的短時

続きを見る

#153 間欠性持久力のコンディショニング戦略のイメージ

  先日、職場内の勉強会でプレゼンをしました。その時の内容の一部を再利用してブログを書きます。 チーム競技、ラケット競技、格闘技など、多くのスポーツにおいて求められるコンディショ

続きを見る

#150 ウォームアップのチェックリストを作って、それを使おう!

    ウォームアップをルーチン化する 以前のブログで、ウォームアップをルーチン化する事の有効性についてお話しました。 ルーチン化とは、ウォームアップの「内容(ドリル名)」「それぞれのドリ

続きを見る

#132 ラダードリルはアジリティを向上させるか?

    ラダードリルは競技におけるアジリティを向上させる効果があるのでしょうか?個人的にはそうは思いません。足をチョコチョコと細く動かす能力は上がるでしょう。で

続きを見る

#131 【論文レビュー】飛行機移動がパフォーマンスに与える悪影響を抑える9つの方法

    私がトレーニングサポートに携わるアスリート達は、海外での試合に参加するために飛行機移動を頻繁にします。長時間の飛行機移動はそれ自体が肉体的にストレスですし、さらには国によっては時差とい

続きを見る

#130 ラン系インターバルトレーニングのプログラム計画に使えるエクセルファイル無料ダウンロードの紹介

    持久力向上のためのインターバルトレーニングでトレーニング強度を個人の能力に合わせて決定するための方法として、心拍数をモニターするというものがあります。し

続きを見る

#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

    S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエクササイズやらトレーニングプロトコルやら重量やらについての感想とかキツさとかのフィードバックはちょくち

続きを見る

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 197今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑