CATEGORY 可動域向上(SMR、モビリティ、ストレッチ)

#92 『Get Long, Get Strong』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑦

あと2つ続きます。 第7条「Get Long, Get Strong」 はい、すいません、英語です。副題の日本語は「可動域を広げ、その可動域いっぱいでトレーニングする」です。この英語の表現方法はも…