#356 業界の発展のために、他の専門家を批判するのはやめろってか!?

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Happy girl using light weight dumbbells on fitness 725x482

 

今日は短めに。

「フィットネスやS&Cの業界は、まだまだお金を稼いで食べていくのが難しい状況なんだから、他の専門家を批判して業界の発展を妨げるのはやめましょう!」みたいな意見を何度か耳にしたことがあります。「この狭い業界でお互いに足を引っ張り合うのではなく、トレーニング方法や考え方の多様性を受け入れましょう!」みたいな。

でも、私は思うんです。「おかしいものや間違っているものに対して、おかしいとか間違っていると言って何が悪いの?」って。おかしいものや間違っているものが誤って正しい情報として広まってしまうほうが、業界の発展を妨げるのではないでしょうか?

実際、「体幹トレだけやってりゃいい」とか「競技の動きに特化したエクササイズがいい」みたいな間違った情報が広まった結果、直接的に迷惑を受けたりしているんです。

ということで、私は業界の発展のためにも、おかしいものはおかしいと言っていこうと思います。訴えられない程度に気を付けながら〜♪

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

Bリーグ開幕しましたね!元バスケ少年としては、うれしい限りです。一時的なブームに終わらず、第3のプロスポーツとして順調に発展していってほしいものです。

関連記事

#233 【S&C問答】持久力トレーニングの運動様式で「ランニング」を取り入れるべきか?

    アスリートの持久力トレーニングを計画する際は、運動強度やレップ数・セット数、運動/休

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#246 パフォーマンスの制限要因

    先日、スノーボードに行ってきました。私の腕前は「初級の上」くらいです(自己評価)。技

記事を読む

#19 【アスリート向け】トレーニング日誌をつけるのがオススメです!

    私、トレーニングする時は必ずその内容をトレーニング日誌に書き留めています。 書く内

記事を読む

#352 リオ五輪を観ていて、S&Cコーチとしての責任の大きさを改めて感じました

    1人のアスリートには多くの人が関わっている 普段S&Cコーチとしてトレーニ

記事を読む

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

#146 S&Cトレーニングが最も貢献できる競技は?

    最近はスポーツ界においてS&Cトレーニングの重要性が以前よりも浸透してきてお

記事を読む

no image

#56 やっぱ、正しいフォームが重要だよな〜♪

こんな動画を見ちゃうと、レジスタンストレーニングは諸刃の剣だと思うんだな〜。 なをき

記事を読む

#209 ウエイトトレーニングやるとパフォーマンスが低下する可能性はある?

     ウエイトトレーニングに対してネガティブな印象をお持ちのコーチやアスリートはまだまだ多いと

記事を読む

#180 体力トレーニングと精神論:「キツい」について

    トレーニングに関する仕事をしていると、「キツい」という事について色々と考える機会があります

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑