#363 解剖学の本を手元に置いておいて、ちょいちょい見るのがオススメ


 

IMG 2455

 

今日は短めに。

 

 

解剖学の本を手元に置いておこう!

学生の頃は解剖学をイチから勉強したけど、この歳になってまたイチから勉強し直すなんていうエネルギーはありません。でも、定期的に復習するのは大事。じゃあ、どうすればいいのか?

私は、プロメテウス解剖学アトラスという解剖学の本を手元に置いておいて、ちょいちょい見るようにしています。そして、見る時は、1つの筋肉だけと決めています。そうすれば飽きずに続けることができます。一気にやろうとすると続かないもんです。

特に、自分が担当しているアスリートがケガをしたり痛みを訴えたりした時は、解剖学復習のチャンスです!

たとえば、インピンジメントで肩が痛いというアスリートがいれば、プロメテウス解剖学アトラスを開いて「棘上筋」について調べます。漠然と「棘上筋」の起始・停止やその働きについて勉強していた時よりも、目の前のアスリートに関連することなので、記憶の定着の仕方が格段に上がります。

また、新しいエクササイズやストレッチ等を仕入れた時も、それらがターゲットにしている筋肉について解剖学の本で調べると、これまた記憶に残りやすいです。

 

 

まとめ

学生の方は、どうぞがんばってイチから解剖学を勉強してください。そうじゃない人は、ちょいちょい見る作戦で復習をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

37歳になりました。アラフォー!

関連記事

#379 ブログを書くことの効果:自分の考えがクリアになる

     このブログ「S&Cつれづれ」を書き始めてから、もうすぐ6年がたちます。

記事を読む

#52 セミナー告知「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」

    「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」的な内容で今秋にセミナー講師を務める予

記事を読む

#220 Endnoteを使って論文のPDFファイルを管理する

  今日は、Endnoteというソフトウェアを使った、学術論文の管理方法について紹介します(Endn

記事を読む

#232 2014年amazonアフィリエイトランキング

    2014年に本ブログを通して、amazon.co.jpで売れた書籍の紹介です。本当はトップ

記事を読む

#96 【セミナー報告】「サッカーのピリオダイゼーション」アドバンスセミナー

    先日、表題のセミナーに参加して来ました。昨年ベーシックセミナーに参加して非常に勉強になった

記事を読む

#9 【セミナー報告】「サッカーのピリオダイゼーション」イントロダクションセミナー

    先日、「『サッカーのピリオダイゼーション』イントロダクションセミナー」に参加して来ま

記事を読む

#387 最近はFMSとかPRIとかDNSとか色々な理論があって頭が混乱しそうになるけど、ウエイトトレーニングを正しいフォームで実施することを中心に考えると上手くいくのでは?

    最近はFMSとかPRIとかDNSとか色々な理論が流行っています。 それらの多くは、

記事を読む

#317 【書籍紹介】新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニング

    今日はオススメ書籍の紹介をします。新版 乳酸を活かしたスポーツトレーニングというタイ

記事を読む

#76 【セミナー報告】ドームアスリートハウスパフォーマンスセミナーAdvance

    先日、ドームアスリートハウス主催のセミナーに参加して来ました。講師は友岡和彦さん、テーマは

記事を読む

#3 勉強方法

自分の知識を増やすため常に勉強するように心がけています。勉強しなくなったらこの仕事終わり

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 347今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑