#343 トレーニング指導に科学的根拠(エビデンス)を求めるのは、「選手にラクをさせたいから」ではなく「どうせキツいことをやらせるなら、効果があることをやらせてあげたいから」なんだな〜

    今日は短めに。 東大の石井直方先生の「筋肉の科学」を読んでいて、「『楽をしたら強くなれない』というのは昔の指導者の意見であり、根性論であるかのような印象を受けるかもしれません。しかし

続きを見る

#342 腕立て伏せの下降局面(エキセントリック)初期に肩甲骨が過剰に内転してしまう場合のコーチングキュー

2016/06/17 | コーチング

    過去のブログでも書きましたが、腕立て伏せは素晴らしいエクササイズです。とくに、肩甲骨を含めた上肢の動きが重要な競技のアスリートに対しては、上半身の押す系エクササイズとして、私はベンチプ

続きを見る

#341 「筋肥大のためにはセット間レストを短くすべき!」という考え方は、科学界では否定されつつある

    ウエイトトレーニングのプログラムデザインにおいて、強度・量・頻度・エクササイズ選択といった変数と比べると、ちょっと地味な存在である「セット間レスト(時間)」。プログラムデザインを説明す

続きを見る

#340 「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!って正しい?

    「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!という主張をよく耳にします。「ウエイトトレーニングをして筋力を向上させても、競技

続きを見る

#339 【宣伝】NSCA国際カンファレンスで講師を務めます「ピーキングの捉え方とプログラムデザイン」

2016/05/31 | 宣伝

    来年の1月29日(日)にNSCA国際カンファレンスで講師を務めます。詳細はこちらです。 今回は「ピーキングの捉え方とプログラムデザイン」というタイトルでお話をする予定です。ピーキング

続きを見る

#338 S&Cコーチとして学術論文を読めるようになるまでのプロセス

     親しくさせていただいているユニバーサルストレングス野口さんのブログ記事「S&Cプロフェッショナルであるならば学術論文(英文論文)から逃げてはならない・・・」を読んでインスパイ

続きを見る

#337 【論文レビュー】プレシーズンの練習やトレーニングを欠席せずにしっかり参加しておくと、シーズン中の傷害予防に繋がる!

2016/05/20 | 論文レビュー

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Windt et al. (Epub ahead of print) Training load--injury par

続きを見る

#336 ウエイトトレーニングを否定する運動指導者の理屈を否定してみる(バカには運動指導者は務まらない)

    バーベル等の外的な負荷を使った、いわゆるウエイトトレーニングを否定する運動指導者がいます。そういう人たちの理屈(屁理屈?)として、以下のようなことを最近耳にしました: 筋肉がつけば

続きを見る

#335 【ポッドキャスト紹介】”Periodization in Strength & Conditioning” with Greg Haff PhD

    無料で聞けるオススメのポッドキャストを紹介します。 "Periodization in Strength & Conditioning" with Greg Haff PhD

続きを見る

#334 スポーツにおいて効率の良い動きは大切だけど、ウエイトトレーニングでは効率の良い動きを求める必要があるのか?

    GS Performance加賀さんのツイートにインスパイアされて、ブログ記事を書いてみます。 GS PerformanceのDeadlifthttps://t.co/Z6vZiN

続きを見る

  • 河森直紀 PhD, CSCS

    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 251今日の訪問者数:
    • 458昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑