#115 【論文レビュー】ローテーターカフのエクササイズは軽い負荷を使わないとダメ?

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 傷害リスク低減, 論文レビュー


 

Gray412

 

ローテーターカフ特に肩の外旋筋をトレーニングするエクササイズは、一般的に軽い負荷を用いて実施するよう推奨されています。重い負荷を用いると、ローテーターカフではなくてその周りの大きな筋群が動員されてしまい、ターゲットとするローテーターカフをトレーニングできなくなるからという理由が挙げられています。でも、本当にそうなのでしょうか?

 

研究結果の紹介

Darkら(2007)によると、肩の内・外旋エクササイズにおける負荷を低(10-20%max)→中(45-55%max)→高(60-70%max)と増やした時に、ローテーターカフもその周りの大きな筋群(三角筋、大胸筋、広背筋)も負荷の増大に比例して筋活動レベルが増大したと報告しています。

つまり、負荷を増やしたからといって、ローテーターカフの筋活動量だけが選択的に減って、その周りの大きな筋群の活動レベルが選択的に増えるという減少は発見されなかったという事です。どちらも負荷の増大に比例して同じだけ筋活動量が増えたのです。

 

研究結果を現場に応用すると

したがって、ローテーターカフをトレーニングする時は、軽い負荷に限定する必要はなく、筋力がUPするにしたがってトレーニング負荷も増やしていくのが適切であると言えるでしょう。ようするに、他の部位のトレーニングと同じように「漸進性過負荷の原則」にのっとってトレーニングを進めればよいのです。ローテーターカフだって大腿四頭筋やら上腕二頭筋等と同じ筋肉なので、特別な事は必要ないはずです。

ただし、ローテーターカフは非常に小さい筋群なので、最初は軽い負荷からトレーニングを始めるのが適切ですし、筋力向上のスピード(扱える負荷の向上率)は他の大きな筋肉と比べると遅いはずです。なので、例えば一気に2KGのダンベルから5KGのダンベルに負荷を増やすというのは危険です。この場合、ローテーターカフとその周囲の筋群だけでなく、全身の勢いも使ってダンベルを持ち上げてしまう可能性があり、ローテーターカフに適切なトレーニング刺激を与えられない可能性があります。

こうした問題を避けるには、できれば少ないジャンプ(例:2KGから3KG)で負荷を増やしていくほうがいいでしょう。場合によっては1KGのジャンプでも大きすぎる場合があるかもしれませんが、ダンベルだと1KG単位で揃えられているのが普通なので、1KGよりも小さい単位(例:0.5KG)で負荷をジャンプさせるのは現実的に無理でしょう。そういう場合は例えば2KGで20レップできるようになったら負荷を3KGに増やしてレップ数を10レップから始めて徐々にレップ数を増やしていく等の工夫が必要でしょう。

 

まとめ

ローテーターカフのエクササイズではずーっと同じ軽い負荷を使うべきとか負荷を増やすとローテーターカフにトレーニング刺激を与えられなくなるというのはナンセンスです。他の筋群と同様、漸進性過負荷の原則に基づいて、筋力UPに応じてトレーニング負荷も増やしていくべきです。ただし、ローテーターカフの筋群は非常に小さいので、結果としてトレーニングで使用する負荷はそれほど重くなる事はないでしょう。しかし、軽い負荷の範囲内においても、筋力UPに応じて負荷を小さいジャンプで増やしていくべきです。みなさんはどう思われますか?

 

参考文献

Dark A, Ginn KA, Halaki M. Shoulder muscle recruitment patterns during commonly used rotator cuff exercises: an electromyographic study. Phys Ther. 2007;87(8):1039-46.

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#267 【論文レビュー】スクワットではハムストリングより大殿筋と大腿四頭筋(大腿直筋以外)を優先的に使ったほうが、高重量を持ち上げられる

    最近はブログのネタがなかなか見つからなかったのですが、面白い論文を読んだので紹介した

記事を読む

#337 【論文レビュー】プレシーズンの練習やトレーニングを欠席せずにしっかり参加しておくと、シーズン中の傷害予防に繋がる!

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Windt et a

記事を読む

#16 【論文レビュー】ハムストリング肉離れのリスク因子

私事ですが、2ヶ月ほど前にバスケットボールをプレー中にハムストリングを肉離れしました。幸

記事を読む

#318 【論文レビュー】何でもかんでもスーパーセットにすれば良いってもんでもない

    スーパーセットは2つ以上のエクササイズを組み合わせて、1セット毎に順番に実施する方法

記事を読む

#351 ウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です(サッカー選手の場合、話が別です)

    今日は短めのブログを。 私は昔から、アスリートが練習前のウォームアップとしてサッカ

記事を読む

#174 【論文レビュー】ちょっとトレーニング中断しても、長期的な筋力アップにはそれほど影響しない?

  今回、紹介する論文は、短期間(3週間x2回)のトレーニング中断が長期的な(24週間)トレーニング

記事を読む

#354 学術論文を批評的に読むということ②

    前回のブログでは、「学術論文を批評的に読む」というプロセスを実践している動画を紹介し

記事を読む

#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも

    S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全

記事を読む

#131 【論文レビュー】飛行機移動がパフォーマンスに与える悪影響を抑える9つの方法

    私がトレーニングサポートに携わるアスリート達は、海外での試合に参加するために飛行機移

記事を読む

#77 【論文レビュー】レジスタンストレーニングは持久系種目のラストスパートを向上させる?

    最近はSPORTEC 2012でのプレゼン(詳しくはコチラ)に向けて、持久系アスリートに対

記事を読む

Comment

  1. t-bou より:

    こんばんは、初めまして。
    「ローテーターカフのトレーニングに軽い負荷を用いるのはなぜ?」
    「全か無かの法則を考えると、重い負荷だと外側ばかりが働いて内側が働かないなんてことはないのでは?」と疑問に思っていたところ、こちらの記事をみつけました。

    やはりローテーターカフだからといって特別なことはないのですね。お陰さまですっきりいたしました。ありがとうございます。

    こちらのブログには為になる記事がたくさんありますので、今後も参考にさせていただきたいと思います。

  2. Naoki Kawamori より:

    t-bouさん、コメントありがとうございます。
    一般的に「正しい」として受け入れられていることでも、論理的に考えてオカシイと思ったら突き詰めて考えてみるという姿勢は非常に重要だと思います。

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 194今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑