#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

公開日: : 最終更新日:2016/06/27 S&Cコーチとしての思考, コンディショニング・w-up・クールダウン


 

Everystockphoto 2549749 l

 

S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエクササイズやらトレーニングプロトコルやら重量やらについての感想とかキツさとかのフィードバックはちょくちょくアスリートに求めます。「1から10で言うと、どのくらいキツイ?」とか「どこの筋肉を使ってる感じがする?」とか。

結局はトレーニングをするのはアスリート本人なわけで、そのトレーニングがどういう感じなのかとかこちらが意図したトレーニング刺激を与えられているかは本人にしかわかりません。でも、だからと言って「アスリートの感覚」を信じ過ぎるのも危険だと感じます。なぜ危険なのかをハムストリングの柔軟性を例に挙げて説明していきます。

 

「ハムストリングが硬い」というアスリートの感覚は正しい? 

「ハムストリングが硬い感じがする」と言ってストレッチをガシガシやっているアスリートがいたとします。「アスリートの感覚」を100%信じるなら、S&Cコーチとしてハムストリングのストレッチ方法を教えるという行動を選択するのが正しいのでしょう。

でも、場合によってはこれは間違った選択である可能性があります。例えば、骨盤が前傾して腰椎が過伸展している姿勢のアスリートの場合、それ以上骨盤が前傾して腰痛が発生しないようにハムストリングが最後の砦として常にONの状態になっていて(protective tension)、それを「ハムストリングの硬さ」とアスリートが認識しているのかもしれません。

もしそうなら、ハムストリングは既にストレッチされた状態にある事になります。そのハムストリングをさらに無理やりストレッチしようとすると、最後の砦が崩れてしまい、骨盤がさらに前傾して腰痛につながる可能性があります。

そういう場合は、骨盤を後傾させる働きのある他の筋群(殿筋、anterior core)をウエイトトレーニングで強化して使えるようにしてあげるのが効果的であり、そのような選択をするには専門的な知識のあるS&Cコーチの客観的な判断が必要となります。「アスリートの感覚」を100%信じてしまうとそのような判断はできません。

 

まとめ

ハムストリングのお話はあくまでも例であり、結局何が言いたいのかというと、アスリートの感覚は重要だけど100%信じちゃダメよという事です。あくまでも判断材料の1つとして考えるのが適切で、そこにS&Cコーチとしての客観的な考えもミックスした上でいろいろな判断を下す必要があります。総合的に物事を考えるのがキーです。

ちなみにアスリートの感覚を100%信じるのは危険ですが、完全に無視するのも危険です。例えば上記のハムストリングの例では、「ハムストリングに違和感がある」というアスリートの感覚そのものは必ずしも間違ってはいないのです。ただ、それを「ハムストリングの柔軟性が不足している」と考えた解釈の部分と「だからハムストリングのストレッチをしよう」とした解決策の部分が間違っていただけなのです。

なので、アスリートが何かを訴えた場合はその言葉によく耳を傾けつつもそれをそのまま受け取らずに、本当は何が起こっているのかを専門家として究明する態度が求められるのではないかと思います。チーム等で大勢のアスリートを相手にしている場合は難しいかもしれませんが。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#212 「ピーキング」や「テーパリング」と「フィットネス-疲労理論」のお話

      ピーキングとテーパリング 現在、韓国の仁川でアジア大会が開催されています。このような大

記事を読む

#47 筋肉を付けると身体が固くなる? シリーズ第二弾

ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど、体操選手はムキム

記事を読む

#208 「ハイテクトレーニング」と「科学的トレーニング」を混同するな!

    前回、前々回のブログの続きです。 ブラジルW杯直前の準備期間において、サッカー日本

記事を読む

#315 「トレーニングは補強にすぎない」という言葉を掘り下げてみる

     「トレーニングは補強にすぎない」 これはS&Cコーチとして、私が常に

記事を読む

#206 サッカーW杯直前の準備期間におけるコンディション調整の不備について改めて考えてみる

    サッカーW杯で日本代表が期待された成績を出せなかった原因の1つとして、強化担当者は「コンデ

記事を読む

#357 「肉体改造」という表現が好きではありません

    過去のブログで編集後記として書いた文書がなかなか良かったので、ブログ記事に昇格させて

記事を読む

#361 原則 vs. 例外

    トレーニング指導をする時には、私の中である程度の「原則」が決まっていて、それに基づい

記事を読む

#333 【記事紹介】錦織圭がマスターズ1000大会を欠場してまで2週間休む理由

    シーズンが長期にわたる競技(プロテニス)におけるトレーニングに対する考え方に関して、

記事を読む

#241 【論文レビュー】睡眠時間が8時間未満だとケガのリスクが高まる

    論文レビューです。睡眠時間と傷害発生率についてアンケート調査をした論文を紹介します。

記事を読む

#64 力みのないフォームが良い≠筋力は必要ない

    野球やゴルフ、競泳等、フォームが重要とされるスポーツにおいては、「力みのないフォームあるい

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 212今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑