#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

公開日: : 最終更新日:2016/06/27 S&Cコーチとしての思考, コンディショニング・w-up・クールダウン


 

Everystockphoto 2549749 l

 

S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエクササイズやらトレーニングプロトコルやら重量やらについての感想とかキツさとかのフィードバックはちょくちょくアスリートに求めます。「1から10で言うと、どのくらいキツイ?」とか「どこの筋肉を使ってる感じがする?」とか。

結局はトレーニングをするのはアスリート本人なわけで、そのトレーニングがどういう感じなのかとかこちらが意図したトレーニング刺激を与えられているかは本人にしかわかりません。でも、だからと言って「アスリートの感覚」を信じ過ぎるのも危険だと感じます。なぜ危険なのかをハムストリングの柔軟性を例に挙げて説明していきます。

 

「ハムストリングが硬い」というアスリートの感覚は正しい? 

「ハムストリングが硬い感じがする」と言ってストレッチをガシガシやっているアスリートがいたとします。「アスリートの感覚」を100%信じるなら、S&Cコーチとしてハムストリングのストレッチ方法を教えるという行動を選択するのが正しいのでしょう。

でも、場合によってはこれは間違った選択である可能性があります。例えば、骨盤が前傾して腰椎が過伸展している姿勢のアスリートの場合、それ以上骨盤が前傾して腰痛が発生しないようにハムストリングが最後の砦として常にONの状態になっていて(protective tension)、それを「ハムストリングの硬さ」とアスリートが認識しているのかもしれません。

もしそうなら、ハムストリングは既にストレッチされた状態にある事になります。そのハムストリングをさらに無理やりストレッチしようとすると、最後の砦が崩れてしまい、骨盤がさらに前傾して腰痛につながる可能性があります。

そういう場合は、骨盤を後傾させる働きのある他の筋群(殿筋、anterior core)をウエイトトレーニングで強化して使えるようにしてあげるのが効果的であり、そのような選択をするには専門的な知識のあるS&Cコーチの客観的な判断が必要となります。「アスリートの感覚」を100%信じてしまうとそのような判断はできません。

 

まとめ

ハムストリングのお話はあくまでも例であり、結局何が言いたいのかというと、アスリートの感覚は重要だけど100%信じちゃダメよという事です。あくまでも判断材料の1つとして考えるのが適切で、そこにS&Cコーチとしての客観的な考えもミックスした上でいろいろな判断を下す必要があります。総合的に物事を考えるのがキーです。

ちなみにアスリートの感覚を100%信じるのは危険ですが、完全に無視するのも危険です。例えば上記のハムストリングの例では、「ハムストリングに違和感がある」というアスリートの感覚そのものは必ずしも間違ってはいないのです。ただ、それを「ハムストリングの柔軟性が不足している」と考えた解釈の部分と「だからハムストリングのストレッチをしよう」とした解決策の部分が間違っていただけなのです。

なので、アスリートが何かを訴えた場合はその言葉によく耳を傾けつつもそれをそのまま受け取らずに、本当は何が起こっているのかを専門家として究明する態度が求められるのではないかと思います。チーム等で大勢のアスリートを相手にしている場合は難しいかもしれませんが。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#319 赤ちゃんのようにスクワットすべし!?

    Squat like a babyという流行り 数年前にS&C関連のネット

記事を読む

#35 アクチベーションドリル(activation drill)って何よ?

「アクチベーションドリル」という言葉。日本語でGoogle検索してもあまりヒットしません

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#130 ラン系インターバルトレーニングのプログラム計画に使えるエクセルファイル無料ダウンロードの紹介

    持久力向上のためのインターバルトレーニングでトレーニ

記事を読む

#131 【論文レビュー】飛行機移動がパフォーマンスに与える悪影響を抑える9つの方法

    私がトレーニングサポートに携わるアスリート達は、海外での試合に参加するために飛行機移

記事を読む

#255 「長距離移動+時差ボケ+ブランク」がパフォーマンスに及ぼす影響を体感しました

    先週、2泊5日という超ハードな日程でブラジル出張に行ってきました。そして今日、帰国後

記事を読む

#371 アスリートの筋力の左右差をどう捉えて、ウエイトトレーニングでどうアプローチしていくか

    これまでバドミントンやフェンシングのように片側性スポーツ競技のトレーニング指導を担当

記事を読む

#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する

    加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピ

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 840今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑