#136 【コーチングキュー】片膝立ち姿勢

公開日: : 最終更新日:2015/10/12 コーチング


 

030

 

しばらくぶりのブログ更新です。ネタが尽きた、他の仕事が忙しかった、プライベートが忙しかったetcという理由です。まあ、あまり自分自身にプレッシャーをかけずに、できる範囲内でやっていこうと思います。

 

片膝立ち姿勢のキューイング

さて、本題に入ります。私は片膝立ちの姿勢(上の写真)が好きで、ウォームアップのドリルやストレングスエクササイズに頻繁に取り入れています。アスリートがこの姿勢を正しく取れるように、私がよく使うキューをいくつか紹介します。 

  • 膝を床に付いている側(後ろ)のお尻に力を入れろ〜!!:これができないと骨盤をニュートラルに保てず、腰椎が過伸展してしまいます。しかし、意外に片方のお尻だけに力を入れるのに苦労をするアスリートが多いように思います。口酸っぱく「後ろのお尻に力入れて〜!!」と言い続けたり、突き指するくらいしつこくお尻をツンツンと突いたり、ウォームアップ中に片脚グルートブリッジ等を取り入れたりする事で徐々に改善できるかと思いますが、もっと手っ取り早く一瞬で改善できる方法がないものかと思案中です・・・。
  • この状態で身長を測ったら身長が最も高くなるように!!:そう言いながら、アスリートの頭に手のひらを置いたりします。英語で言うところの「Get tall!!」です。後ろに反ったり、背中が丸まったりすると身長が低くなってしまいます。身長が一番高くなる姿勢にしようとすると自然に腹斜筋等が動員されて良い姿勢になるものです。
  • 二重あご!!:あごが前に出ている時はこのキューを使います。すると上の写真のように、頚椎がニュートラルな状態になります。たまに「二重あご」と言うと顎を首にくっつける感じで目線が下を向いてしまう場合があるので、そういう時は「あごの下にテニスボールを挟んでいるイメージで」というキューを与えると修正できる事が多いです。それでもダメなら、実際に自分で正しいやり方をやって見せるか、アスリートの頭を掴んで正しいポジションに持っていくという事もあります。
  • 骨盤の前部左右に車のヘッドライトが付いているのをイメージして、ライトが常に真っすぐ前を照らしているようにキープする!!:骨盤が回旋したり、骨盤の片側が上がったり・下がったりする場合は、このキューを与えると修正できる事が多いです。それでもダメなら骨盤を掴んで正しいポジションまで持っていきます。

 

まとめ

これ以外にもアスリートに応じて様々なキューを使いますが、ここで紹介したキューはほとんど全てのアスリートに対して使えるものです。ご参考まで。

 

【写真】http://willlevy.com/the-lunge-bible/

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#70 ハイプルをするべきかしないべきか、それが問題だ

    いやゆるクイックリフトと呼ばれるエクササイズ群があります。ウエイトリフティングのクリ

記事を読む

#159 【クイズ】S&Cコーチの実力はどうやって評価する?

    ストレングス&コンディショニングは(特に日本

記事を読む

#89 『正しいフォームを重視』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー④

    またまた続きです。     第4条「正しいフォームを重視」 これは当たり前の

記事を読む

#272 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑫】S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#296 身体的特徴がスクワットのフォームに及ぼす影響

    スクワットのフォームには身体的特徴が大きな影響を及ぼします。「身体的特徴」と一言で言

記事を読む

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?

    アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにあり

記事を読む

#273 「運動」と「トレーニング」の違い

    以前、AthleteBody.jpというサイトにレジスタンストレーニング「漸進性過負

記事を読む

#62 コーチングにおけるキュー:お尻に力を入れる編

    トレーニング指導時に、エクササイズのやり方やカラダの使い方を説明するために用いる合図

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 212今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑