#138 キツいトレーニングは必要?

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 コーチング


 

Medium 8654792719

 

今回はS&Cトレーニングと精神論というテーマで思いついた事をつらつらと書いてみます。まとまめるのが難しいのでリスト形式で・・・。

 

キツいトレーニングは必要?

  • 「キツいトレーニングも必要」っていう人がいるけど、必要なのは必要なトレーニングであって、キツいトレーニングではない。
  • 必要なトレーニングが結果として「キツい」場合はあるけど、何でもいいから「キツい」事をやれば良いというわけではない。
  • 「キツい」事自体がトレーニング効果を上げるのに必要な要因ではない。
 

キツいトレーニングを乗り越えたら自信がつく?

  • 「キツいトレーニングを乗り切る事が自信につながる」とかいうS&Cコーチもいるけど、その人はいつから心理学者になったのかしら?
  • S&Cコーチの役割はアスリートの体力を向上する事だから、「自信をつけさせよう」とか考えるのはS&Cコーチとしての領域を逸脱しているのでは?
  • キツいトレーニングをして体力アップしたらそれが自信に繋がる事はあるけど、あくまでも自信に繋がっているのは体力アップした事であって、キツいトレーニングをした事ではない
  • キツいトレーニングを死ぬ気でがんばって乗り越えたのに体力が逆に低下して、試合中のスピード、パワー、スタミナが落ちてしまったらどうか?→逆に自信を失うのではないか?→ということはキツいトレーニングそのものが自信に繋がるわけではないという事。
 

まとめ

精神論を語るS&Cコーチはなんかずるいと思います。キツい事やらせてればトレーニングさせた気になるし、アスリートも「こんなキツい事やってるんだからトレーニング効果があるはずだ」と思いやすいかもしれません。でも、それは「逃げ」ている気がします。適切なトレーニング指導をして体力向上をさせる事によって、自然とアスリートに自信を持たせるのがプロじゃないでしょうか。
 
 
※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#128 【クイズ】アスリートにこんなことを言われたら?

    今日は趣を変えて、クイズを出します。コメント欄に答えを記入頂いた方から抽選で5名に豪

記事を読む

#272 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑫】S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#18 正しいエクササイズフォーム(テクニック)へのこだわり

    私、正しいフォーム(テクニック)でウエイトトレーニングのエクササイズを実施する事にこ

記事を読む

#175 腕立て伏せのコーチングキュー

    個人的に、腕立て伏せは大好きなエクササイズです。なぜ好きなのか、その理由のヒントが上の写真

記事を読む

#295 レジスタンスエクササイズ実施中にアスリートに声をかけるタイミングについての考察

    アスリートがレジスタンスエクササイズを実施している時に、動作にエラーが見られて、それ

記事を読む

#296 身体的特徴がスクワットのフォームに及ぼす影響

    スクワットのフォームには身体的特徴が大きな影響を及ぼします。「身体的特徴」と一言で言

記事を読む

#166 S&Cプログラムの目的あるいは効果について、考え直してみる

    S&Cプログラムの目的あるいは効果について、よく耳にするのは「傷害予防」と「パフォ

記事を読む

#244 必要ないことは必要ないと言うべし!?

    つい最近「ニーズを無視する?」というブログ記事を書きました。アスリートからの要望が的

記事を読む

#107 【備忘録】エクササイズのコーチングについて

    昨日は色々なS&Cコーチの方たちとお話をする機会があり、改めて考える事があり

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 840今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑