#138 キツいトレーニングは必要?

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 コーチング


 

Medium 8654792719

 

今回はS&Cトレーニングと精神論というテーマで思いついた事をつらつらと書いてみます。まとまめるのが難しいのでリスト形式で・・・。

 

 

キツいトレーニングは必要?

  • 「キツいトレーニングも必要」っていう人がいるけど、必要なのは必要なトレーニングであって、キツいトレーニングではない。
  • 必要なトレーニングが結果として「キツい」場合はあるけど、何でもいいから「キツい」事をやれば良いというわけではない。
  • 「キツい」事自体がトレーニング効果を上げるのに必要な要因ではない。

 

 

キツいトレーニングを乗り越えたら自信がつく?

  • 「キツいトレーニングを乗り切る事が自信につながる」とかいうS&Cコーチもいるけど、その人はいつから心理学者になったのか?
  • S&Cコーチの役割はアスリートの体力を向上する事だから、「自信をつけさせよう」とか考えるのはS&Cコーチとしての領域を逸脱しているのでは?
  • キツいトレーニングをして体力アップしたらそれが自信に繋がる事はあるけど、あくまでも自信に繋がっているのは体力アップした事であって、キツいトレーニングをした事ではない。
  • キツいトレーニングを死ぬ気でがんばって乗り越えたのに体力が逆に低下して、試合中のスピード、パワー、スタミナが落ちてしまったらどうか?
  • 逆に自信を失うのではないか?
  • ということはキツいトレーニングそのものが自信に繋がるわけではないという事。

 

 

まとめ

精神論を語るS&Cコーチはなんかずるいと思います。キツい事やらせてればトレーニングさせた気になるし、アスリートも「こんなキツい事やってるんだからトレーニング効果があるはずだ」と思いやすいかもしれません。でも、それは「逃げ」ている気がします。適切なトレーニング指導をして体力向上をさせる事によって、自然とアスリートに自信を持たせるのがプロじゃないでしょうか。

 

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?

    アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにあり

記事を読む

#140 あれもこれもやりたいけど我慢する

    S&Cコーチとしての引き出しが増えると・・・ S&Cコーチをやって

記事を読む

#62 コーチングにおけるキュー:お尻に力を入れる編

    トレーニング指導時に、エクササイズのやり方やカラダの使い方を説明するために用いる合図

記事を読む

#102 新しいエクササイズをデモする時のアイデア

新しいエクササイズをアスリートに紹介する時に、S&Cコーチがデモをする機会は多い

記事を読む

#66 S&Cコーチの役割 2.0

    前回のブログ記事が予想外のヒットを記録しました。思いついた事をパパっと書いただけで、

記事を読む

#295 レジスタンスエクササイズ実施中にアスリートに声をかけるタイミングについての考察

    アスリートがレジスタンスエクササイズを実施している時に、動作にエラーが見られて、それ

記事を読む

#79 自分のエゴでコーチングをしちゃだめよ

    このタイトルのこと、最近良く思います。こちらのブログでも同じような内容が書かれていま

記事を読む

#89 『正しいフォームを重視』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー④

    またまた続きです。     第4条「正しいフォームを重視」 これは当たり前の

記事を読む

#272 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑫】S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#159 【クイズ】S&Cコーチの実力はどうやって評価する?

    ストレングス&コンディショニングは(特に日本

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 348今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑