#215 【宣伝】セミナー講師を務めます@NSCAジャパンS&Cカンファレンス2014

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 宣伝


 

  

Medium 8125249467

 

NSCAジャパン様からご依頼を頂きまして、NSCAジャパンS&Cカンファレンス2014でセミナー講師を務めることになりました。日程は2日目の12/7(日)です。「科学的知見に基づくS&C指導」というタイトルでお話をします。まだ具体的な内容は練っている段階ですが、とりあえず下記のような三部作で話をしようかと考えています(今後、変更する場合もあります):

  1. 科学的知見に基づくS&C指導とは?
  2. 科学的知見の使い方
  3. S&C実例紹介

そもそも「科学的知見」って何でしょうか?私の意見では「科学的知見=学術論文」です。したがって、「学術論文」をどのようにS&C指導に活用していけば良いのかについて、私の考えと実例を紹介する90分間になると思います。ある意味すごくマニアックな内容です。そもそも自らのS&C指導に「科学」を取り入れる気がない人にとってはつまらない内容になると思います。なので万人向きのセミナーではありません。もしテーマに興味があるようであれば、是非お申し込みください。

私は博士号を持っていて学術論文を何本も発表していますし、実際に現場でアスリートのS&C指導にも携わっています。ある意味、NSCAの使命である「研究と現場の橋渡し」を自分ひとりの中で実現させている珍しい人間だと思います。したがって「科学的知見に基づくS&C指導」というテーマでお話をするには最適な人間であると自負しています。なので、(何度も言いますが)もしテーマに興味があるようであれば、是非お申し込みください。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ウエイトトレーニングやる時にドローインなんてやったら危ないんだな〜  なをき

関連記事

#185 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナルで連載を開始しました

    連続の宣伝で失礼します。タイトルの通り、月間トレーニング・ジャーナルという雑誌で、「クロス

記事を読む

#284 【書籍紹介】エンデュランストレーニングの科学 −持久力向上のための理論と実践

    今日はオススメ書籍の紹介をします。エンデュランストレーニングの科学 −持久力向上のた

記事を読む

#184 【宣伝】インタビュー記事が雑誌IRONMANに載りました

     先日お受けしたインタビューの記事がIRONMAN2014年4月号に掲載されています。見開き

記事を読む

#141 ケガの発生要因を指導者がつくってはいけない

      というタイトルで私が書いた記事がNSCAジャパン機関誌の7月号に載っています。NSCA

記事を読む

#216 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第8回「S&Cコーチとしての継続教育について」

      連載の第8回が、月間トレーニング・ジャーナルの11月号に掲載されています。今回のテーマ

記事を読む

#360 【セミナー】名古屋でセミナー講師を務めました「爆発的パワー向上の科学的基礎」

    以前のブログ記事でも告知しましたが、10/9(日)に名古屋でセミナー講師を務めました

記事を読む

#236 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第11回「エクササイズ指導で気を付けていることについて」

     連載の第11回が、月間トレーニング・ジャーナルの2月号に掲載されています。今回のテ

記事を読む

#308 【セミナー】大宮でセミナー講師を務めました「非持久系競技における高強度インターバルトレーニングの活用」

     以前のブログ記事でも告知しましたが、12/13(日)にセミナー講師を務めました。少

記事を読む

#312 自転車ロードレース選手にウエイトトレーニングを指導してきました

    今月初めに、SHIMANO Racing様からご依頼をいただいて、自転車ロードレース

記事を読む

#257 【宣伝】NSCA機関誌ストレングス&コンディショニングジャーナル4月号「科学的知見に基づくS&C指導」

      昨年末にNSCAジャパンカンファレンスで「科学的知見に基づくS&C指導」

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 564今日の訪問者数:
    • 716昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑