#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する


 

Ferrari599 A6 1

 

加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピードが速いアスリートっているものです。そんな遺伝的に恵まれたアスリートでも、ウエイトトレーニングをしていないと筋力自体は弱い場合が多いです。特に、エキセントリック筋力が弱いので、高くジャンプできるけど着地衝撃をうまく吸収できなかったり、スプリントは速いけどうまく減速できなかったりします。

そういうアスリートの場合、特にエキセントリック局面のコントロールを意識しながらウエイトトレーニングを実施させることで、エキセントリック筋力を向上させて、ケガのリスクを低減させてあげることができます。また、エキセントリック筋力の向上によって減速能力を高めてあげることで、持って生まれた加速能力をさらに活かしてあげることも可能です。

このあたりの考え方をうまく表現している言葉を発見したので(英語ですが)、紹介したいと思います。

 

How fast would you drive a Ferrari with no brakes?

 

ブレーキのないフェラーリをどれだけ速く運転する?ということです。自分だったら、めちゃめちゃ慎重に運転すると思います(笑)。この表現をアスリートに当てはめて考えてみると、フェラーリ並に筋収縮のスピードが速いアスリートであっても、ブレーキ(つまりエキセントリック筋力や減速能力)がなければ、その能力を最大限に活かせないんじゃないの?ということになります。

 

まとめ

車でいうところのエンジン、つまり加速能力ばかり鍛えるのではなくて、ブレーキ能力も鍛えてあげることでケガのリスクも低減できるし、エンジンの能力も最大限に発揮させてあげることが可能になるということです。だから、ウエイトトレーニングにおいて、エキセントリック局面はしっかりとコントロールしましょう!

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

いや〜、毎日暑いですね。5年後のちょうど今頃は東京でオリンピックが開催されているんですよね。・・・大丈夫かいな?

関連記事

#7 コアスタビリティエクササイズの分類

コアスタビリティという能力はパフォーマンス向上や傷害予防のために重要と考えられ、この能力

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

#45 筋肉を付けると身体が固くなる?

      ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど

記事を読む

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#203 ベーシックエクササイズだけやってればいいのか?競技特異的なエクササイズをやらないでいいのか?

    月間トレーニング・ジャーナルの連載で、競技特異的なトレーニングについて記事を書きました(コ

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも

    S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 841今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑