#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する


 

Ferrari599 A6 1

 

加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピードが速いアスリートっているものです。そんな遺伝的に恵まれたアスリートでも、ウエイトトレーニングをしていないと筋力自体は弱い場合が多いです。特に、エキセントリック筋力が弱いので、高くジャンプできるけど着地衝撃をうまく吸収できなかったり、スプリントは速いけどうまく減速できなかったりします。

そういうアスリートの場合、特にエキセントリック局面のコントロールを意識しながらウエイトトレーニングを実施させることで、エキセントリック筋力を向上させて、ケガのリスクを低減させてあげることができます。また、エキセントリック筋力の向上によって減速能力を高めてあげることで、持って生まれた加速能力をさらに活かしてあげることも可能です。

このあたりの考え方をうまく表現している言葉を発見したので(英語ですが)、紹介したいと思います。

 

How fast would you drive a Ferrari with no brakes?

 

ブレーキのないフェラーリをどれだけ速く運転する?ということです。自分だったら、めちゃめちゃ慎重に運転すると思います(笑)。この表現をアスリートに当てはめて考えてみると、フェラーリ並に筋収縮のスピードが速いアスリートであっても、ブレーキ(つまりエキセントリック筋力や減速能力)がなければ、その能力を最大限に活かせないんじゃないの?ということになります。

 

まとめ

車でいうところのエンジン、つまり加速能力ばかり鍛えるのではなくて、ブレーキ能力も鍛えてあげることでケガのリスクも低減できるし、エンジンの能力も最大限に発揮させてあげることが可能になるということです。だから、ウエイトトレーニングにおいて、エキセントリック局面はしっかりとコントロールしましょう!

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

いや〜、毎日暑いですね。5年後のちょうど今頃は東京でオリンピックが開催されているんですよね。・・・大丈夫かいな?

関連記事

#143 ジャンプ系エクササイズの呼び方

    ジャンプ系エクササイズには色々なバリエーションがありますが、それぞれのエクササイズの

記事を読む

#390 【アスリート向け】ウエイトトレーニングで大きな筋肉を鍛えるよりも先に、体幹(深層部)の筋肉を使えるようにしたほうがいいって本当かしら?

    ツイッター上での質問に対する回答をブログにしたら面白いと思ったので、書きます。  

記事を読む

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#211 ウエイトトレーニングを若くから始めてしまうと、大人になってからのパフォーマンスの伸びしろを狭めてしまうのか?

    最近、以下のような趣旨の発言を耳にしました。 高校生くらいの年代のアスリートは技術を磨く

記事を読む

#376 Velocity Based Training(VBT)が流行っているけど、その前に正しいフォームの習得を優先したほうがいいんじゃないかしら?

      Velocity Based Training(VBT)とは? Veloci

記事を読む

#63 やっぱりトレーニング初心者に高レップ数はNO!

    以前のブログでトレーニング初心者に高レップ数を実施させるのはよろしくないという主張を

記事を読む

#87 『Stress is additive』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー②

    前回の続きです。     第2条「Stress is additive」 な

記事を読む

#280 筋トレと持久力トレを同時にやった場合のプラスとマイナスを考慮して、競技タイプ別に両方やるべきかどうかを考えてみる

     筋トレと持久力トレを同時に実施すると(同じ時期に平行して実施するという意味であって

記事を読む

#233 【S&C問答】持久力トレーニングの運動様式で「ランニング」を取り入れるべきか?

    アスリートの持久力トレーニングを計画する際は、運動強度やレップ数・セット数、運動/休

記事を読む

#281 「効率の良い動きを鍛える」って何?ファンクショ◯ルって何?

    なをきのつぶやき 最近ファンクショナ◯がどーのこーの言っている人たちが、「筋トレだ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 194今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑