#327 トレーニング効果が競技成績向上に結びつく実感を得るのにかかる時間

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Clock 705672 960 720

 

アスリートのトレーニング指導を開始してから、そのトレーニング効果が競技成績向上に結びついてきたな〜と実感を得られるまで、どの程度の時間がかかるものでしょうか?

 

週単位?月単位?年単位?

理想的には「すぐに実感できます!」と言いたいところですが、実際にはそんなことありません。

エクササイズフォームの習得・改善や筋力・柔軟性の向上といった「トレーニング効果」は比較的短いタイムスパンでも見られますが、それが実際の競技成績向上に結びつくまでには、月単位ではなく年単位の時間がかかるというのが実感です。

「トレーニング効果」が出るのと「競技成績向上」が実感できるまでの間に時間的な差が生じる理由はトレーニング効果の転移に時間がかかるからだと思います。

 

トレーニング効果の転移に時間がかかる?

筋力・柔軟性等の体力がUPしたからといって、それがすぐに競技パフォーマンスUPに結びつくわけではありません。

新たにゲットした体力を競技動作の中で使いこなせるようになるには、意識をしながら継続して練習をする必要があります。また、競技動作の中で新たな体力を使いこなせるようになって競技動作が向上したとしても、その向上した競技動作を試合の中でどのように運用すればよいのかを身に付けるのにも時間がかかります。

 

まとめ

これまでの私の経験を振り返ってみると、やはりトレーニング指導を始めてからその効果が競技成績向上に結びついてきたな〜と実感を得られるまでは年単位の時間がかかります。論理的に説明するのは難しいですが、私なりの実感です。

※でも、そのような結果が出る前に、近道を求めてプログラムを次から次へと変えたり、師事するS&Cコーチまたはパーソナルトレーナーをコロコロ変えたりするアスリートがいるのも事実です。そんなんじゃ結果が出るわけないから「もったいないな〜」と思いつつも、私にはどうしようもないことなので、自分の指導を受けてくれている目の前のアスリートが得するように全力でサポートをするくらいしか私にはできません。

ただし、これまで数年間に渡って指導してきたアスリートの場合、イチからエクササイズフォームを教えたりする必要はないし、それまでに積み上げてきた土台があるので、数ヶ月の準備期間があれば競技力向上に結びつけることができるという感覚があります。これもまた説明はしづらいですが私の実感です。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

知り合いからのオススメでビーレジェンドの激うまチョコ味というプロテインを試しました。 おいしかったけど、スプーンが入ってなかった・・・。結局、バルクスポーツのビッグホエイのティラミス味に戻りました。やはりウマい・・・。

関連記事

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#19 【アスリート向け】トレーニング日誌をつけるのがオススメです!

    私、トレーニングする時は必ずその内容をトレーニング日誌に書き留めています。 書く内

記事を読む

#170 ウエイトリフティング関連エクササイズでキャッチまでやる利点?

    前回のブログで、ウエイトリフティング関連エクササイズにおけるキャッチの有無について軽く触れ

記事を読む

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

    以前のブログで、スクワットにおける各筋群の動員についての論文を紹介しました。 #2

記事を読む

#212 「ピーキング」や「テーパリング」と「フィットネス-疲労理論」のお話

      ピーキングとテーパリング 現在、韓国の仁川でアジア大会が開催されています。このような大

記事を読む

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

#364 ウエイトトレーニング中にベルトを使うべきか?

    前々回のブログで、レッグプレス(LP)とスクワット(SQ)のトレーニング効果を比較し

記事を読む

no image

#31 S&Cコーチとしてのキャリアについて

突然ですが、S&Cコーチとしてご飯を食べていくのは難しいですね。そもそも、スポーツ業界で働い

記事を読む

#70 ハイプルをするべきかしないべきか、それが問題だ

    いやゆるクイックリフトと呼ばれるエクササイズ群があります。ウエイトリフティングのクリ

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑