#327 トレーニング効果が競技成績向上に結びつく実感を得るのにかかる時間

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Clock 705672 960 720

 

アスリートのトレーニング指導を開始してから、そのトレーニング効果が競技成績向上に結びついてきたな〜と実感を得られるまで、どの程度の時間がかかるものでしょうか?

 

週単位?月単位?年単位?

理想的には「すぐに実感できます!」と言いたいところですが、実際にはそんなことありません。

エクササイズフォームの習得・改善や筋力・柔軟性の向上といった「トレーニング効果」は比較的短いタイムスパンでも見られますが、それが実際の競技成績向上に結びつくまでには、月単位ではなく年単位の時間がかかるというのが実感です。

「トレーニング効果」が出るのと「競技成績向上」が実感できるまでの間に時間的な差が生じる理由はトレーニング効果の転移に時間がかかるからだと思います。

 

トレーニング効果の転移に時間がかかる?

筋力・柔軟性等の体力がUPしたからといって、それがすぐに競技パフォーマンスUPに結びつくわけではありません。

新たにゲットした体力を競技動作の中で使いこなせるようになるには、意識をしながら継続して練習をする必要があります。また、競技動作の中で新たな体力を使いこなせるようになって競技動作が向上したとしても、その向上した競技動作を試合の中でどのように運用すればよいのかを身に付けるのにも時間がかかります。

 

まとめ

これまでの私の経験を振り返ってみると、やはりトレーニング指導を始めてからその効果が競技成績向上に結びついてきたな〜と実感を得られるまでは年単位の時間がかかります。論理的に説明するのは難しいですが、私なりの実感です。

※でも、そのような結果が出る前に、近道を求めてプログラムを次から次へと変えたり、師事するS&Cコーチまたはパーソナルトレーナーをコロコロ変えたりするアスリートがいるのも事実です。そんなんじゃ結果が出るわけないから「もったいないな〜」と思いつつも、私にはどうしようもないことなので、自分の指導を受けてくれている目の前のアスリートが得するように全力でサポートをするくらいしか私にはできません。

ただし、これまで数年間に渡って指導してきたアスリートの場合、イチからエクササイズフォームを教えたりする必要はないし、それまでに積み上げてきた土台があるので、数ヶ月の準備期間があれば競技力向上に結びつけることができるという感覚があります。これもまた説明はしづらいですが私の実感です。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

知り合いからのオススメでビーレジェンドの激うまチョコ味というプロテインを試しました。 おいしかったけど、スプーンが入ってなかった・・・。結局、バルクスポーツのビッグホエイのティラミス味に戻りました。やはりウマい・・・。

関連記事

#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

    今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中

記事を読む

#273 「運動」と「トレーニング」の違い

    以前、AthleteBody.jpというサイトにレジスタンストレーニング「漸進性過負

記事を読む

no image

#56 やっぱ、正しいフォームが重要だよな〜♪

こんな動画を見ちゃうと、レジスタンストレーニングは諸刃の剣だと思うんだな〜。 なをき

記事を読む

#260 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑦】ストレングストレーニング時のフォームと速度

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#146 S&Cトレーニングが最も貢献できる競技は?

    最近はスポーツ界においてS&Cトレーニングの重要性が以前よりも浸透してきてお

記事を読む

#246 パフォーマンスの制限要因

    先日、スノーボードに行ってきました。私の腕前は「初級の上」くらいです(自己評価)。技

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#45 筋肉を付けると身体が固くなる?

      ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど

記事を読む

#160 最近思うことをいくつか書きます

      10月はブログをかなりサボりました。仕事が忙しかったのが1つの理由。もう1つは、昨日韓

記事を読む

#311 身体的特徴がエクササイズフォームに及ぼす影響:相対的 vs. 絶対的

    アスリートの身体的特徴はエクササイズフォームに影響を及ぼします。体型が異なれば、正し

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 105今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑