#327 トレーニング効果が競技成績向上に結びつく実感を得るのにかかる時間

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Clock 705672 960 720

 

アスリートのトレーニング指導を開始してから、そのトレーニング効果が競技成績向上に結びついてきたな〜と実感を得られるまで、どの程度の時間がかかるものでしょうか?

 

週単位?月単位?年単位?

理想的には「すぐに実感できます!」と言いたいところですが、実際にはそんなことありません。

エクササイズフォームの習得・改善や筋力・柔軟性の向上といった「トレーニング効果」は比較的短いタイムスパンでも見られますが、それが実際の競技成績向上に結びつくまでには、月単位ではなく年単位の時間がかかるというのが実感です。

「トレーニング効果」が出るのと「競技成績向上」が実感できるまでの間に時間的な差が生じる理由はトレーニング効果の転移に時間がかかるからだと思います。

 

トレーニング効果の転移に時間がかかる?

筋力・柔軟性等の体力がUPしたからといって、それがすぐに競技パフォーマンスUPに結びつくわけではありません。

新たにゲットした体力を競技動作の中で使いこなせるようになるには、意識をしながら継続して練習をする必要があります。また、競技動作の中で新たな体力を使いこなせるようになって競技動作が向上したとしても、その向上した競技動作を試合の中でどのように運用すればよいのかを身に付けるのにも時間がかかります。

 

まとめ

これまでの私の経験を振り返ってみると、やはりトレーニング指導を始めてからその効果が競技成績向上に結びついてきたな〜と実感を得られるまでは年単位の時間がかかります。論理的に説明するのは難しいですが、私なりの実感です。

※でも、そのような結果が出る前に、近道を求めてプログラムを次から次へと変えたり、師事するS&Cコーチまたはパーソナルトレーナーをコロコロ変えたりするアスリートがいるのも事実です。そんなんじゃ結果が出るわけないから「もったいないな〜」と思いつつも、私にはどうしようもないことなので、自分の指導を受けてくれている目の前のアスリートが得するように全力でサポートをするくらいしか私にはできません。

ただし、これまで数年間に渡って指導してきたアスリートの場合、イチからエクササイズフォームを教えたりする必要はないし、それまでに積み上げてきた土台があるので、数ヶ月の準備期間があれば競技力向上に結びつけることができるという感覚があります。これもまた説明はしづらいですが私の実感です。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

知り合いからのオススメでビーレジェンドの激うまチョコ味というプロテインを試しました。 おいしかったけど、スプーンが入ってなかった・・・。結局、バルクスポーツのビッグホエイのティラミス味に戻りました。やはりウマい・・・。

関連記事

#203 ベーシックエクササイズだけやってればいいのか?競技特異的なエクササイズをやらないでいいのか?

    月間トレーニング・ジャーナルの連載で、競技特異的なトレーニングについて記事を書きました(コ

記事を読む

#263 【アスリート向け】新しいエクササイズを導入するかどうか決断する時に、試しにやってみて「あ、これは良さそうだ!」と感じても、その自分の感覚は疑うべし

    アスリートが新しいエクササイズやトレーニング方法を導入する時の判断基準についてのお話

記事を読む

#233 【S&C問答】持久力トレーニングの運動様式で「ランニング」を取り入れるべきか?

    アスリートの持久力トレーニングを計画する際は、運動強度やレップ数・セット数、運動/休

記事を読む

#23 流行に惑わされず、本質を見極める

    何だが小難しいタイトルをつけてしまいました。前回のブログ更新後、このブログへの訪問数

記事を読む

#15 ベーシックバーベルエクササイズをやる理由

    筋力や筋パワーを向上させるためのエクササイズはいろいろありますが、メインとなるのはス

記事を読む

#47 筋肉を付けると身体が固くなる? シリーズ第二弾

ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど、体操選手はムキム

記事を読む

#344 ウエイトトレーニングの時にオススメのシューズ

    ウエイトトレーニングをする時に履くべきシューズは何か?というのは、よく聞く議論です。

記事を読む

#44 体幹スタビリティの重要性をパチンコ(武器)の比喩で説明してみる

    一般的に、競技スポーツにおける体幹スタビリティの重要性はいろいろな形で説明されています。例

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

    S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエク

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 566今日の訪問者数:
    • 716昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑