#336 ウエイトトレーニングを否定する運動指導者の理屈を否定してみる(バカには運動指導者は務まらない)

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

8140008664 eb41e714b4

 

バーベル等の外的な負荷を使った、いわゆるウエイトトレーニングを否定する運動指導者がいます。そういう人たちの理屈(屁理屈?)として、以下のようなことを最近耳にしました:

  • 筋肉がつけばすべてがうまくいくということであれば、ボディービルダーは全員、なんの競技やらせても金メダル取れる!
  • 筋力アップして球速上がるなら、一流投手はみんなもっとムキムキのはず!

「なんてバカなんだろう・・・」と思って力が抜けてしまいます。そんな程度の低い人たちのことなんて放っておけばよいのかもしれませんが、そのようなトンデモ理論を目にして「ウエイトトレーニングは必要ないんだ!」と勘違いしてしまうアスリートが増えるのもイヤなので、とりあえず論破してみます。

 

 

ウエイトトレーニングを否定する屁理屈の否定

①ボディビルダーがメダル取れるわけない!?

それぞれの競技種目でメダルを取るようなアスリートは、その競技がうまいから良い成績を出すわけです。下手だったらメダルなんて取れるわけありません。したがって、ウエイトトレーニングをガシガシやっていて筋肉ムキムキであるボディビルダーであっても、その競技の素人であればメダルなんて取れるわけありません。下手なんですから。そんなの当たり前です。

でも、もともと競技がうまいアスリートが適切なウエイトトレーニングを実施すれば、筋力や柔軟性を向上させることができます。そして、筋力や柔軟性が向上することで、傷害リスクの低減・練習の質や量の増加・競技パフォーマンスのポテンシャルUP等のさまざまな恩恵を受けることができるのです。その結果、競技成績をさらに向上させることが可能になるでしょう。

したがって、ボディビルダーがいろいろな競技に挑戦したとしても良い成績を出せるわけではない、という当たり前の事実を持ち出して、ウエイトトレーニングを否定する根拠にしているのはバカとしか言いようがありません。もう少し論理的思考力を磨いたほうがよいでしょう。

 

②一流投手はみんなムキムキのはず!?

一流アスリートの特徴を調べることで、その競技で活躍するために必要な要因を探ろうとすること自体は悪いアイデアではありません。でも、それですべてが説明できると思っているなら、それはバカです。単細胞です。

もちろん、一流アスリートは一流たりえる特徴を有しているはずですが、だからといって一流アスリートの特徴すべてが一流になるのに必要なわけではないし、一流アスリートが持っていない特徴が一流になるために不必要というわけでもありません。

たとえば、サッカーの中田英寿選手や体操の内村航平選手は、野菜嫌い&お菓子好きということが知られています(Googleで調べれば情報は見つかります)。じゃあ、野菜を食べずにお菓子をムシャムシャ食べていれば、彼らのような一流アスリートになれるのでしょうか?そんなわけないでしょ。

一方で、野菜を食べるのは栄養面から考えても重要です。それに反対する人は少ないでしょう。野菜を食べたからといって一流アスリートになれるわけではないし、一流アスリートの中には野菜嫌いの人もいるけど、それは野菜を食べることの重要性を否定する根拠にはなりえません。

この野菜の理論にウエイトトレーニングを当てはめてみればわかりやすいと思います。ウエイトトレーニングがそんなに重要なら、一流投手はみんなムキムキのはずだ!なんて言っている人の理屈は、アスリートにとって野菜が大切なら、中田選手や内村選手も野菜好きのはずだ!って言っているようなもんです。大ばか者です。

 

 

まとめ

結局、バカには運動指導者は務まらない、ということに尽きます。筋肉の名前を憶えたりATP再合成の経路を憶えたり、といった類の頭の良さだけでなく、「論理的に物事を考えることができる能力」が必要なんです。

残念ながら、そのような能力がない人は、自分にそのような能力がないと気づくことすらできないので、自分が恥を晒しているという意識がないままにトンデモ理論を垂れ流してしまいます。さらに悪い事に、そんな人が一流アスリートの担当になってしまうと、その運動指導者の能力の無さなんて吹き飛ばしてしまうほどの圧倒的なアスリート自身の能力によって良い成績を出してしまうので、トンデモ理論がさも正しいかのようにメディアに取り上げられる機会も増えてしまいます。あ〜、無力感・・・。

そんな人たちよりも、プロ野球の大谷選手のほうがよっぽど頭がよく、ウエイトトレーニングの役割が理解できています。爪の垢を煎じて飲んで欲しい(そういえば最近、大谷選手の肉体改造を批判しているバカな記事を読んだな・・・)。

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

 

私にできることは、ブログやツイッターで正しい知識を啓蒙することと、目の前のアスリートがいい思いをしてもらえるようにベストのサービスを提供することだけです。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

また新たな論文査読をしました。クウォリティーがイマイチだったので、コメントはサラッとしたものだけにしてRejectとさせてもらいました。こういうケースは仕事量が少ないので比較的ラクです。

関連記事

#370 「Jump Squat」と「Squat Jump」は何が違うの?

    S&Cに関する学術論文や書籍、ネット記事等を読んでいると「Jump Squa

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#283 速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)しないとダメ?

    「ジャンプやスプリントのような爆発的な動きにおいては速筋が大事で、サイズの原理にもと

記事を読む

#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも

    S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全

記事を読む

#209 ウエイトトレーニングやるとパフォーマンスが低下する可能性はある?

     ウエイトトレーニングに対してネガティブな印象をお持ちのコーチやアスリートはまだまだ多いと

記事を読む

#23 流行に惑わされず、本質を見極める

    何だが小難しいタイトルをつけてしまいました。前回のブログ更新後、このブログへの訪問数

記事を読む

#246 パフォーマンスの制限要因

    先日、スノーボードに行ってきました。私の腕前は「初級の上」くらいです(自己評価)。技

記事を読む

#277 【アスリート向け】筋肉痛はトレーニング効果と比例しない

    筋トレには筋肉痛がつきものです。筋トレをやったら必ず筋肉痛になると言っているわけでは

記事を読む

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#299 バスケ選手みたいに背が高くて大腿部の長いアスリートのウエイトトレーニングについての考察

    今の職場での契約も来年度で終わるので、その後はバスケチーム等を指導したいな〜と思って

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑