#361 原則 vs. 例外

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Marcus Thames Tigers 2007

 

トレーニング指導をする時には、私の中である程度の「原則」が決まっていて、それに基づいて指導をしています。

たとえばウエイトトレーニングについて言えば、多関節エクササイズ、フリーウエイトエクササイズ、全可動域(full ROM)等です。これらの原則にしたがって、エクササイズを選択したり正しいフォームを指導したりしています。

しかし、これらの「原則」は100%絶対的なルールなのかというと、そんなことはありません。

 

 

原則 vs. 例外

そもそも「原則」という言葉を辞書で調べてみると“人間の社会的活動の中で、多くの場合にあてはまる基本的な規則や法則”とあります。つまり、原則というのは絶対的なものではなく「多くの場合」にあてはまる程度のものなんです。

だから、ウエイトトレーニングの原則として、「多くの場合」多関節エクササイズを中心に組み立てますが、単関節エクササイズを一切使わないわけではないんです。「多くの場合」フリーウエイトエクササイズを用いますが、マシンエクササイズは絶対にやらせないというわけではないんです。

この「多くの場合」に当てはまらないものを、私は「例外」として捉えています。単関節エクササイズ、マシンエクササイズ、partial ROM等は「例外」ということになります。

 

 

まとめ

自分の中で核となる「原則」を持ちつつも、「例外」を許容して、「原則」を補足するためにうまく使いこなす柔軟性を持ち合わせるのがS&Cコーチとして大切だと思います。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

プロ野球のクライマックスシリーズ、テレビの地上波で放送していないですね。なんかもったいない・・・。

関連記事

no image

#56 やっぱ、正しいフォームが重要だよな〜♪

こんな動画を見ちゃうと、レジスタンストレーニングは諸刃の剣だと思うんだな〜。 なをき

記事を読む

#263 【アスリート向け】新しいエクササイズを導入するかどうか決断する時に、試しにやってみて「あ、これは良さそうだ!」と感じても、その自分の感覚は疑うべし

    アスリートが新しいエクササイズやトレーニング方法を導入する時の判断基準についてのお話

記事を読む

no image

#40 今日の気付き

深爪して、フックグリップでクリーンとかすると親指の痛みがハンパないんだなぁ・・・ なをき

記事を読む

#239 筋トレは練習の代わりじゃない→あくまでも「補強」にすぎない

    先日、久しぶりにバスケをしました。2015年初のバスケでした。そして翌日は、全身がバ

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

#18 正しいエクササイズフォーム(テクニック)へのこだわり

    私、正しいフォーム(テクニック)でウエイトトレーニングのエクササイズを実施する事にこ

記事を読む

#299 バスケ選手みたいに背が高くて大腿部の長いアスリートのウエイトトレーニングについての考察

    今の職場での契約も来年度で終わるので、その後はバスケチーム等を指導したいな〜と思って

記事を読む

#54 トレーニング初心者には高レップ数を実施させない

    ずーっと出張でロンドンに滞在していました。勤務時間中も勤務時間外もオリンピック漬けな

記事を読む

#78 FMSをやり始めて・・・

    以前のブログで、FMSを取り入れてみようと考えているというお話をしました。 その後

記事を読む

#242 ニーズを無視する?

    Facebook上で、「ニーズを無視する」という記事(書き込み?)を読んで、とても共

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑