#361 原則 vs. 例外

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Marcus Thames Tigers 2007

 

トレーニング指導をする時には、私の中である程度の「原則」が決まっていて、それに基づいて指導をしています。

たとえばウエイトトレーニングについて言えば、多関節エクササイズ、フリーウエイトエクササイズ、全可動域(full ROM)等です。これらの原則にしたがって、エクササイズを選択したり正しいフォームを指導したりしています。

しかし、これらの「原則」は100%絶対的なルールなのかというと、そんなことはありません。

 

 

原則 vs. 例外

そもそも「原則」という言葉を辞書で調べてみると“人間の社会的活動の中で、多くの場合にあてはまる基本的な規則や法則”とあります。つまり、原則というのは絶対的なものではなく「多くの場合」にあてはまる程度のものなんです。

だから、ウエイトトレーニングの原則として、「多くの場合」多関節エクササイズを中心に組み立てますが、単関節エクササイズを一切使わないわけではないんです。「多くの場合」フリーウエイトエクササイズを用いますが、マシンエクササイズは絶対にやらせないというわけではないんです。

この「多くの場合」に当てはまらないものを、私は「例外」として捉えています。単関節エクササイズ、マシンエクササイズ、partial ROM等は「例外」ということになります。

 

 

まとめ

自分の中で核となる「原則」を持ちつつも、「例外」を許容して、「原則」を補足するためにうまく使いこなす柔軟性を持ち合わせるのがS&Cコーチとして大切だと思います。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

プロ野球のクライマックスシリーズ、テレビの地上波で放送していないですね。なんかもったいない・・・。

関連記事

#157 特異的エクササイズについての雑感

    このブログをお読みの方はご存知かと思いますが、私はいわゆる「特異的エクササイズ」などと呼ば

記事を読む

#351 ウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です(サッカー選手の場合、話が別です)

    今日は短めのブログを。 私は昔から、アスリートが練習前のウォームアップとしてサッカ

記事を読む

#362 【論文レビュー】レッグプレスよりもスクワットのほうがジャンプパフォーマンス向上効果が高い

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Wirth et a

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#299 バスケ選手みたいに背が高くて大腿部の長いアスリートのウエイトトレーニングについての考察

    今の職場での契約も来年度で終わるので、その後はバスケチーム等を指導したいな〜と思って

記事を読む

#307 1RM Tableが必ずしも全てのエクササイズに当てはまらない理由の1つ:エクササイズの特性(自体重が負荷に含まれるか否か)

    S&C関連のテキストや書籍の多くに1RM Tableなるものが掲載してありま

記事を読む

#280 筋トレと持久力トレを同時にやった場合のプラスとマイナスを考慮して、競技タイプ別に両方やるべきかどうかを考えてみる

     筋トレと持久力トレを同時に実施すると(同じ時期に平行して実施するという意味であって

記事を読む

no image

#32 (フル)クリーン始めました

冷やし中華始めました的なタイトルですが・・・。スナッチもクリーンもこれまで基本的にパワーポジションで

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 348今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑