#2 ランダム思考

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考 , , ,


1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従ってトレーニングをすると、いろいろ余計な事を考えずに済むからトレーニングに集中できる。そして効果も上がる。本気でトレーニングしたい人はパーソナルトレーナーを雇ったり、トレーニング本に載っているプログラムをそのままやってみるといい。Dan Johnの言う事は正しい。

 

2. 減量するために炭水化物の摂取量をカットし過ぎると、トレーニング時にエネルギーが足りずにヘロヘロになってトレーニングの質・量が落ちてしまい、結果として減量に悪影響する。トレーニングする日はある程度の炭水化物を摂取する必要あり。トレーニングしない日は少し減らすべし。

3. デッドリストのスタートポジションで膝を外に押し出す(Hip external rotation)と、脊椎をニュートラルなポジションに保ちやすい。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=VN12Dtk90qg?wmode=transparent]

関連記事

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

#201 最近は腰の調子が良いんです♪

  2月に腰を痛めて、最初の1〜2ヶ月は日常生活さえも支障をきたすほどでしたが(寝返

記事を読む

#173 ボクサーのパンチ力をアップさせるために広背筋を鍛えろって言うけど、どうなの?

    ボクサーのパンチ力には広背筋が大事? 「パンチ力のあるボクサーは背中の筋肉、特に広背筋が発

記事を読む

#20 自転車エルゴメーター(エアロバイク)を使う事のプラスとマイナス

    持久力向上のトレーニングをする際に、各競技に特異的な動作を使用する場合と、非特異的な

記事を読む

#166 S&Cプログラムの目的あるいは効果について、考え直してみる

    S&Cプログラムの目的あるいは効果について、よく耳にするのは「傷害予防」と「パフォ

記事を読む

no image

#53 エリートアスリート≠エリートコーチ、そして・・・

エリートアスリートが必ずしもエリートコーチになるとは限りません。逆に、世の中には選手として成功してい

記事を読む

#357 「肉体改造」という表現が好きではありません

    過去のブログで編集後記として書いた文書がなかなか良かったので、ブログ記事に昇格させて

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

    今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中

記事を読む

#239 筋トレは練習の代わりじゃない→あくまでも「補強」にすぎない

    先日、久しぶりにバスケをしました。2015年初のバスケでした。そして翌日は、全身がバ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 841今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑