#2 ランダム思考

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考 , , ,


1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従ってトレーニングをすると、いろいろ余計な事を考えずに済むからトレーニングに集中できる。そして効果も上がる。本気でトレーニングしたい人はパーソナルトレーナーを雇ったり、トレーニング本に載っているプログラムをそのままやってみるといい。Dan Johnの言う事は正しい。

 

2. 減量するために炭水化物の摂取量をカットし過ぎると、トレーニング時にエネルギーが足りずにヘロヘロになってトレーニングの質・量が落ちてしまい、結果として減量に悪影響する。トレーニングする日はある程度の炭水化物を摂取する必要あり。トレーニングしない日は少し減らすべし。

3. デッドリストのスタートポジションで膝を外に押し出す(Hip external rotation)と、脊椎をニュートラルなポジションに保ちやすい。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=VN12Dtk90qg?wmode=transparent]

関連記事

#74 一流 vs 超一流

以前のブログで一流アスリートの特徴について私の意見を書きました。 #67 一流アスリートの特徴

記事を読む

#340 「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!って正しい?

    「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させれ

記事を読む

#299 バスケ選手みたいに背が高くて大腿部の長いアスリートのウエイトトレーニングについての考察

    今の職場での契約も来年度で終わるので、その後はバスケチーム等を指導したいな〜と思って

記事を読む

no image

#40 今日の気付き

深爪して、フックグリップでクリーンとかすると親指の痛みがハンパないんだなぁ・・・ なをき

記事を読む

#172 「私が開発したこのトレーニング理論は◯◯学会で発表されました」と言っているS&Cコーチは信用するな!

    通常、このブログはS&Cの専門家向けに記事を書いていますが、今日は一般の方をターゲ

記事を読む

#311 身体的特徴がエクササイズフォームに及ぼす影響:相対的 vs. 絶対的

    アスリートの身体的特徴はエクササイズフォームに影響を及ぼします。体型が異なれば、正し

記事を読む

#134 短期間で急激に体力アップできたら、それは競技パフォーマンスにとってプラスになるのか?

    競技コーチやアスリートと接していると、短期間(数週間単位)激しいトレーニングをしたら

記事を読む

#87 『Stress is additive』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー②

    前回の続きです。     第2条「Stress is additive」 な

記事を読む

#66 S&Cコーチの役割 2.0

    前回のブログ記事が予想外のヒットを記録しました。思いついた事をパパっと書いただけで、

記事を読む

#146 S&Cトレーニングが最も貢献できる競技は?

    最近はスポーツ界においてS&Cトレーニングの重要性が以前よりも浸透してきてお

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 210今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑