#2 ランダム思考

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考 , , ,


1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従ってトレーニングをすると、いろいろ余計な事を考えずに済むからトレーニングに集中できる。そして効果も上がる。本気でトレーニングしたい人はパーソナルトレーナーを雇ったり、トレーニング本に載っているプログラムをそのままやってみるといい。Dan Johnの言う事は正しい。

 

2. 減量するために炭水化物の摂取量をカットし過ぎると、トレーニング時にエネルギーが足りずにヘロヘロになってトレーニングの質・量が落ちてしまい、結果として減量に悪影響する。トレーニングする日はある程度の炭水化物を摂取する必要あり。トレーニングしない日は少し減らすべし。

3. デッドリストのスタートポジションで膝を外に押し出す(Hip external rotation)と、脊椎をニュートラルなポジションに保ちやすい。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=VN12Dtk90qg?wmode=transparent]

関連記事

#263 【アスリート向け】新しいエクササイズを導入するかどうか決断する時に、試しにやってみて「あ、これは良さそうだ!」と感じても、その自分の感覚は疑うべし

    アスリートが新しいエクササイズやトレーニング方法を導入する時の判断基準についてのお話

記事を読む

#74 一流 vs 超一流

以前のブログで一流アスリートの特徴について私の意見を書きました。 #67 一流アスリートの特徴

記事を読む

no image

#67 一流アスリートの特徴

先日、とあるセミナーで講師・シンポジストを務めました。質疑応答の時間に「オリンピックでメダルを獲得す

記事を読む

#178 たまには自分のトレーニング動画でも・・・

    たまには自分の下手クソなパワースナッチ動画でもアップ

記事を読む

#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する

    加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピ

記事を読む

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#376 Velocity Based Training(VBT)が流行っているけど、その前に正しいフォームの習得を優先したほうがいいんじゃないかしら?

      Velocity Based Training(VBT)とは? Veloci

記事を読む

#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

    ※上の画像には特に意味はありません。   フルROMを使ってトレーニングすべき直

記事を読む

no image

#28 そもそもトレーニングは必要?

前回のブログで、深くスクワットする事に対して「競技中はそんなに深くしゃがむ事はないのに、何でトレーニ

記事を読む

#333 【記事紹介】錦織圭がマスターズ1000大会を欠場してまで2週間休む理由

    シーズンが長期にわたる競技(プロテニス)におけるトレーニングに対する考え方に関して、

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 348今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑