#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?


 

6847056191 634e9f415f

 

アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにありませんか?多分、結構キツ目のトレーニングセッションをアスリートが最後までやり抜いた後に思う場合が多いのではないでしょうか?私自身、たまにそう思ってしまう事があります。しかし、そんな時は「いや、そんな風に考えちゃダメだ!」と自分に言い聞かせるようにしています。

トレーニングによる効果・適応は蓄積されていくもので、一回の良い(キツイ)トレーニングセッションによってアスリートを作り出す事はできません。もちろん、毎回のセッションをベストにする努力を積み上げる事で長期的にトレーニング効果が出てくるのは間違いないですが、キツイトレーニングセッションをやり抜く事が必ずしもベストとは限りません。長期の計画の中で、軽めのトレーニングセッションが必要な時もあり、その場合はアスリートを追い込み過ぎない事、時には歯止めをかけてあげる事が「ベストなトレーニングセッション」につながると思います。

もちろん、長期の計画の中でハードに追い込むことが必要な時期もあるでしょう。そういう時期にキツイトレーニングセッションをアスリートがやり抜いた場合は、ポジティブな声をかけてあげることも必要だと思いますが、コーチの立場としては冷静に長期のプランを忘れることがないように気を付けたい所です。「木を見て森を見ず」状態に陥らないようにしましょう。

残念なことに、キツイトレーニングが良いトレーニングと思い込んでいるアスリートもいて、こちらが提供したプログラムでは物足りないからといって、勝手にセット数を増やしたり、ウエイトを重くしたり、エクササイズを足したりする場合があります。そんな時は「勝手にプログラム変えんなよ!!俺は責任持てないぞ!!」と怒鳴らずに、やさしく説明してあげましょう。 さらに残念なことに、キツイトレーニングが良いトレーニングと思い込んでいるS&Cコーチも世の中にはいるようです。そういう人は・・・もう知りません。

関連記事

#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

    今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中

記事を読む

#158 過去記事紹介:そもそもトレーニングは必要?

    なかなか自分の書いた文章を読み返すという事はないので

記事を読む

#238 「専門性」とリスペクト

    今日は愚痴ります。ツイッターでもつぶやいたのですが、競技コーチでもない運動指導者が技

記事を読む

#296 身体的特徴がスクワットのフォームに及ぼす影響

    スクワットのフォームには身体的特徴が大きな影響を及ぼします。「身体的特徴」と一言で言

記事を読む

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

    以前のブログで、スクワットにおける各筋群の動員についての論文を紹介しました。 #2

記事を読む

#165 S&Cコーチとして客観的にS&Cトレーニングの重要性を訴えて行きたいな〜

    英語圏のS&C業界で良く耳にするスローガンに「All other things b

記事を読む

#246 パフォーマンスの制限要因

    先日、スノーボードに行ってきました。私の腕前は「初級の上」くらいです(自己評価)。技

記事を読む

#299 バスケ選手みたいに背が高くて大腿部の長いアスリートのウエイトトレーニングについての考察

    今の職場での契約も来年度で終わるので、その後はバスケチーム等を指導したいな〜と思って

記事を読む

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#66 S&Cコーチの役割 2.0

    前回のブログ記事が予想外のヒットを記録しました。思いついた事をパパっと書いただけで、

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 166今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑