#85 【アスリート向け】可動域をフルに使うことの必要性を直感的に理解してみる

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 S&Cコーチとしての思考, アスリート向け, コーチング


 

984382724 2557c71aa0 o

 

※上の画像には特に意味はありません。

 

フルROMを使ってトレーニングすべき直感的な理由

レジスタンストレーニングにおいては、可動域(ROM: range of motion)をフルに使う事が重要であるというのが私の意見です(ただし、「正しいフォームを維持できる範囲内で」という条件付きですが)。

なぜ可動域をフルに使ったトレーニングのほうが可動域の一部しか使わない(=パーシャル)トレーニングより効果があると思うのかは、下の動画を見て頂ければわかるでしょう。

 

 

科学的にこうだから、という難解な説明なんてしなくても、この動画を見ればどちらのほうがトレーニング効果がありそうかは、直感的に理解できると思います。

 

 

※もし記事がお役に立てたら、facebookで「いいね」を押したりtwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです(^_^)

関連記事

#336 ウエイトトレーニングを否定する運動指導者の理屈を否定してみる(バカには運動指導者は務まらない)

    バーベル等の外的な負荷を使った、いわゆるウエイトトレーニングを否定する運動指導者がい

記事を読む

#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?

    アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにあり

記事を読む

#157 特異的エクササイズについての雑感

    このブログをお読みの方はご存知かと思いますが、私はい

記事を読む

#279 前額面のパフォーマンスUPのために、まずは矢状面メインのストレングスエクササイズで筋力を上げてみる、という考え方

    前額面における動き、つまり横方向の移動能力が重要な競技は色々とあります。じゃあ、前額

記事を読む

#62 コーチングにおけるキュー:お尻に力を入れる編

    トレーニング指導時に、エクササイズのやり方やカラダの使い方を説明するために用いる合図

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

no image

#40 今日の気付き

深爪して、フックグリップでクリーンとかすると親指の痛みがハンパないんだなぁ・・・ なをき

記事を読む

#15 ベーシックバーベルエクササイズをやる理由

    筋力や筋パワーを向上させるためのエクササイズはいろいろありますが、メインとなるのはス

記事を読む

#109 Twitterつぶやきまとめ

    最近Twitterでつぶやいた事をまとめます。   一般のアスリートがクリーンやスクワッ

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 76今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑