#165 S&Cコーチとして客観的にS&Cトレーニングの重要性を訴えて行きたいな〜

公開日: : 最終更新日:2016/09/28 S&Cコーチとしての思考


 

Byodo in 165059 640

 

英語圏のS&C業界で良く耳にするスローガンに「All other things being equal, the stronger athlete will always win」的なものがあります。日本語になんとなく訳すと「他のこと(技術、戦術、心理面、etc)が全く同じアスリートが二人いたら、筋力の強いほうが必ず勝つ」みたいな感じでしょうか。

ストレングストレーニングを実施して筋力を向上させることの重要性をS&Cコーチが訴える時に頻繁に使われるスローガンです。

 

 

スローガンに違和感を感じる理由

個人的には、アスリートがストレングストレーニングを実施することは重要だと思いますが、このスローガンには違和感を感じます。その理由を説明します。

 

① 他のことが全く同じなんて事はない(例え一卵性双生児であっても)

ありえない仮定にもとづいて議論をしても、あまり意味があるとは思えません。

実際には、体力的に劣っていても技術や戦術理解力の高いアスリートのほうが活躍するなんて状況のほうが多いような気がします。

だから、他のアスリートとの体力の比較をするより、自分がストレングストレーニングを実施して今より体力が向上したら、より活躍できるようになるのかという視点で考えるほうが有益だと思います。

 

②筋力が違えば、最適な技術も変化する

以前のブログで「筋力レベルが変わればパフォーマンスを最大限にするための最適な技術も変化する」というコンセプトを紹介しました。

そのコンセプトをもとに考えてみると、筋力の異なるアスリートが2人いて、その2人の技術が全く同じであったと仮定すると、そのうちの少なくとも1人の技術は最適ではないということになります。別の言い方をすると、相対的な技術レベルが2人の間で異なっているということです。

つまり、「他のことが全く同じ」という仮定が崩れてしまうことになります。なので、このスローガンのような状況はやはり起こりえないということになります。

 

 

まとめ

S&Cコーチとして、ストレングストレーニングの重要性は十分認識していますし、できるだけ広めていきたいという気持ちはあります。

しかし、だからといってあまり根拠のない強引なスローガンを押し付けるようなことはしたくありませんし、「ストレングストレーニングだけやってりゃ勝てる」的な無責任なことも言いたくありません。それじゃあ「腰をフリフリしたら痩せますよ〜」と宣伝している人と同じレベルに落ちてしまいます。

科学的あるいは論理的に根拠のある理由を提示して宣伝することによって、本当の意味での信頼を勝ち取ることができるのだと思います。S&Cの専門家としてのプライドは持ちつつも、もう少し大きな視点を持ち続けて客観性を失わないように気をつけたいところです。 

関連記事

#311 身体的特徴がエクササイズフォームに及ぼす影響:相対的 vs. 絶対的

    アスリートの身体的特徴はエクササイズフォームに影響を及ぼします。体型が異なれば、正し

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#239 筋トレは練習の代わりじゃない→あくまでも「補強」にすぎない

    先日、久しぶりにバスケをしました。2015年初のバスケでした。そして翌日は、全身がバ

記事を読む

#178 たまには自分のトレーニング動画でも・・・

    たまには自分の下手クソなパワースナッチ動画でもアップ

記事を読む

#132 ラダードリルはアジリティを向上させるか?

    ラダードリルは競技におけるアジリティを向上させる効果

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#81 【再考】トレーニングにおける特異性の原則

    前回のブログで、「疲労した状態でスピードやパワーを発揮する能力」を鍛えるために、疲労

記事を読む

#54 トレーニング初心者には高レップ数を実施させない

    ずーっと出張でロンドンに滞在していました。勤務時間中も勤務時間外もオリンピック漬けな

記事を読む

#79 自分のエゴでコーチングをしちゃだめよ

    このタイトルのこと、最近良く思います。こちらのブログでも同じような内容が書かれていま

記事を読む

#23 流行に惑わされず、本質を見極める

    何だが小難しいタイトルをつけてしまいました。前回のブログ更新後、このブログへの訪問数

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 564今日の訪問者数:
    • 716昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑