#173 ボクサーのパンチ力をアップさせるために広背筋を鍛えろって言うけど、どうなの?

公開日: : 最終更新日:2016/05/09 S&Cコーチとしての思考, 競技特異性


 

Medium 4633902119

 

ボクサーのパンチ力には広背筋が大事?

「パンチ力のあるボクサーは背中の筋肉、特に広背筋が発達している」とか、「パンチ力を向上させたかったら広背筋を鍛えろ」と言った話を耳にした事があります。

昔の私は(大学生だった頃)、そうした話を聞くたびに「何かおかしいな・・・?」と首を傾げていたものです。なぜなら、パンチ(特にストレート)は上半身の押す動きであるのに対して、広背筋の作用は上半身の引く動作だからです。つまり、パンチ動作においては広背筋は拮抗筋なのです。

したがって、「押す動作を鍛えるために引く筋肉を鍛えろ」という考え方は矛盾しているように感じたものです。「いやいや、パンチ力UPに必要なのはパンチ動作の主働筋である大胸筋とか上腕三頭筋とかの押す系筋肉のトレーニングでしょ!」と思っていました。「ボクシングのトレーナーは分かってないな〜」なんて偉そうに考えていたものです。

しかし今では私の考えも変化し、「懸垂とかロウ動作を用いて広背筋(だけでなく上半身の引く動作に関わる筋群全般)を鍛えることで、パンチ力がUPする可能性がある」と信じています。その理由を説明したいと思います。

 

 

広背筋を鍛えるとパンチ力がUPするメカニズム

まず、パンチ動作の主働筋が大胸筋や上腕三頭筋であるという考え方は変わっていません(今回の議論では下半身については無視します)。別に広背筋が主働筋だという考えに変わったわけではなく、広背筋はパンチという動作においては拮抗筋であると今でも考えています。

じゃあ、何が変わったのかというと、パンチ力を向上させるための戦略が主働筋を鍛えることだけではなくて、拮抗筋を鍛えることもアリだと思うようになったということです。

パンチ動作における拮抗筋である広背筋(や上腕二頭筋etc)は、パンチ動作の後半でブレーキとして働きます。このブレーキが弱いと、主働筋によって引き起こされた動作を止めるために靭帯等に負担がかかってしまい、痛めたりケガをしたりする可能性があります。脳は本能的にそのようなリスクを知っているはずで、そもそもブレーキが弱い場合はその前の段階の加速を目一杯行わないでしょう。

したがって、ブレーキ能力が弱い段階で主働筋をいくら鍛えても、パンチ力がアップするはずはありません。

 

 

拮抗筋を鍛える効果をチキンレースでたとえてみる

このあたりの議論を分かりやすく例えて言うなら「チキンレース」です。車やらバイクを壁に向かってアクセル全開で走らせて、先にブレーキをかけたほうが負けですよ〜という根性だめし的なアレです。不良漫画等を読んでいた人にはお馴染みのやつです。

ここで、2台のバイクを使ってチキンレースをやるとします。エンジン等の性能は全く同じで、加速能力と最高速度(時速100km)には全く違いがないとします。しかし、ブレーキの能力には大きな違いがあり、時速100kmでブレーキをかけたら片方は停止するまで20mかかるところ、もう一方は40mかかるとします。

この場合、チキンレースに勝つのはかなりの確立で前者でしょう。ブレーキの性能が高いので、より壁の近くまでアクセルを踏み続けることができるからです。

このチキンレースをパンチに当てはめて考えてみてください。大胸筋や上腕三頭筋などの主働筋がアクセルです。そして広背筋等の拮抗筋がブレーキです。

広背筋を鍛えて筋力を向上させる事によってブレーキとしての性能が高まり、主働筋を使ってより長い間加速を続ける事が可能となり、結果としてパンチ力アップに繋がる事が期待されます。極端な話、主働筋を一切鍛えなくても、拮抗筋を鍛えた上でパンチ動作の練習をしっかりすれば、パンチ力を向上させる事ができるのです。

 

 

まとめ

最近は競技動作そのものに負荷をかけたりするファンクショナルエクササイズが流行りですが、競技動作とは真逆の動きを鍛える事によって狙った競技動作のパフォーマンス向上を図るというこの逆説的な戦略こそ、ある意味ファンクショナルなんじゃないでしょうか?以上。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ボクシングを趣味でやっている美容師さんとの雑談から今回のブログのネタをもらいました。サンキューで〜す!

関連記事

#297 エクササイズ指導やプログラムデザインといったスキルも重要だけど、考え方も重要

    S&Cコーチに必要な2大スキルは「エクササイズ指導」と「プログラムデザイン」

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#364 ウエイトトレーニング中にベルトを使うべきか?

    前々回のブログで、レッグプレス(LP)とスクワット(SQ)のトレーニング効果を比較し

記事を読む

#64 力みのないフォームが良い≠筋力は必要ない

    野球やゴルフ、競泳等、フォームが重要とされるスポーツにおいては、「力みのないフォームあるい

記事を読む

#250 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載④】競技特異的なトレーニング

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#263 【アスリート向け】新しいエクササイズを導入するかどうか決断する時に、試しにやってみて「あ、これは良さそうだ!」と感じても、その自分の感覚は疑うべし

    アスリートが新しいエクササイズやトレーニング方法を導入する時の判断基準についてのお話

記事を読む

#157 特異的エクササイズについての雑感

    このブログをお読みの方はご存知かと思いますが、私はいわゆる「特異的エクササイズ」などと呼ば

記事を読む

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#162 【論文レビュー】クウォータースクワットvs.パラレルスクワット:活動後増強(post-activation potentiation)

     PAPって何よ? Post-activation potentiation(PAP)とい

記事を読む

Comment

  1. S.H より:

    初めまして。バスケットボールをやっているものです。いつも勉強させていただいてます。
    今回のブログのテーマは僕も昔から疑問に思っていました。
    ブレーキ能力というのはとても納得できる考え方でした。
    この考え方をジャンプの動作に当てはめるのならブレーキはどの動き、またどの筋肉になるのでしょうか。
    またそれを強化するのに適した種目などがあれば教えていただきたいです。
    ジャンプ力向上のヒントになりそうな気がして質問させていただきました。
    よろしくお願いします。

  2. Naoki Kawamori より:

    S.Hさん

    パンチ動作とジャンプ動作は異なります。前者では腕を伸ばしきったところで拳の速度がゼロになる必要があります。ならないと腕が引っこ抜けて飛んでいってしまいますから。ロボットアニメに出てくる必殺技のロケットパンチみたいに。一方、ジャンプの場合、脚が伸びきったところで身体重心の速度はゼロにならず、上向きの速度を持ったまま空中に飛び出します。つまり、脚が伸びきったところでブレーキをかけて速度をゼロにする必要はないのです。さらに言うと、ジャンプ動作中は鉛直下向きに常に重力がかかっており、これが外部からのブレーキとして働くので、むしろこのブレーキの力を超えるような力を鉛直上向きにできるだけ長く発揮し続ける能力が重要となります(パンチ動作では重力の影響は間接的なものです)。

    したがって、ジャンプ動作の場合はブレーキ能力の必要性はパンチ動作と比べると低いため、ジャンプ動作にブレーキをかけるような筋群を鍛えても、ジャンプ能力アップに繋がる可能性は低いと思います。

  3. S.H より:

    とてもわかりやすく説明していただいてありがとうございます。
    やはりスクワットなどで地面を押す力を強くしていくことが何より重要なのですね。
    すごくすっきりしました!ありがとうございます!

  4. Kazuki Taira より:

    いつも楽しく読ませてもらっています
    バスケ部出身、趣味格闘技歴7年、現在筋トレが趣味の38歳医師です。

    パンチと広背筋(ヒッティングマッスルともいわれますよね)についてはいろいろな説があるんですが、8割くらいの説は納得できません。その中で広背筋ブレーキ説は納得できる考えだと思います。

    でも主導筋が大胸筋や上腕三頭筋であるというのはちょっと違うと思います。(ボクサーの大胸筋はそんなに大きくありません。三頭筋は単体ではパワーが足りません。)パンチで重要なのは手を伸ばす動きよりも下半身を含めた体の回転です。いうなればデンデン太鼓のひもの部分が腕なんです。大事なのは中心部の回転です。連打を打つ時を考えるとわかりやすいんですが広背筋は打った手を引く動きをします。引く動きが逆の手を出す際の回転力になります。また、手を伸ばしたままでは回転速度が遅くなるので、伸ばした手を中心に近づけるほど回転速度が上がります。広背筋は手をたたんで回転速度をあげると思っています。
    ということで回転力を上げるために広背筋が必要という説を展開してみました。

    また、ボクサーの広背筋が大きくなるのは、ディフェンスのためもあると思います。パンチを出すとディフェンスががら空きになるので、すぐに戻さないといけませんから、単純にディフェンス力を上げるためには早く手を戻すことが必要です。ディフェンスのために広背筋が必要説です。

    広背筋がなぜパンチに必要なのかはいろんな説があるので、ネタに困ったらそれぞれの説の検証をしてみてください。楽しみにしています。

  5. Naoki Kawamori より:

    Tairaさん

    コメントありがとうございます。勉強になりました。

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 200今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑