#191 ファンクショナルトレーニングって何?

公開日: : 最終更新日:2017/03/19 S&Cコーチとしての思考


 

Medium 9117238961

 

「ファンクショナルトレーニング」という言葉を最近よく目にします。

でも「ファンクショナルトレーニング」の定義はあいまいで、人によって何を指しているのかは異なります。

最新のトレーニング器具を使ったエクササイズ全般をファンクショナルトレーニングと呼んでいる人たちもいれば、「人が本来持つ機能を高めるトレーニングがファンクショナルトレーニングである」みたいにわけのわからないことを言っている人たちもいます。

それらに共通しているのは、ファンクショナルトレーニングを1つのメソッドとして売り出し、それを実施すればみんなファンクショナルになれるぜ的な主張をしている点です。

個人的には、そのような主張は非常に胡散臭く感じますし、そのような発言をしている人は信用できません。

 

 

「ファンクショナル」という言葉の意味

そもそも「ファンクショナル(functional)」という英語は、日本語に翻訳すると「機能的な」という意味合いがあります。そして、「機能的」という日本語を辞書で調べてみると『目的を満足させるのに十分な機能を備えて、無駄がないさま』という説明があります。

これを「ファンクショナルトレーニング」の議論に当てはめて考えてみると、特定のエクササイズやトレーニングがファンクショナルかどうかは、目的によって変わってくる、ということになります。

Aという目的を達成するためにはファンクショナルなエクササイズも、Bという目的を達成するためにはファンクショナルではない、ということがありえるのです。むしろ、あらゆる条件においてあらゆる人にとってファンクショナルなエクササイズやトレーニングメソッドなんか存在しないと言っても過言ではないでしょう。

 

目的を特定せず「ファンクショナル」と呼ぶのはナンセンス

したがって、目的を特定することなく、あるエクササイズやトレーニングメソッドを「ファンクショナルトレーニング」と呼ぶのはナンセンスです。

それにもかかわらず「ファンクショナルトレーニング」という言葉を使っている人たちは、そのような事も理解していない残念な人であるか、もしくはナンセンスさを理解した上であえて商業的な意図で「ファンクショナルトレーニング」という言葉を使用しているかのどちらかです。

どちらにしても、やはり私はそのような人たちを信用できないな〜と思います。

 

 

まとめ

最近は色々なメディアで「ファンクショナル、ファンクショナル」と言っていてうるさいな〜と思ったので、毒を吐いてみました。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近、論文査読を2件引き受けました。Journal of Strength and Conditioning ResearchとJournal of Sports Sciencesからの依頼です。ボランティアでやる割には、結構時間と労力がかかります。しかも、現在の仕事とは直接的には関係ないので、プライベートの時間を使っての作業です。大学の研究職なら査読自体がある意味業績として考えられるので、勤務中にやってもいいんでしょうけど。もはや研究者ではないので、いつまで査読を引き受けようかな〜と最近悩みます・・・。 

関連記事

#356 業界の発展のために、他の専門家を批判するのはやめろってか!?

    今日は短めに。 「フィットネスやS&Cの業界は、まだまだお金を稼いで食べて

記事を読む

#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する

    加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピ

記事を読む

#109 Twitterつぶやきまとめ

    最近Twitterでつぶやいた事をまとめます。   一般のアスリートがクリーンやスクワッ

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

#370 「Jump Squat」と「Squat Jump」は何が違うの?

    S&Cに関する学術論文や書籍、ネット記事等を読んでいると「Jump Squa

記事を読む

#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも

    S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全

記事を読む

#106 あえて競技特異的な(?)エクササイズを採用しないという選択

    競技特異性についてはこのブログで色々書いてきました。今日もそれに関連した議論をしたい

記事を読む

#214 「トレーニング効果」も重要だけど「トレーニング効率」にも注意を払うべきではないのか?

    私がアスリートにS&C指導をする時のメインとなるツールはウエイトトレーニングです(

記事を読む

#23 流行に惑わされず、本質を見極める

    何だが小難しいタイトルをつけてしまいました。前回のブログ更新後、このブログへの訪問数

記事を読む

Comment

  1. シンプルがベスト より:

    初めまして、いつも楽しみに記事を拝見させていただいてます。確かに最近よくファンクショナルトレーニングという言葉を聞きます。
    functional trainingはきっと海外からきた言葉ですよね!?
    特にアメリカでは一般人もbody buildingに憧れるため、それと区別するためにfunctional trainingが出来たのではないかと私は考えています。
    スポーツに活かすためのトレーニングならfunctional training、かっこいい体を作るためのトレーニングfunctional trainingではなくbody building。
    少し話がずれちゃいましたかね?

    流行語というのは過去の物を否定するような力を持っていて恐ろしいと感じております。

  2. Naoki Kawamori より:

    Thanks Andy!

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 1259今日の訪問者数:
    • 663昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑