#230 論文を批判的な目で読んで、その内容を解釈するために必要なことについての私見

公開日: : 最終更新日:2016/01/17 エビデンスに基づいたトレーニング


 

Medium 421683460

 

先日のNSCAジャパンS&Cカンファレンスで「科学的知見に基づくS&C指導」というタイトルでお話をしました(コチラ)。

その中で、「客観的事実を批判的に読み『自分なりの解釈』をする」ことの重要性について触れました。その時に、その能力を身につけるためのベストの方法は、大学院まで進んで自分で研究をして論文を書くという経験をすることだと述べました。

今日はこのことについて少しお話をしたいと思います。あくまでも私の私見です。

 

論文をしっかりと読めるようになるには

やはり、真の意味で論文を読めるようになるには、自分自身で研究をして論文を書いて発表するというプロセスを経験することが必要です。そのためには、最低でも大学院の修士課程に進む必要があります。

もちろん、大学院修士課程に在学中の学生は、自分自身で研究をして論文を書いて発表するというプロセスを経験する前に、大量の論文を読んでいます。したがって、そのプロセスを経験しなくても論文を読むこと自体は可能だと思います。S&Cコーチだってそのプロセスを経験することなく論文を読むことは十分可能です。

しかし、私の経験上、自分自身で研究をして論文を書いて発表するというプロセスを経験する前と後では、論文の読み方や理解の深さに雲泥の差が出てきます。これは自分の体験に基づいた私見に過ぎませんが、100%自信を持って言えます。

やはり、一度自分で経験することによって、論文を読む時にどういったポイントに注意を払いながら読むべきかがより深くわかるようになるし、論文を批判的に読む能力が飛躍的に向上します。

今思えば、自分が修士課程の学生だった時は、論文を読んで著者の主張を理解するのに精一杯で、その主張がデータにサポートされているのか等を批判的な目で確かめながら論文を読むことができていませんでした。「論文は批判的な目で疑って読め!」とは修士時代から恩師に言われていたことですが、それを本当に理解できるようになったのは修士研究を実施して論文を書き上げた後になってからです。

やはり自分で体験しないとわからないことってあると思います。

わかりやすい例えを挙げると、自分でスクワットを1度もしたことのないS&Cコーチが、スクワットの実施方法や指導方法に関する本やブログをたくさん読みこめば、ある程度の知識を手に入れることはできるかもしれません。しかし、自身で継続的にスクワットをしているS&Cコーチが同じだけの本やブログを読んだ場合の理解度には遠く及ばないでしょう。

さらには、本やブログの情報の中には間違った内容も含まれているはずですが、自分でスクワットをしたことがないと、それらを見分けるのは至難の業です。同じような現象が論文を読むという行動についても当てはまると私は考えています。

 

大学院修士課程まで進まないといけないか

個人的には、すべてのS&Cコーチが自身で論文を批判的に読む能力を身につける必要があるとは思っていないので、すべてのS&Cコーチが大学院修士課程まで進む必要があるとは思いません。

理想を言えば、スポーツ科学者が科学的知見を解釈してそれをわかりやすくS&Cコーチに伝えてくれさえすれば、S&Cコーチが論文を批判的に読む能力を身につける必要はないと考えています。

しかし、現状、そんなスポーツ科学者はS&C業界にはほとんどいません(この人くらい?)。少なくとも日本にそんなスポーツ科学者は皆無です。いたら逆に教えてほしいくらいです。大学の先生達の立場から考えると、科学的知見を解釈してS&Cコーチにわかりやすく伝える活動をしても、業績としてはほとんど認められないはずなので、そんなことをするモチベーションは低いはずです。

そう考えると、今後もそのような貢献をS&C業界のためにしてくれるスポーツ科学者が出てくる可能性はゼロに近いです。それなら自分で大学院修士課程まで進んで、論文を批判的に読む能力を身につけたほうが手っ取り早いと思ってしまうのですが、いかがでしょうか?

 

まとめ

結局何が言いたいのかというと、本気で科学的知見をS&C指導に活用したいのであれば、少なくとも大学院修士課程まで進んで自分で研究をしないとダメよ〜♪ということです。

「いや現状仕事もあるから時間がないし、お金もかかるからそんなの無理だよ〜」という愚痴が聞こえてきそうです。それならそれで良いのではないでしょうか。どの程度の時間とお金をかけるかは、自分がどの程度のS&Cコーチを目指していてどれだけの覚悟があるかによって決めればいいとおもいます。私見でした。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

最近目の充血が激しく、眼科に行ったのですが、その待ち時間に石井直方先生の「トレーニングをする前に読む本」を読みました。専門的な内容を、一般の人が読んでも読み物として面白いと思えるように書いてあるのがスゴイと思いました。自分はこのブログをS&C専門家を読者として想定して書いていますが、一般の人やアスリートが読んでもわかるような文章力も今後身につけていきたいと思いました。

関連記事

#374 「学術論文を批判的に読む」を実践している動画の紹介

    前回、はじめてアスリート向けにブログ記事を書いてみました(#373 【アスリート向け

記事を読む

#281 「効率の良い動きを鍛える」って何?ファンクショ◯ルって何?

    なをきのつぶやき 最近ファンクショナ◯がどーのこーの言っている人たちが、「筋トレだ

記事を読む

#205 「Nutrient Timing」コンセプト再考:科学的知見やらエビデンスやらの活用方法についても少し考えてみた

    アメリカ留学時(2002~2004年)の恩師 Dr. Greg Haffの研究テーマの1つ

記事を読む

#341 「筋肥大のためにはセット間レストを短くすべき!」という考え方は、科学界では否定されつつある

    ウエイトトレーニングのプログラムデザインにおいて、強度・量・頻度・エクササイズ選択と

記事を読む

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

#82 【ブログ紹介】エビデンスに基づいたトレーニングは必要?

    以前のブログで「エビデンスに基づいたトレーニング指導」という考え方についてお話をしま

記事を読む

#101 「エビデンスに基づいたトレーニング(指導)」に対して過剰に反応しすぎていませんか?

  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、いきなり本題に入りますが、「

記事を読む

#349 科学的知見にもとづいたベストの方法を常に選べるわけではないのが現実だから、セカンド(あるいはサード)ベストも考えておくことが必要 〜concurrent trainingの例を添えて〜

    今回はフランス料理のメニューみたいなタイトルを付けてみました〜(最後の部分だけですが

記事を読む

#220 Endnoteを使って論文のPDFファイルを管理する

  今日は、Endnoteというソフトウェアを使った、学術論文の管理方法について紹介します(Endn

記事を読む

#303 【論文レビュー】腹腔内圧を高めるのに有効なのはどっち? ドローイン vs. ブレイシング

    ウエイトトレーニングをする時にお腹周りをどのように固めて安定させるのか、という議論が

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 567今日の訪問者数:
    • 716昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑