#241 【論文レビュー】睡眠時間が8時間未満だとケガのリスクが高まる

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 コンディショニング・w-up・クールダウン, 論文レビュー


 

3347771610 c187e4e1c2

 

論文レビューです。睡眠時間と傷害発生率についてアンケート調査をした論文を紹介します。

 

 

論文内容

Chronic lack of sleep is associated with increased sports injuries in adolescent athletes.

 

対象

中高生年代の学生アスリート112名(平均年齢:15.2歳)。

 

調査方法

Eメールでアンケート調査への協力を要請し、Eメールに含まれているリンク先で10の質問(睡眠時間含む)に答えてもらった。

傷害の定義は「evaluationまたはtreatmentのためにアスレチックトレーナールームを訪れる必要があったもの」とし、学校のアスレチックトレーナールームの傷害記録(過去21ヶ月)からチェックした。

 

調査結果

睡眠時間が8時間未満のアスリートのうち65%が傷害を経験していた。一方、睡眠時間が8時間以上のアスリートで傷害を経験していたのは31%だった。

また、multivariate analysisによると、睡眠時間が8時間未満のアスリートは8時間以上のアスリートと比べて、傷害リスクが1.7倍高かった。

 

limitation

  • 睡眠時間を直接測定しているわけでなく、本人の申告に頼っている。
  • 対象が学生アスリートなので、もっと年齢の高いアスリートにも当てはまるかは不明。

 

 

まとめ 

一般的にトレーニングの世界では、ただトレーニングをガシガシするだけではダメで「トレーニング、栄養、休養」の3つが同じくらい重要である、と言われます。休養の方法にはマッサージ・入浴(熱いの、冷たいの、交代浴)・プール・着圧ソックス等いろいろありますが、一番ベーシックで最も効果が高いのは睡眠だと思います(タダだし)。

今回紹介した論文では、8時間以上睡眠することによって傷害リスクを低減させることができる可能性が示されました。アスリートに対してなんとなく「しっかり寝ろよ!」と言うより、「睡眠時間が8時間未満だと、ケガのリスクが高まるっていう研究結果があるんだよ」と教えて(脅して?)あげたほうが説得力があると思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今回紹介した論文が掲載されている学術誌は、私の勤務先では定期購読していなかったため、ResearchGateというサービスを利用して手に入れました。

関連記事

#255 「長距離移動+時差ボケ+ブランク」がパフォーマンスに及ぼす影響を体感しました

    先週、2泊5日という超ハードな日程でブラジル出張に行ってきました。そして今日、帰国後

記事を読む

#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

    S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエク

記事を読む

#58 【論文レビュー】持久力トレーニングとレジスタンストレーニングを両方実施するとレジスタンストレーニングの効果が薄れる

    持久力トレーニングとレジスタンストレーニングを同時に実施すると、レジスタンストレーニ

記事を読む

#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論

  前回のブログの続きです。今回は「超回復理論」と「フィットネスー疲労理論」について考えます。長文で

記事を読む

#162 【論文レビュー】クウォータースクワットvs.パラレルスクワット:活動後増強(post-activation potentiation)

     PAPって何よ? Post-activation potentiation(PAP)とい

記事を読む

#243 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載①】ウォームアップについて

     昨年から12回にわたって、月刊トレーニング・ジャーナルという雑誌で「クロスオーバー

記事を読む

#208 「ハイテクトレーニング」と「科学的トレーニング」を混同するな!

    前回、前々回のブログの続きです。 ブラジルW杯直前の準備期間において、サッカー日本

記事を読む

#131 【論文レビュー】飛行機移動がパフォーマンスに与える悪影響を抑える9つの方法

    私がトレーニングサポートに携わるアスリート達は、海外での試合に参加するために飛行機移

記事を読む

#294 【論文レビュー(私の修士研究)】ハングパワークリーンを30〜90% 1RMの負荷でやった時のパワー発揮とPmax Load

    私がオーストラリアの大学院博士課程に留学していた時にやった研究については、過去に紹介

記事を読む

#139 【高強度インターバルトレーニング】必読のレビュー論文←無料ダウンロード可能!!

     高強度インターバルトレーニングは比較的短時間でエネルギー供給系の能力(無酸素だけで

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑