#275 【宣伝】5時間の座学という拷問を再び!!あなたのお尻は耐えられるのか!? NSCAジャパン南関東ADセミナー「爆発的パワー向上の科学的基礎」で講師を務めます

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 宣伝


 

USAF EOD explosion

 

9月13日(日)にNSCAジャパン南関東地域アシスタントディレクターセミナーで講師を務めます。場所は大宮です。詳細はこちらで、申し込みはこちらから(申込受付は7/13開始)。

今回は「爆発的パワー向上の科学的基礎」というタイトルで講義内容を準備しています。投げる・跳ぶ・走る・打つ等のスポーツ動作においてパフォーマンスを最大限に発揮するためには、外的な物体または自分の身体を短時間で最大限に加速させる必要があります。今回はそうした能力を「爆発的パワー」と定義し、それに貢献する要因や測定方法・トレーニング方法について、科学的な背景と最新の科学的知見を交えて講義をしようと思います。

爆発的パワー向上のためのエクササイズの実施方法や指導方法に関する実技セミナーはNSCAジャパンでも数多く提供されていますが、それらのエクササイズを実施する背景や適切なプログラミングの方法、科学的な根拠等について5時間にわたって座学で講義できるのは、私以外あまりいないだろうと自負しています。そもそも5時間も座学で講義しようと思う奇特な人間がいないんでしょうけど・・・。

爆発的パワー向上に興味のある方は、NSCAジャパンで提供されている実技セミナーと合わせて、私の座学セミナーも受講して頂ければと思います。申込受付はまだ先ですが、興味のある方は予定を空けておいてください。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日のNHKクローズアップ現代で横浜DeNAのチーム改革に関する特集を見ました。クラウドシステムによって1軍と2軍の全てのコーチ(あとスカウトも)が選手に関する情報を共有しているとか、試合における1球1球のプレーがデータベース化されていて、観たい映像をすぐに検索して探し出せるシステムとかが印象に残りました。最先端のことをやっているような感じもしますが、多分プロ野球のレベルであれば、ほとんどの球団がそのようなシステムを導入しているのではないかと推測されます。となると、結局のところ、それらのシステムを使いこなすトップの人の能力が重要になってくるのでないかという感想を持ちました。

関連記事

#224 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第9回「シーズン中のトレーニングについて」

     連載の第9回が、月間トレーニング・ジャーナルの12月号に掲載されています。今回のテーマは

記事を読む

#236 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第11回「エクササイズ指導で気を付けていることについて」

     連載の第11回が、月間トレーニング・ジャーナルの2月号に掲載されています。今回のテ

記事を読む

#380 来シーズン、バスケBリーグのチームのトレーニング指導がしたい

    私は、4月以降フリーランスのS&C(ストレングス&コンディショニング

記事を読む

#335 【ポッドキャスト紹介】”Periodization in Strength & Conditioning” with Greg Haff PhD

    無料で聞けるオススメのポッドキャストを紹介します。 "Periodization

記事を読む

#293 月刊トレーニング・ジャーナル連載記事のまとめ

    月刊トレーニング・ジャーナル連載記事を本ブログに転載していましたが、今日のブログでは

記事を読む

#264 【宣伝】コーチング・クリニック6月号「特異的なエクササイズは効果的か?」

    コーチング・クリニック最新号に、私の書いた記事が掲載されています。 S&C

記事を読む

#382 【カンファレンス報告】 NSCA国際カンファレンスで講師を務めました「ピーキングの捉え方とプログラムデザイン」

    以前のブログ記事でも告知しましたが、1/29(日)にNSCA国際カンファレンスで講師

記事を読む

#300 【継続学習】オススメのセミナー by 加賀さん

    GS Performanceの加賀さんが、新しいセミナーを企画されました。 htt

記事を読む

#185 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナルで連載を開始しました

    連続の宣伝で失礼します。タイトルの通り、月間トレーニング・ジャーナルという雑誌で、「クロス

記事を読む

#190 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第2回「レジスタンスエクササイズ中の可動域について」

    先月から始めた連載の第2回が、月間トレーニング・ジャーナルの5月号に掲載されています。今回

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 347今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑