#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

公開日: : S&Cコーチとしての思考, 競技特異性


 

66 Bus in Harvard Square at night

 

今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中で考えたことをつれづれと書きます。自分の頭の中で整理したことを忘れないように備忘録として。

 

なをきの頭の中 

効率的な身体の動かし方を学ぶのは大事。だけど、そもそも筋力や柔軟性が不足していると、その「効率的な動き」をやろうと思っても出来ない事がある。特定の筋群を特定のROMを使って身体を動かそうとしても、使えるだけの筋力や柔軟性がなければ使えるわけがない。

だからウエイトトレーニングで筋力や柔軟性を向上させて、「効率的な動き」ができる準備を整えてあげるのがS&Cコーチの役目である(ポケットの理論)。

しかし、準備を整えるために実施するウエイトトレーニングを「効率的な動き」あるいは「競技の動き」に近づける必要は一切ない。むしろ、それは逆効果。ウエイトトレーニングはあくまでもベーシックなSQやDLやRDL等のエクササイズを採用し、健康的に・効果的に・効率的に筋力や柔軟性を向上させてあげるべき。

そして、それらの準備が整ったら(あるいは整えるのと同時並行で)、「効率的な身体の動かし方」を練習すれば、パフォーマンスUPに繋がることは間違いない。それこそがまさにトレーニング効果の転移である。

ウエイトトレーニングを競技の動きに近づけると、筋力や柔軟性の向上はあまり期待できないし(扱える重量が小さいし、ROMも小さいから)、トレーニング効果の転移も進むわけではないので、パフォーマンスUPに繋がるわけがない。二兎追うものは一兎をも得ず!

 

まとめ

とある会合で「ウエイトトレーニングそのものを競技の動きに繋げるのが今後の課題だ!」みたいに残念なお話を聞いた直後だったこともあり、「いや、それは違うだろ!」と考えながら本日のMovement Fundamentalsセミナーを受講して、こんなことを帰りのバスで考えてみました。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

Bret ContrerasのBodyweight Strength Training Anatomy日本語版が出てました。アスリートが海外遠征でジムにアクセスできない場所に行く時に、自体重中心のプログラムを渡したりするのですが、そんな時に参考になる本です。私は英語Kindle版を持っています。

 

 

関連記事

#19 【アスリート向け】トレーニング日誌をつけるのがオススメです!

    私、トレーニングする時は必ずその内容をトレーニング日誌に書き留めています。 書く内

記事を読む

#86 『特異的になりすぎない』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー①

    先日「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」というテーマでセミナー講師を

記事を読む

#272 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑫】S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#344 ウエイトトレーニングの時にオススメのシューズ

    ウエイトトレーニングをする時に履くべきシューズは何か?というのは、よく聞く議論です。

記事を読む

#285 スポーツ特異的エクササイズとかいうダークサイドに落ちないためにはどうすればいいか?

    本ブログをお読み頂いている方には伝わっているかもしれませんが、実は私、「スポーツ動作

記事を読む

#172 「私が開発したこのトレーニング理論は◯◯学会で発表されました」と言っているS&Cコーチは信用するな!

    通常、このブログはS&Cの専門家向けに記事を書いていますが、今日は一般の方をターゲ

記事を読む

#319 赤ちゃんのようにスクワットすべし!?

    Squat like a babyという流行り 数年前にS&C関連のネット

記事を読む

#331 筋トレして筋肉が太くなったり筋力UPしたりすると、競技の動きが固くなる?

    筋トレに対してネガティブな印象を持っているアスリートやコーチは未だにいます。その理由

記事を読む

#160 最近思うことをいくつか書きます

      10月はブログをかなりサボりました。仕事が忙しかったのが1つの理由。もう1つは、昨日韓

記事を読む

#134 短期間で急激に体力アップできたら、それは競技パフォーマンスにとってプラスになるのか?

    競技コーチやアスリートと接していると、短期間(数週間単位)激しいトレーニングをしたら

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑