#333 【記事紹介】錦織圭がマスターズ1000大会を欠場してまで2週間休む理由

公開日: : 最終更新日:2016/05/08 S&Cコーチとしての思考


 

Arthurashestadium

 

シーズンが長期にわたる競技(プロテニス)におけるトレーニングに対する考え方に関して、面白いネット記事を見つけたので紹介します。まずは、下記リンク先で記事を読んでみてください。

錦織圭がマスターズ1000大会を欠場してまで2週間休む理由

 

 

プロテニスにおけるS&Cの難しさ(勝手な想像)

プロテニスは一年中試合をしている印象があり、「いったい、いつトレーニングしてるんだろう?」というのが疑問でした。オフシーズンも非常に短いはずなので、そのオフシーズンの間だけにガシガシとトレーニングしたとしても、長いシーズンを戦い抜く身体を作ることは不可能です(コチラで説明したように)。

なので、シーズン中も継続してトレーニングに取り組む必要があるのは明白です。しかし、プロテニスの場合、大会中は勝ち続けている間は毎日試合があるので、大会期間中は疲労回復がメインのはずで恐らくガシガシとトレーニングはできないでしょう。

となると、大会と大会の間にトレーニングをガシガシとする期間を設けないといけないはずです。しかし、錦織圭選手のニュースを観ていると、つい最近ある大会に出場していたな〜と思ったら、もう次の大会で戦っている!という印象を持つことが多く、次から次へと大会に出場していて、その間の期間にトレーニングするのも難しいのではないかと感じていました。

もし自分がプロテニス選手のS&Cコーチになったらという観点で考えると、「強化のためのトレーニング」と「試合に向けてのコンディション調整」のバランスを取るのが難しいやっかいな競技だな〜という印象です。

 

 

記事の共感できる点

上記の記事では、錦織選手やジョコビッチ選手が2〜4週間の大会不出場期間を年間4〜6回設けて、フィジカル強化に努めているとあります。

やはり、シーズン中に数多くの大会に次から次へと出場し、大会期間中&大会と大会の間は疲労回復に努めるだけ、ということではフィットネスを維持できないという考えが背景にあるのだと思います。そして、そのような考え方をコーチやアスリートがしっかりと理解して、大会に出場せずにフィジカル強化に努める期間を定期的に設けるという決断を下しているというのは素晴らしいです!

私が担当している競技でも、シーズンが長かったり試合数が多かったりして、トレーニングをしっかりとできない時期があると、「それほど重要でない大会はキャンセルして、数週間はトレーニングをガシガシする期間を作ったほうが長期的に考えると良いのではないか?」とコーチや選手に提案することがあります。しかし、最終的に決断するのはコーチやアスリートなので、その重要性を伝えて理解してもらうためには、S&Cコーチの説明能力・プレゼンテーション能力が重要であると感じます。

 

 

記事の「?」と思った点

シーズン中に複数回のトレーニング時期を設けることを「ピリオダイゼーション(期分け)」と呼んだり、ピリオダイゼーションを「トレーニングメソッド」と紹介したりしている点は、ちょっと違和感を感じました。

ピリオダイゼーションは特別なトレーニングメソッドではなく、長期的なトレーニング計画にすぎません。

今回の記事で紹介されている錦織選手やジョコビッチ選手の例については、長期に渡るシーズンや大会スケジュール等のプロテニスの特徴を考慮して、シーズン中も定期的にトレーニング時期を設けるという戦略をとっただけであり、それをピリオダイゼーションという特別な方法を採用したみたいに書かれているのは、ニュアンスがちょっと違うかなと思います。

もちろん、ピリオダイゼーションが長期的なトレーニング計画のことを指すのであれば、長期的なことを考えて戦略を立てたんだから、ピリオダイゼーションと呼べなくもないのですが、そんな特別なことのように扱うことないんじゃないの?というのが個人的な感想です。

 

 

まとめ

目の前の試合のことだけを考えるのではなく、長期的な視点を持って戦略的に大会不出場期間兼フィジカル強化期間を設けるという考え方に共感しました。そして、その大切さをアスリートやコーチと共有できていることもステキやん!と思いました。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

JSCRの査読を完了しました。同じ論文の3度めの査読でした。最初に投稿された原稿は、やっている研究内容は面白いものの、論文としての文章であったり考察の視点等においてクオリティーが欠けていましたが、校正を繰り返してかなり良くなりました。もう一人の査読者のコメントも質が良く、私自身も勉強になりました。

でも、ここまで論文の質の向上に貢献したのに、無償っていうのはやはりどうにかならないものかと思ってしまいます・・・。

関連記事

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

no image

#31 S&Cコーチとしてのキャリアについて

突然ですが、S&Cコーチとしてご飯を食べていくのは難しいですね。そもそも、スポーツ業界で働い

記事を読む

#180 体力トレーニングと精神論:「キツい」について

    トレーニングに関する仕事をしていると、「キツい」という事について色々と考える機会があります

記事を読む

#44 体幹スタビリティの重要性をパチンコ(武器)の比喩で説明してみる

    一般的に、競技スポーツにおける体幹スタビリティの重要性はいろいろな形で説明されています。例

記事を読む

#357 「肉体改造」という表現が好きではありません

    過去のブログで編集後記として書いた文書がなかなか良かったので、ブログ記事に昇格させて

記事を読む

#242 ニーズを無視する?

    Facebook上で、「ニーズを無視する」という記事(書き込み?)を読んで、とても共

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#265 「フィットネスー疲労理論」を理解すれば、シーズン中もトレーニングを継続することの重要性が理解できる

    先日、過去のブログ記事(#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論)を手直

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#233 【S&C問答】持久力トレーニングの運動様式で「ランニング」を取り入れるべきか?

    アスリートの持久力トレーニングを計画する際は、運動強度やレップ数・セット数、運動/休

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 77今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑