#340 「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!って正しい?

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 S&Cコーチとしての思考, バイオメカニクス


 

Man 1282232 960 720

 

「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!という主張をよく耳にします。「ウエイトトレーニングをして筋力を向上させても、競技パフォーマンス向上には結びつかないよ!」というウエイトトレーニング否定論者に対する反論として、この式を持ち出すケースが多い、というのが私の印象です。

今日のブログでは、ウエイトトレーニングの有効性を正当化するために「パワー = 筋力 x スピード」という式を使うのは適切なのかどうかについて、私なりの考えを書きたいと思います。

 

 

「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する?

この問いに対する私の答えは「まー、厳密に言うと正確ではないかもしれないし、説明としてはちょっと単純すぎる気もするけど、言わんとしていることは合っている」といった感じです。

 

①厳密に言うと不正確

まず、「パワー = 筋力 x スピード」という式は、厳密に言うと不正確です。正しくは「パワー = 力 x 速度」です。「スピード(速さ)」はスカラーで「速度」はベクトルなので別物です。

ただし、それを理解した上で、「力学の話をしているのではなくトレーニングの話をしているから」という理由で、あえて「パワー = 筋力 x スピード」という表現を使っているのであれば、それは目くじらを立てて「不正確だー!」と文句を言う必要もないかな〜と思います。

 

②説明が単純すぎる

力学的な正確性を求めず、わかりやすく説明するために「パワー = 筋力 x スピード」という式を用いることはOKとしましょう。

その上で、「ウエイトトレーニングをして筋力を向上させれば、パワーを構成する筋力とスピードという2つの要素のうち、前者を大きくすることができるから、結果としてパワーも向上する!」という主張は正しいのでしょうか?

私の意見としては、そうした説明はちょっと単純すぎると思います。なぜなら、筋力はスピードに依存するからです。

筋の特性として「力ー速度関係」なるものがあります(下図参照)。力と速度、つまり筋力とスピードはそれぞれ独立した変数ではなく、一方が変われば他方も変わるのです。

スクリーンショット 2016 06 03 14 00 34

したがって、ウエイトトレーニングで最大筋力を高めれば「パワー = 筋力 x スピード」という式の右項のうち筋力が増えるから左項のパワーもそれに比例して増えるというのは、少し雑で乱暴な論理に聞こえます。実際は、もっと複雑な相互作用が存在しているのです。

 

③言わんとしていることは合っている

「パワー = 筋力 x スピード」という式を根拠に、ウエイトトレーニングで筋力を向上させればパワーも自動的に向上する、と主張するのは腑に落ちないのですが、実際には、筋力向上にフォーカスしてウエイトトレーニングを実施すれば、パワーも向上するという科学的知見があります。特に、筋力が弱いアスリートの場合は効果的です(Cormie et al. 2010)。

したがって、そういった科学的根拠があると知ったうえで、あえてアスリートやコーチに対する説明をわかりやすくするために、「パワー = 筋力 x スピード」という式を用いるのであれば、言わんとしていることは合っているので、まあOKかな〜と思います。

 

 

まとめ

いろいろなことを考えて理解した上で、あえて「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!と主張するのであれば、それはアリだと思います。ただし、上で説明したようなことを理解せずに、単純にそう主張しているのであれば、ちょっと薄っぺらいな〜と思わざるをえません。

 

2016/6/12追記:GS Performanceの加賀さんが、いろいろなことを理解した上で、パワー = 筋力 x スピード(Power = Force x Velocity)を活用する方法を説明してくれています。合わせてお読み下さい↓

P=FxVのS&C指導者としての利用方法

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

現在の読書本です↓

関連記事

#321 やっぱりウエイトトレーニングを競技の動きに近づける必要はない

    今日もMovement Fundamentalsセミナー終了しました。帰りのバスの中

記事を読む

#18 正しいエクササイズフォーム(テクニック)へのこだわり

    私、正しいフォーム(テクニック)でウエイトトレーニングのエクササイズを実施する事にこ

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#364 ウエイトトレーニング中にベルトを使うべきか?

    前々回のブログで、レッグプレス(LP)とスクワット(SQ)のトレーニング効果を比較し

記事を読む

#191 ファンクショナルトレーニングって何?

    「ファンクショナルトレーニング」という言葉を最近よく目にします。でも「ファンクショナルトレ

記事を読む

#23 流行に惑わされず、本質を見極める

    何だが小難しいタイトルをつけてしまいました。前回のブログ更新後、このブログへの訪問数

記事を読む

#55 一流アスリートがやっているトレーニング≠一流のトレーニング

    オリンピックが閉幕しました。今回は、自分がサポートに関わったり日頃から接しているアス

記事を読む

#283 速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)しないとダメ?

    「ジャンプやスプリントのような爆発的な動きにおいては速筋が大事で、サイズの原理にもと

記事を読む

#106 あえて競技特異的な(?)エクササイズを採用しないという選択

    競技特異性についてはこのブログで色々書いてきました。今日もそれに関連した議論をしたい

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑