#340 「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!って正しい?

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 S&Cコーチとしての思考, バイオメカニクス


 

Man 1282232 960 720

 

「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!という主張をよく耳にします。「ウエイトトレーニングをして筋力を向上させても、競技パフォーマンス向上には結びつかないよ!」というウエイトトレーニング否定論者に対する反論として、この式を持ち出すケースが多い、というのが私の印象です。

今日のブログでは、ウエイトトレーニングの有効性を正当化するために「パワー = 筋力 x スピード」という式を使うのは適切なのかどうかについて、私なりの考えを書きたいと思います。

 

 

「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する?

この問いに対する私の答えは「まー、厳密に言うと正確ではないかもしれないし、説明としてはちょっと単純すぎる気もするけど、言わんとしていることは合っている」といった感じです。

 

①厳密に言うと不正確

まず、「パワー = 筋力 x スピード」という式は、厳密に言うと不正確です。正しくは「パワー = 力 x 速度」です。「スピード(速さ)」はスカラーで「速度」はベクトルなので別物です。

ただし、それを理解した上で、「力学の話をしているのではなくトレーニングの話をしているから」という理由で、あえて「パワー = 筋力 x スピード」という表現を使っているのであれば、それは目くじらを立てて「不正確だー!」と文句を言う必要もないかな〜と思います。

 

②説明が単純すぎる

力学的な正確性を求めず、わかりやすく説明するために「パワー = 筋力 x スピード」という式を用いることはOKとしましょう。

その上で、「ウエイトトレーニングをして筋力を向上させれば、パワーを構成する筋力とスピードという2つの要素のうち、前者を大きくすることができるから、結果としてパワーも向上する!」という主張は正しいのでしょうか?

私の意見としては、そうした説明はちょっと単純すぎると思います。なぜなら、筋力はスピードに依存するからです。

筋の特性として「力ー速度関係」なるものがあります(下図参照)。力と速度、つまり筋力とスピードはそれぞれ独立した変数ではなく、一方が変われば他方も変わるのです。

スクリーンショット 2016 06 03 14 00 34

したがって、ウエイトトレーニングで最大筋力を高めれば「パワー = 筋力 x スピード」という式の右項のうち筋力が増えるから左項のパワーもそれに比例して増えるというのは、少し雑で乱暴な論理に聞こえます。実際は、もっと複雑な相互作用が存在しているのです。

 

③言わんとしていることは合っている

「パワー = 筋力 x スピード」という式を根拠に、ウエイトトレーニングで筋力を向上させればパワーも自動的に向上する、と主張するのは腑に落ちないのですが、実際には、筋力向上にフォーカスしてウエイトトレーニングを実施すれば、パワーも向上するという科学的知見があります。特に、筋力が弱いアスリートの場合は効果的です(Cormie et al. 2010)。

したがって、そういった科学的根拠があると知ったうえで、あえてアスリートやコーチに対する説明をわかりやすくするために、「パワー = 筋力 x スピード」という式を用いるのであれば、言わんとしていることは合っているので、まあOKかな〜と思います。

 

 

まとめ

いろいろなことを考えて理解した上で、あえて「パワー = 筋力 x スピード」だから、ウエイトトレーニングをして筋力を向上させればパワーも向上する!と主張するのであれば、それはアリだと思います。ただし、上で説明したようなことを理解せずに、単純にそう主張しているのであれば、ちょっと薄っぺらいな〜と思わざるをえません。

 

2016/6/12追記:GS Performanceの加賀さんが、いろいろなことを理解した上で、パワー = 筋力 x スピード(Power = Force x Velocity)を活用する方法を説明してくれています。合わせてお読み下さい↓

P=FxVのS&C指導者としての利用方法

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

現在の読書本です↓

関連記事

#386 トレーニングの役割・位置づけを理解するのに役立つブログ記事を紹介します

     ツイッターでもつぶやいたのですが 面白いブログ記事見つけた!【重要】専門的体力

記事を読む

#57 ドローイン vs. ブレイシング

    先日、友人と体幹の話をしていて「ドローイン(draw-in)」と「ブレイシング(braci

記事を読む

#272 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑫】S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#19 【アスリート向け】トレーニング日誌をつけるのがオススメです!

    私、トレーニングする時は必ずその内容をトレーニング日誌に書き留めています。 書く内

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#254 RFDを「力の立ち上がり速度」と呼んじゃダメ

      RFDとは?  Rate of force development (RFD

記事を読む

#326 ランジ動作では『直立型』を目指すけど、場合によっては「上体を少し前傾させろ!」と指導することもある

     前回のブログの続き・補足を書きます。   『直立型』は絶対!? まず、前回の

記事を読む

#123 トレーニングは競技のためだけにすれば良いか?

    最近担当をするようになったアスリートの胸椎モビリティ(可動性)が不足していたので、モ

記事を読む

#344 ウエイトトレーニングの時にオススメのシューズ

    ウエイトトレーニングをする時に履くべきシューズは何か?というのは、よく聞く議論です。

記事を読む

#371 アスリートの筋力の左右差をどう捉えて、ウエイトトレーニングでどうアプローチしていくか

    これまでバドミントンやフェンシングのように片側性スポーツ競技のトレーニング指導を担当

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 567今日の訪問者数:
    • 716昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑