#344 ウエイトトレーニングの時にオススメのシューズ

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Wide Footed Weightlifting Shoes

 

ウエイトトレーニングをする時に履くべきシューズは何か?というのは、よく聞く議論です。私の中では「コレを履くべき!他のシューズはダメ!」みたいな絶対的な位置づけのシューズは無いのですが、少なくともこれだけは断言できます:

ランニングシューズを履いてウエイトトレーニングをするのはオススメしないわよ!

 

 

なぜランニングシューズをオススメしないか?

理由としては、ランニングシューズの特徴である「クッション性」が挙げられます。

このクッション性は「ランニングをする」という目的のためには重要な特徴ですが、ウエイトトレーニング実施時には「足裏(足首)の不安定性」というマイナス要因に繋がってしまいます。足裏の安定性が不足していると、いくつか問題が出てきます:

  • 挙げられる重量が制限される
  • 足裏の重心位置のコントロールが難しくなる

これらの問題点は、トレーニング効果の減少につながるため、できるだけ避けたいところです。

私は普段リフティングシューズを履いてトレーニングしていますが、たまにランニングシューズを履いてスクワットをしてみると、まるでウォーターベッドの上でスクワットをしているかのような感覚になります。あるいは、大きなわらび餅の上に乗っかってスクワットをしているみたいな気持ちに・・・。

アスリートがランニングシューズを履いてスクワットやリバースランジをしているのを観察しても、やはり足首がグニョグニョしていて安定していません。レップ毎に、足の内側に重さがかかったり、外側にかかったり、つま先側にかかったり、かかと側にかかったり・・・。そして、そういうアスリートは、スクワットやリバースランジで踵重心をキープすることができず、臀筋をうまく使えないことが多いです。

 

 

じゃあどんなシューズがオススメなの?

ランニングシューズのクッション性がデメリットになるのであれば、逆に「クッション性がない」シューズがウエイトトレーニングにはオススメということになります。

 

①ウエイトリフティングシューズ

私は自分でトレーニングする時はウエイトリフティングシューズを履いています(アディダスのパワーリフトってやつです)。ウエイトリフティングシューズは、靴底が固くて潰れない素材でできているので、安定性が非常に高いです。そのため、より高重量を扱えるし、足裏の重心位置のコントロールがやりやすいです。

もう1つの特徴は、踵が高くなっていることです。踵が高いと、足首の柔軟性を補ってスクワットでより深くしゃがめたり、上体をより垂直に近くキープできたり、といった利点があります。競技としてウエイトリフティングをやるのであれば、重要な特徴です。

ただし、一般のアスリートに対して、私はスクワット等で臀筋を意識して使うようなフォームを教えるので、結果として膝はそれほど前方に移動しないため、足首の柔軟性が制限となるケースは少なく、「踵の高さ」という特徴は絶対的に必要なものではないかな〜と最近は思いつつあります。

個人的には、自分が指導するアスリートにもウエイトリフティングシューズを履いてウエイトトレーニングをするのをオススメしたいところです。しかし、ウエイトリフティングシューズは比較的値段が高く、また、なかなか一般の量販店に売っていないので、手に入れにくいというデメリットがあります(試着もできないし)。アスリートに「ウエイトリフティングシューズを履いてウエイトトレーニングやるとイイよ」と言っても、実際に買ってきた試しがありません・・・。

 

②フットサルシューズ

そこで、2番目にオススメのシューズとしてフットサルシューズがあります。フットサルシューズはクッション性が比較的少ないので、足首が安定した状態でトレーニングができます。

ウエイトリフティングシューズとは異なり、靴底の高さは比較的フラットですが、踵の高さはそれほど重要でもないかなと思うので、特に大きなデメリットになることもないでしょう。

また、なにより、ウエイトリフティングシューズと比較すると、値段も安いし一般の量販店にも置いてあるので、圧倒的に買いやすいというメリットがあります。実際に、「ウエイトリフティングシューズがオススメだよ〜!でも、値段高いしどこで買っていいかもわからないっていうなら、代わりにフットサルシューズでもイイよ〜!」と言うと、ほとんどのアスリートがフットサルシューズを選びます。ランニングシューズを履いてグニョグニョな状態でトレーニングを続けるよりは、はるかにベターな選択です。

 

③その他

私はフェンシング選手を多く指導しているのですが、フェンシングシューズもクッション性が少ないので、ウエイトトレーニングには向いています。ただし、フェンシング選手以外のアスリートがわざわざウエイトトレーニングのためにフェンシングシューズを買う必要はないでしょう。結構高いし・・・。

 

 

まとめ

ウエイトトレーニングにおいて、唯一、投資すべきグッズはシューズです。競技用のシューズとは違って、毎日使うわけではないので、すぐにダメになることはありません。一度買えば数年は使い続けることが可能です。そう考えると、一見高く思えるようなウエイトリフティングシューズも、長期的には割に合う投資だと思います。

それでも、やはり量販店に置いていないので試着をしづらいし、手に入れづらいというメリットは残ります。それに、「私、ウエイトリフティングの選手じゃないし、そんなに重い重量を挙げるわけでもないのに、ウエイトリフティングシューズなんて履いていたら恥ずかしいんじゃないかしら」と考えるアスリートもいるかもしれません。

それなら、ランニングシューズを履き続けてトレーニングをするよりも、比較的購入しやすいフットサルシューズを履いてもらったほうが、はるかに効果の高いトレーニングを行えると思います。ひとつの考え方のオプションとして、今回は紹介してみました。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日は、中村さんが外苑前にオープンしたジム「B.E.A.T」を訪問してきました。パワーラックやプラットフォームが並び、S&Cというコンセプトをベースにした本格的なトレーニング施設です。また、フォースプレートやモーションキャプチャも導入し、科学的な分析にもとづいて個人に合ったトレーニングプログラムも作成してくれます。詳しくは、また今後のブログで紹介したいと思います。

Thumb IMG 2118 1024

関連記事

#44 体幹スタビリティの重要性をパチンコ(武器)の比喩で説明してみる

    一般的に、競技スポーツにおける体幹スタビリティの重要性はいろいろな形で説明されています。例

記事を読む

#311 身体的特徴がエクササイズフォームに及ぼす影響:相対的 vs. 絶対的

    アスリートの身体的特徴はエクササイズフォームに影響を及ぼします。体型が異なれば、正し

記事を読む

#209 ウエイトトレーニングやるとパフォーマンスが低下する可能性はある?

     ウエイトトレーニングに対してネガティブな印象をお持ちのコーチやアスリートはまだまだ多いと

記事を読む

#279 前額面のパフォーマンスUPのために、まずは矢状面メインのストレングスエクササイズで筋力を上げてみる、という考え方

    前額面における動き、つまり横方向の移動能力が重要な競技は色々とあります。じゃあ、前額

記事を読む

#352 リオ五輪を観ていて、S&Cコーチとしての責任の大きさを改めて感じました

    1人のアスリートには多くの人が関わっている 普段S&Cコーチとしてトレーニ

記事を読む

#260 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑦】ストレングストレーニング時のフォームと速度

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#97 サッカー記事紹介:甲府のコンディショニングが生んだ脅威の“3パーセント”

    sportsnaviで面白い記事を見つけたので紹介します。とりあえず下記のリンク先で記事を

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#362 【論文レビュー】レッグプレスよりもスクワットのほうがジャンプパフォーマンス向上効果が高い

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Wirth et a

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 106今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑