#351 ウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です(サッカー選手の場合、話が別です)


 

20121209 PSG Juvisy Kenza Dali 04

 

今日は短めのブログを。

私は昔から、アスリートが練習前のウォームアップとしてサッカーをやるのは反対です。大反対です!フェンシング選手とかよくやるんですが・・・。

いつもどおりの決まりきったウォームアップばかりだと選手が飽きちゃうから、サッカーという遊びの要素を伴う運動をして気分転換をはかり、楽しみながら身体を暖める、という狙いが(恐らく)あるのでしょう。

でも、サッカーはケガのリスクがめちゃめちゃ高いです。あらゆる競技種目の中でもトップクラスのリスクの高さです。ちゃんとデータとして出ています:


この「ケガのリスク」というマイナス面と「楽しみながら身体を暖めることができる」というプラス面を天秤にかけてみると、どう考えても前者のほうが圧倒的に大きいと思うんです。

だからウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です。そんなことやらせているコーチは無責任だと思います。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

前回のブログで宣伝したセミナーですが、あっという間に定員が埋まった模様です。がんばって、ご期待に応えることができるような内容を用意しておきます!

関連記事

#29 ブログ紹介:体力向上+Transfer of Training Effectの例

前回のブログで、S&Cプログラムの成功(つまり競技力の向上)のためには以下の2つ

記事を読む

#191 ファンクショナルトレーニングって何?

    「ファンクショナルトレーニング」という言葉を最近よく目にします。でも「ファンクショナルトレ

記事を読む

#234 【論文レビュー】筋力トレーニング、ストレッチ、固有受容器トレーニングはケガを予防できるか?

    久しぶりの論文レビューです。各種の運動の傷害予防効果についてメタ分析をした論文を紹介

記事を読む

#352 リオ五輪を観ていて、S&Cコーチとしての責任の大きさを改めて感じました

    1人のアスリートには多くの人が関わっている 普段S&Cコーチとしてトレーニ

記事を読む

#376 Velocity Based Training(VBT)が流行っているけど、その前に正しいフォームの習得を優先したほうがいいんじゃないかしら?

      Velocity Based Training(VBT)とは? Veloci

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

    以前のブログで、スクワットにおける各筋群の動員についての論文を紹介しました。 #2

記事を読む

#239 筋トレは練習の代わりじゃない→あくまでも「補強」にすぎない

    先日、久しぶりにバスケをしました。2015年初のバスケでした。そして翌日は、全身がバ

記事を読む

#246 パフォーマンスの制限要因

    先日、スノーボードに行ってきました。私の腕前は「初級の上」くらいです(自己評価)。技

記事を読む

#66 S&Cコーチの役割 2.0

    前回のブログ記事が予想外のヒットを記録しました。思いついた事をパパっと書いただけで、

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑