#351 ウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です(サッカー選手の場合、話が別です)


 

20121209 PSG Juvisy Kenza Dali 04

 

今日は短めのブログを。

私は昔から、アスリートが練習前のウォームアップとしてサッカーをやるのは反対です。大反対です!フェンシング選手とかよくやるんですが・・・。

いつもどおりの決まりきったウォームアップばかりだと選手が飽きちゃうから、サッカーという遊びの要素を伴う運動をして気分転換をはかり、楽しみながら身体を暖める、という狙いが(恐らく)あるのでしょう。

でも、サッカーはケガのリスクがめちゃめちゃ高いです。あらゆる競技種目の中でもトップクラスのリスクの高さです。ちゃんとデータとして出ています:


この「ケガのリスク」というマイナス面と「楽しみながら身体を暖めることができる」というプラス面を天秤にかけてみると、どう考えても前者のほうが圧倒的に大きいと思うんです。

だからウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です。そんなことやらせているコーチは無責任だと思います。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

前回のブログで宣伝したセミナーですが、あっという間に定員が埋まった模様です。がんばって、ご期待に応えることができるような内容を用意しておきます!

関連記事

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#7 コアスタビリティエクササイズの分類

コアスタビリティという能力はパフォーマンス向上や傷害予防のために重要と考えられ、この能力

記事を読む

#78 FMSをやり始めて・・・

    以前のブログで、FMSを取り入れてみようと考えているというお話をしました。 その後

記事を読む

#29 ブログ紹介:体力向上+Transfer of Training Effectの例

前回のブログで、S&Cプログラムの成功(つまり競技力の向上)のためには以下の2つ

記事を読む

#336 ウエイトトレーニングを否定する運動指導者の理屈を否定してみる(バカには運動指導者は務まらない)

    バーベル等の外的な負荷を使った、いわゆるウエイトトレーニングを否定する運動指導者がい

記事を読む

#201 最近は腰の調子が良いんです♪

  2月に腰を痛めて、最初の1〜2ヶ月は日常生活さえも支障をきたすほどでしたが(寝返

記事を読む

#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する

    加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピ

記事を読む

#33 股関節前部のつまり感:Femoral Anterior Glide Syndrome

    フェンシングやバドミントンのように脚を前後に開いた状態でプレーするアスリートをトレー

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#334 スポーツにおいて効率の良い動きは大切だけど、ウエイトトレーニングでは効率の良い動きを求める必要があるのか?

    GS Performance加賀さんのツイートにインスパイアされて、ブログ記事を書い

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 78今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑