#369 オススメ書籍「High-Performance Training for Sports」の日本語版が出版されたようです

公開日: : 最終更新日:2016/11/20 継続学習(セミナー、読書、DVD、ブログ)


 

51hZQuYWzfL SX352 BO1 204 203 200

 

オススメ書籍/DVD/ウェブサイトというコーナーで紹介しているオススメ書籍の1つであるHigh-Performance Training for Sportsの日本語版「ハイパフォーマンスの科学−トップアスリートをめざすトレーニングガイド−」が出版されたようです。

 

 

 

ハイパフォーマンスの科学 ー トップアスリートをめざすトレーニングガイド ー

まず最初に白状しておきますが、私はこの日本語版を読んでいません!なので、翻訳の質についてはわかりません!

ただし、原著であるHigh-Performance Training for Sportsは持っていますし、以前からオススメ書籍として紹介もしていました(オススメ理由はオススメ書籍/DVD/ウェブサイトでチェックしてみてください)。だから、もし英語で読めるのであれば、原著を購入して読むことをオススメします。そっちのほうが安いし。

でも、もし英語で読むのに自信がないのであれば、この日本語版を購入して読んでみるのもアリだと思います。

 

 

目次

  • 第1章  運動能力の評価
  • 第2章 若年アスリートの育成
  • 第3章 動きの効率を高める
  • 第4章 コアの安定性と強化
  • 第5章 柔軟性の最適化
  • 第6章 トレーニングに対する反応のモニタリング
  • 第7章 けがをしたアスリートのリトレーニング 
  • 第8章 ウォーミングアップとクールダウンをカスタマイズする
  • 第9章 運動制御の調整
  • 第10章 爆発的なパフォーマンスのための筋力の活用
  • 第11章 筋力をスピードにうまく転換する
  • 第12章 跳躍と着地のトレーニングの最適化
  • 第13章 敏捷性(アジリティ)の向上
  • 第14章 無酸素性パワー発揮
  • 第15章 繰り返しのパフォーマンスのための持久力の獲得
  • 第16章 有酸素性能力の強化
  • 第17章 最適で効果的なクロストレーニング法
  • 第18章 パフォーマンスプログラムの計画
  • 第19章 エネルギーに特化したプログラムデザイン
  • 第20章 干渉作用の最小化
  • 第21章 チームスポーツにおける最適なプレシーズントレーニング
  • 第22章 個人競技における試合のためのピーキング
  • 第23章 シーズン中におけるコンディションの維持
  • 第24章 ハイパフォーマンススポーツにおける効果的なリカバリー 

 

 

 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

MacBook Proの旧型はまだ売っているんですね。しかも安くなっているみたいだから、そっち買おうかしら・・・。

関連記事

#3 勉強方法

自分の知識を増やすため常に勉強するように心がけています。勉強しなくなったらこの仕事終わり

記事を読む

#300 【継続学習】オススメのセミナー by 加賀さん

    GS Performanceの加賀さんが、新しいセミナーを企画されました。 htt

記事を読む

#363 解剖学の本を手元に置いておいて、ちょいちょい見るのがオススメ

    今日は短めに。     解剖学の本を手元に置いておこう! 学生の頃は解剖学を

記事を読む

#161 ストレングスエクササイズを動作パターンで分類する理由

    前回のブログでも触れましたが、韓国でセミナー講師を務めました。言葉の壁(?)もあり、セミナ

記事を読む

#84 SPORTECセミナー終了

    昨日はSPORTECというイベントでセミナー講師を務めました。「持久系アスリートに対するレ

記事を読む

#379 ブログを書くことの効果:自分の考えがクリアになる

     このブログ「S&Cつれづれ」を書き始めてから、もうすぐ6年がたちます。

記事を読む

#52 セミナー告知「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」

    「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」的な内容で今秋にセミナー講師を務める予

記事を読む

#328 Training Load Monitoringについての無料動画をご紹介!

    「Training Load Monitoring」が流行りです。日本語で言うと「ト

記事を読む

#347 【継続学習】S&Cコーチだったら、メディカル系セミナーばかり参加せず、まずはトレーニング指導の腕を磨きたいものです

    私は自分の知識・スキルUPのために、結構多くのセミナーに参加しています。 #314

記事を読む

#329 第4四半期の水曜日はかなりハードなスケジュールで自己研鑚に励みました

    私、シフト上、水曜日は基本お休みなのですが、この1月から3月までの3ヶ月間はかなりハ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 78今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑