#74 一流 vs 超一流

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考


以前のブログで一流アスリートの特徴について私の意見を書きました。

#67 一流アスリートの特徴

これは私の意見なので「ふ〜ん、そういう考え方もあるのか〜」程度に聞いてもらえればいいと思いますし、人によって色々な考えがあっていいと思います。そんな中、同業の方に勧められて読んでいる中日ドラゴンズ元監督の落合博満氏の著書「采配」で、このトピックに関連する内容があり、面白いと思ったので共有したいと思います。

 

「一流の領域までは自分一人の力でいける。でも、超一流になろうとしたら、周りに協力者が必要になる」(54ページ)

 

ちなみに一流と超一流の定義は何かという部分が気になるところですが、落合元監督によると野球の野手なら打撃タイトル(本塁打、打点、打率)を獲得すれば一流と呼ばれるとのこと。結構厳しいですね・・・。超一流の定義については明確なものは見つけられませんでしたが、一流以上というふうに考えると、複数の打撃タイトルを獲得するとか、あるいは1つの打撃タイトルを複数回獲得するとかっていうことになるのでしょうか。

私のブログでも一流アスリートの特徴の1つとして「自己プロデュース能力」を挙げました。これは、自分に足りない部分を把握して、そこを補うために周りのスタッフや仲間を巻き込む力と説明しました。落合元監督も、自分の努力によって一流になったら恵まれた環境が与えられるが、その環境をどこまで活用できるかで超一流になれるかどうかが決まるというようなことを書かれています。私の考え方と共通する部分があり、共感できるな〜と思いました。

この本には他にも「なるほど〜」と思う内容が多いです。例えば、「『心技体』ではなく『体技心』」とか。オススメです。

 

采配

 

※もし記事がお役に立てたら、facebookで「いいね」を押したりtwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです(^_^)

 

関連記事

#203 ベーシックエクササイズだけやってればいいのか?競技特異的なエクササイズをやらないでいいのか?

    月間トレーニング・ジャーナルの連載で、競技特異的なトレーニングについて記事を書きました(コ

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#7 コアスタビリティエクササイズの分類

コアスタビリティという能力はパフォーマンス向上や傷害予防のために重要と考えられ、この能力

記事を読む

#297 エクササイズ指導やプログラムデザインといったスキルも重要だけど、考え方も重要

    S&Cコーチに必要な2大スキルは「エクササイズ指導」と「プログラムデザイン」

記事を読む

#304 ラグビー五郎丸選手が出演したテレビ東京『FOOT×BRAIN』を観た感想

    テレビ東京で放送されている『FOOT×BRAIN』というサッカー番組に、ラグビーの五

記事を読む

#134 短期間で急激に体力アップできたら、それは競技パフォーマンスにとってプラスになるのか?

    競技コーチやアスリートと接していると、短期間(数週間単位)激しいトレーニングをしたら

記事を読む

#165 S&Cコーチとして客観的にS&Cトレーニングの重要性を訴えて行きたいな〜

    英語圏のS&C業界で良く耳にするスローガンに「All other things b

記事を読む

#351 ウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です(サッカー選手の場合、話が別です)

    今日は短めのブログを。 私は昔から、アスリートが練習前のウォームアップとしてサッカ

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#370 「Jump Squat」と「Squat Jump」は何が違うの?

    S&Cに関する学術論文や書籍、ネット記事等を読んでいると「Jump Squa

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 566今日の訪問者数:
    • 716昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑