#143 ジャンプ系エクササイズの呼び方

公開日: : 最終更新日:2015/10/31 S&Cコーチとしての思考


 

Medium 1803583790

 

ジャンプ系エクササイズには色々なバリエーションがありますが、それぞれのエクササイズの呼び方が人によって異なります。エクササイズの名前だけ見ても、実際にどのエクササイズを指しているのかわからないなんて事は結構あります。

エクササイズの分類方法というか名前の付け方にある程度の統一されたルールとか指針があると、S&Cコーチ間あるいはS&Cコーチと選手間のコミュニケーションがスムーズになるはずです。そこで、ジャンプ系エクササイズの分類方法についてMike Boyleが提唱しているものについて紹介したいと思います。

 

ジャンプ系エクササイズの分類

  • ジャンプ: 両足で離陸して両足で着地
  • ホップ: 片足で離陸して同じ足で着地
  • バウンド: 片足で離陸して反対の足で着地

こんな感じです。もっと細かく突き詰めると「両足で離陸して片足で着地する場合は?」とか「片足で離陸して両足で着地する場合は?」とかありますが、そこは特に見つけられませんでした・・・。

 

まとめ

まあ、必ずしもこの分類方法を使わないといけないわけではありませんが、もし自分の中でジャンプ系エクササイズの分類法が確立されていないS&Cコーチがいたらこれを採用してみるのも良いかもしれません。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#285 スポーツ特異的エクササイズとかいうダークサイドに落ちないためにはどうすればいいか?

    本ブログをお読み頂いている方には伝わっているかもしれませんが、実は私、「スポーツ動作

記事を読む

#209 ウエイトトレーニングやるとパフォーマンスが低下する可能性はある?

     ウエイトトレーニングに対してネガティブな印象をお持ちのコーチやアスリートはまだまだ多いと

記事を読む

#44 体幹スタビリティの重要性をパチンコ(武器)の比喩で説明してみる

    一般的に、競技スポーツにおける体幹スタビリティの重要性はいろいろな形で説明されています。例

記事を読む

#283 速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)しないとダメ?

    「ジャンプやスプリントのような爆発的な動きにおいては速筋が大事で、サイズの原理にもと

記事を読む

#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

    S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエク

記事を読む

#352 リオ五輪を観ていて、S&Cコーチとしての責任の大きさを改めて感じました

    1人のアスリートには多くの人が関わっている 普段S&Cコーチとしてトレーニ

記事を読む

#201 最近は腰の調子が良いんです♪

  2月に腰を痛めて、最初の1〜2ヶ月は日常生活さえも支障をきたすほどでしたが(寝返

記事を読む

#109 Twitterつぶやきまとめ

    最近Twitterでつぶやいた事をまとめます。   一般のアスリートがクリーンやスクワッ

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#29 ブログ紹介:体力向上+Transfer of Training Effectの例

前回のブログで、S&Cプログラムの成功(つまり競技力の向上)のためには以下の2つ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑