#143 ジャンプ系エクササイズの呼び方

公開日: : 最終更新日:2015/10/31 S&Cコーチとしての思考


 

Medium 1803583790

 

ジャンプ系エクササイズには色々なバリエーションがありますが、それぞれのエクササイズの呼び方が人によって異なります。エクササイズの名前だけ見ても、実際にどのエクササイズを指しているのかわからないなんて事は結構あります。

エクササイズの分類方法というか名前の付け方にある程度の統一されたルールとか指針があると、S&Cコーチ間あるいはS&Cコーチと選手間のコミュニケーションがスムーズになるはずです。そこで、ジャンプ系エクササイズの分類方法についてMike Boyleが提唱しているものについて紹介したいと思います。

 

ジャンプ系エクササイズの分類

  • ジャンプ: 両足で離陸して両足で着地
  • ホップ: 片足で離陸して同じ足で着地
  • バウンド: 片足で離陸して反対の足で着地

こんな感じです。もっと細かく突き詰めると「両足で離陸して片足で着地する場合は?」とか「片足で離陸して両足で着地する場合は?」とかありますが、そこは特に見つけられませんでした・・・。

 

まとめ

まあ、必ずしもこの分類方法を使わないといけないわけではありませんが、もし自分の中でジャンプ系エクササイズの分類法が確立されていないS&Cコーチがいたらこれを採用してみるのも良いかもしれません。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#212 「ピーキング」や「テーパリング」と「フィットネス-疲労理論」のお話

      ピーキングとテーパリング 現在、韓国の仁川でアジア大会が開催されています。このような大

記事を読む

#239 筋トレは練習の代わりじゃない→あくまでも「補強」にすぎない

    先日、久しぶりにバスケをしました。2015年初のバスケでした。そして翌日は、全身がバ

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#66 S&Cコーチの役割 2.0

    前回のブログ記事が予想外のヒットを記録しました。思いついた事をパパっと書いただけで、

記事を読む

#279 前額面のパフォーマンスUPのために、まずは矢状面メインのストレングスエクササイズで筋力を上げてみる、という考え方

    前額面における動き、つまり横方向の移動能力が重要な競技は色々とあります。じゃあ、前額

記事を読む

#18 正しいエクササイズフォーム(テクニック)へのこだわり

    私、正しいフォーム(テクニック)でウエイトトレーニングのエクササイズを実施する事にこ

記事を読む

#178 たまには自分のトレーニング動画でも・・・

    たまには自分の下手クソなパワースナッチ動画でもアップ

記事を読む

#265 「フィットネスー疲労理論」を理解すれば、シーズン中もトレーニングを継続することの重要性が理解できる

    先日、過去のブログ記事(#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論)を手直

記事を読む

#357 「肉体改造」という表現が好きではありません

    過去のブログで編集後記として書いた文書がなかなか良かったので、ブログ記事に昇格させて

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 79今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑