#143 ジャンプ系エクササイズの呼び方

公開日: : 最終更新日:2015/10/31 S&Cコーチとしての思考


 

Medium 1803583790

 

ジャンプ系エクササイズには色々なバリエーションがありますが、それぞれのエクササイズの呼び方が人によって異なります。エクササイズの名前だけ見ても、実際にどのエクササイズを指しているのかわからないなんて事は結構あります。

エクササイズの分類方法というか名前の付け方にある程度の統一されたルールとか指針があると、S&Cコーチ間あるいはS&Cコーチと選手間のコミュニケーションがスムーズになるはずです。そこで、ジャンプ系エクササイズの分類方法についてMike Boyleが提唱しているものについて紹介したいと思います。

 

ジャンプ系エクササイズの分類

  • ジャンプ: 両足で離陸して両足で着地
  • ホップ: 片足で離陸して同じ足で着地
  • バウンド: 片足で離陸して反対の足で着地

こんな感じです。もっと細かく突き詰めると「両足で離陸して片足で着地する場合は?」とか「片足で離陸して両足で着地する場合は?」とかありますが、そこは特に見つけられませんでした・・・。

 

まとめ

まあ、必ずしもこの分類方法を使わないといけないわけではありませんが、もし自分の中でジャンプ系エクササイズの分類法が確立されていないS&Cコーチがいたらこれを採用してみるのも良いかもしれません。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#333 【記事紹介】錦織圭がマスターズ1000大会を欠場してまで2週間休む理由

    シーズンが長期にわたる競技(プロテニス)におけるトレーニングに対する考え方に関して、

記事を読む

#74 一流 vs 超一流

以前のブログで一流アスリートの特徴について私の意見を書きました。 #67 一流アスリートの特徴

記事を読む

no image

#40 今日の気付き

深爪して、フックグリップでクリーンとかすると親指の痛みがハンパないんだなぁ・・・ なをき

記事を読む

#97 サッカー記事紹介:甲府のコンディショニングが生んだ脅威の“3パーセント”

    sportsnaviで面白い記事を見つけたので紹介します。とりあえず下記のリンク先で記事を

記事を読む

#273 「運動」と「トレーニング」の違い

    以前、AthleteBody.jpというサイトにレジスタンストレーニング「漸進性過負

記事を読む

#371 アスリートの筋力の左右差をどう捉えて、ウエイトトレーニングでどうアプローチしていくか

    これまでバドミントンやフェンシングのように片側性スポーツ競技のトレーニング指導を担当

記事を読む

#69 シーズンオフのトレーニングだけで1年間戦えるカラダを作る事は不可能だっ!!

    前回のブログでシーズン中のトレーニングについてお話をしました。 (試合期が長い競技

記事を読む

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#376 Velocity Based Training(VBT)が流行っているけど、その前に正しいフォームの習得を優先したほうがいいんじゃないかしら?

      Velocity Based Training(VBT)とは? Veloci

記事を読む

#242 ニーズを無視する?

    Facebook上で「ニーズを無視する」という記事(書き込み?)を読んで、とても共感

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 348今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑