#263 【アスリート向け】新しいエクササイズを導入するかどうか決断する時に、試しにやってみて「あ、これは良さそうだ!」と感じても、その自分の感覚は疑うべし

公開日: : 最終更新日:2016/12/04 S&Cコーチとしての思考, アスリート向け


 

Jeune femme sportive jogging

 

アスリートが新しいエクササイズやトレーニング方法を導入する時の判断基準についてのお話をします。

 

 

アスリートの直感は常に正しいのか?

アスリートが新しいエクササイズやトレーニング方法を導入する時、まずは試しにやってみるはずです。そして、試しにやってみた感想として「あ、なんかこのエクササイズは良さそうだな」とか「あ、この感覚は競技中のあの動作の感覚と近いから、トレーニング効果ありそうだな」と感じることがあるでしょう。

じゃあ、そのアスリートの直感は正しいのでしょうか?

私は個人的に、そのような直感は信じるべきではないと考えています。なぜなら、「エクササイズやトレーニングをやっている最中にどう感じるか」と「それを長期的に続けた場合にどのような効果があるか」はまったく別の問題だからです。

あまり良くない例ですが、たとえば、覚せい剤や麻薬を使っている人は、使用中は気持ちよくなったりHighな状態になったりしているはずです(私はやったことがないので、想像力を最大限に発揮してお話をしています)。

その直感を信じるならば、覚せい剤や麻薬はカラダに良いものという判断を下すことになります。しかし、それらを長期的に続けた場合、カラダに良いどころかカダラも心も蝕まれてしまうのは、皆さんご承知のとおりです。

 

 

運動 vs. トレーニング

アスリートではなく、一般の人がカラダを動かして汗をかいてその一瞬を楽しむために何かしらのエクササイズをやるのであれば、「あ、このエクササイズ楽しいな」とか「これは自分に合っているな」といった直感をもとに、実施するエクササイズの選択をするのはアリだと思います。

この場合、一般の人がやっているのはトレーニングではなく「運動」であり、カラダを動かすこと自体が目的なので、それでいいんです。

一方、アスリートがやるのは運動ではなく「トレーニング」です。

トレーニングの場合、カラダを動かすことは目的ではなく手段です。あくまでも目的は長期的に体力を向上させることであって、そのために必要なエクササイズを選択する必要があるのです。そして、長期的なトレーニング効果を、エクササイズをちょっと試しにやってみた時に感じた感覚をもとにして推測するのはほぼ不可能です。だから、直感は信じないほうがいいです。

※ちなみに「運動」と「トレーニング」というコンセプトはコチラの外部サイトに書いた寄稿記事でも説明しているので、読んでみてください。

 

 

まとめ

アスリートは自分の直感をあまり信じ過ぎないほうが良いですよ、というのが私の主張です。なんとなくこのエクササイズは効果がありそうだな、という自分の感覚を信じすぎてしまうと、悪い人に騙されて、わけのわからないファンクショナル◯◯とかいうものに引っかかってしまい、長期的に見ると自分のカラダが蝕まれてしまう可能性があります。

じゃあ、どうやって特定のエクササイズのトレーニング効果を判断すれば良いのか?それは、できるだけ科学的根拠を集めたうえで、それを利用してその時点でできるベストな判断をするということだと思います。もちろん、科学でこの世の全てがわかっているわけではないですが、自分の直感に頼ってしまうよりもはるかにマシな選択はできるはずです。

ただし、一般のアスリートがそこまで自分でやるのは難しいと思うので、そこは専門家であるトレーニング指導者に任せたほうがよいでしょう(問題なのは、専門家のはずのトレーニング指導者の中にも、科学的根拠を重視せずに直感だけで指導しちゃう悪い人達がいることなんですが・・・)。

将棋の羽生善治さんは著書の『決断力』の中で、「経験や知識にもとづいた直感は正しいことが多い」といった主旨の事をおっしゃっています。この考え方はスゴイ興味深いですし、あれだけの実績のある人が言っているので、そうなんだろうな〜と私も思います。しかし、ことエクササイズ選択に関しては、これは当てはまらないです。知識と経験にもとづいた私の直感です。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今月発売のコーチングクリニックに私の書いた記事が掲載される予定です。発売されたら、詳細をこのブログで宣伝したいと思います。お楽しみに!

関連記事

#336 ウエイトトレーニングを否定する運動指導者の理屈を否定してみる(バカには運動指導者は務まらない)

    バーベル等の外的な負荷を使った、いわゆるウエイトトレーニングを否定する運動指導者がい

記事を読む

#343 トレーニング指導に科学的根拠(エビデンス)を求めるのは、「選手にラクをさせたいから」ではなく「どうせキツいことをやらせるなら、効果があることをやらせてあげたいから」なんだな〜

    今日は短めに。 東大の石井直方先生の「筋肉の科学」を読んでいて、「『楽をしたら強く

記事を読む

#315 「トレーニングは補強にすぎない」という言葉を掘り下げてみる

     「トレーニングは補強にすぎない」 これはS&Cコーチとして、私が常に

記事を読む

#117 ボックスジャンプ世界記録!?

    ボックスジャンプは着地衝撃による筋や関節へのダメージを最小限におさえつつ、ジャンプ動作をト

記事を読む

no image

#67 一流アスリートの特徴

先日、とあるセミナーで講師・シンポジストを務めました。質疑応答の時間に「オリンピックでメダルを獲得す

記事を読む

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#81 【再考】トレーニングにおける特異性の原則

    前回のブログで、「疲労した状態でスピードやパワーを発揮する能力」を鍛えるために、疲労

記事を読む

#362 【論文レビュー】レッグプレスよりもスクワットのほうがジャンプパフォーマンス向上効果が高い

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Wirth et a

記事を読む

#373 【アスリート向け】なぜトレーニングをやるの?

    前回のブログで宣言したとおり、今回は【アスリート向け】に記事を書いてみます。テーマは

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 202今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑