#283 速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)しないとダメ?

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考, プログラムデザイン


 

Fitness 818722 640

 

「ジャンプやスプリントのような爆発的な動きにおいては速筋が大事で、サイズの原理にもとづいて考えると、速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)まで追い込まないといけない」と言う人がいるらしいです。

でも、速筋線維を動員するためにオールアウトが必要ということになると、そもそもジャンプやスプリントにおいてはオールアウト状態にならないから速筋線維を動員していないんじゃないか、それなら速筋線維は重要ではないのではないか、という議論になり、矛盾が生じてしまいます。

実際にオールアウトまで追い込むのが速筋を鍛えるのに効果があるかどうかというのは別の議論になりますが、少なくともオールアウトまで追い込むことを正当化する理由付けとしてサイズの原理にもとづいて考えると、速筋線維を鍛えるにはオールアウト(training to failure)まで追い込まないといけない」というのは理屈が通らないのではないでしょうか?

今日のブログは短めにつぶやいてみました。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

Journal of Strength and Conditioning Researchに投稿された論文の査読が2つ溜まっていて、とりあえず1つやっつけました。全体的なクオリティーが低い論文だったので、あまり詳細なコメントはせずにザックリとしたコメントだけ書いて「reject」とさせて頂きました。やはり効率を考えると、acceptの可能性のない論文に対して時間をかけてコメントをするわけにはいかず、revisionをすればacceptできるクオリティーの論文を査読する時だけ、細かいコメントを提供するようにしています。

関連記事

no image

#8 電子書籍の紹介「5/3/1 2nd edition」Jim Wendler著

最近Jim Wendlerの電子書籍「5/3/1: The Simplest and Most Ef

記事を読む

no image

#53 エリートアスリート≠エリートコーチ、そして・・・

エリートアスリートが必ずしもエリートコーチになるとは限りません。逆に、世の中には選手として成功してい

記事を読む

#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論

  前回のブログの続きです。今回は「超回復理論」と「フィットネスー疲労理論」について考えます。長文で

記事を読む

#265 「フィットネスー疲労理論」を理解すれば、シーズン中もトレーニングを継続することの重要性が理解できる

    先日、過去のブログ記事(#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論)を手直

記事を読む

no image

#28 そもそもトレーニングは必要?

前回のブログで、深くスクワットする事に対して「競技中はそんなに深くしゃがむ事はないのに、何でトレーニ

記事を読む

#44 体幹スタビリティの重要性をパチンコ(武器)の比喩で説明してみる

    一般的に、競技スポーツにおける体幹スタビリティの重要性はいろいろな形で説明されています。例

記事を読む

#57 ドローイン vs. ブレイシング

    先日、友人と体幹の話をしていて「ドローイン(draw-in)」と「ブレイシング(braci

記事を読む

#170 ウエイトリフティング関連エクササイズでキャッチまでやる利点?

    前回のブログで、ウエイトリフティング関連エクササイズにおけるキャッチの有無について軽く触れ

記事を読む

#176 コーチやアスリートの本当の要望を聞き出すカウンセリング能力

    S&Cコーチとして、アスリートやコーチの意見や要望を聞くのは重要です。それを無視し

記事を読む

#279 前額面のパフォーマンスUPのために、まずは矢状面メインのストレングスエクササイズで筋力を上げてみる、という考え方

    前額面における動き、つまり横方向の移動能力が重要な競技は色々とあります。じゃあ、前額

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 448今日の訪問者数:
    • 755昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑