#294 【論文レビュー(私の修士研究)】ハングパワークリーンを30〜90% 1RMの負荷でやった時のパワー発揮とPmax Load

公開日: : 最終更新日:2015/10/04 論文レビュー


 

6376750563 a99c8f43b9

 

私がオーストラリアの大学院博士課程に留学していた時にやった研究については、過去に紹介しました。

これらの過去ブログ記事を最近手直ししてTwitterで呟いたのですが、「そういえばアメリカの大学院修士課程に留学していた時にやった研究については紹介してなかったな〜」と思ったので、今回は私の修士研究についてお話をしたいと思います。

 

 

論文の内容

Kawamori et al. (2005) Influence of different relative intensities on power output during the hang power clean: identification of the optimal load. J Strength Cond Res 19(3):698-708

 

研究の背景

爆発的パワー能力を向上するには、力学的にパワー発揮を最大にする負荷(Pmax Load)でトレーニングするのがベストだ、という考え方があります。そして、一般的にPmax Loadは最大筋力の30%の負荷に相当すると言われています。

一方で、爆発的パワー向上の手段として、ウエイトリフティング関連エクササイズ(「WLエクササイズ」と略します)が有効であると考えられており、多くのアスリート(ウエイトリフター以外)が実施しているという事実もあります。しかし、WLエクササイズを爆発的パワー向上のために実施する時に、一般的にPmax Loadであると言われている30% 1RMという極端に軽い負荷を用いてトレーニングしているアスリートはほとんどいないでしょう。一般的には、70-90% 1RM程度の重い負荷を用いているはずです。

ここで私の頭の中に疑問が浮かびました。「WLエクササイズにおけるPmax Loadは30% 1RMなんだろうか?もっと重いんじゃないのか?」という疑問です。この疑問が、そのまま私の修士研究におけるresearch question(研究課題)となり、それを調べてみることにしたのです。

 

研究プロトコル

私の修士研究においては、WLエクササイズの1つであるハングパワークリーン(「ハングPC」と略します)を取り上げて、そのPmax Loadを調べることにしました。ハングPCを採用した理由は2つあります:

  • 多くのアスリートが実施している最もポピュラーなWLエクササイズである
  • フォースプレートを用いてパワー発揮を計算しやすい

1つ目の理由は、そのままです。おそらく、一般のアスリートの多くが最初に覚えるWLエクササイズがハングPCであると思います。また、2つ目の理由はパワー計算の技術的な問題です。フォースプレートの上に立った状態で実施できるハングPCは、床から開始するPCよりもパワー計算という点で扱いやすかったのです。

で、被験者にフォースプレートの上でハングPCを1RMの30, 40, 50, 60, 70, 80, 90%の重さで実施してもらって床反力を測定し、そこからパワーを計算しました。

 

結果

ハングPCにおけるPmax Loadは70% 1RMでした。ただし、統計学的には他の負荷と有意差はそれほど見られませんでした。

NewImage

 

考察

この研究結果から言えるのは、主に以下の2点です:

  • Pmax Loadはエクササイズによって異なる
  • WLエクササイズの1つであるハングPCにおけるPmax Load(70% 1RM)は、昔から主張されている30% 1RMよりもかなり重い

「血と汗と涙を流した2年間の修士課程の集大成である本研究から言えるのがたったそれだけの事なのか?」と思うと少し悲しい気もしないではないですが、しょせん1つの研究が解き明かせるのはその程度のことでしかありません。それがたくさん積み重なって初めて「科学的知見」として意味が出てくるのだと思います。1つの研究でアレもコレも解き明かしてやろうと欲しがり過ぎてしまうと、結局何も解き明かせなかった、というのがよくある失敗パターンです。

ただし、おそらくWLエクササイズにおけるPmax Loadを調べるという観点で研究をやったのは私が世界で初だと思いますし、この論文がきっかけで、その後にさまざまなWLエクササイズにおけるPmax Loadを調べる研究の数が増えてきたという点は、誇りに思えるところです。

 

 

まとめ

Pmax Loadでのトレーニングが爆発的パワーを向上するのにベストな方法なのか?というと、ハッキリ「そうだ!」と断定できない部分はありますが、少なくとも爆発的パワーエクササイズを実施する時には、Pmax Load付近の負荷を使うのが良さそうだというデータは存在します。その一方で、Pmax Loadが1RMの何%に相当するのかは、エクササイズの種類によっても大きく異なります(参考文献)。したがって、それぞれのエクササイズのPmax Loadを把握したうえで、その負荷を使用して爆発的パワートレーニングを実施するのが重要になってきます。

私の修士研究の結果から考えると、爆発的パワー向上の目的でハングPCを実施するのであれば、70% 1RM前後の負荷を中心にトレーニングをするのが適切であると推測ができます。ただし、70%を少しでも外れるとパワー発揮が大きく低下するのかというと、そういうわけでもないので、実際に使用する負荷には幅を持たせても良いでしょう(例:60-80% 1RM)。

この辺のトピックは、先日実施した「爆発的パワー向上の科学的基礎」というセミナーでもお話をしました。修士研究でこのような内容の研究を実施したことと、そのためにこの分野の過去の論文を死ぬほど読みまくったことが、5時間も話し続けることに役立ちました(笑)

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

先日、座学と実技のセミナー(勉強会)を実施しました。これも合計で5時間という長丁場だったのですが、やはり実技をはさんだほうが時間の流れが早いですね。しゃべるだけで5時間はやっぱりしんどいです・・・。

関連記事

#131 【論文レビュー】飛行機移動がパフォーマンスに与える悪影響を抑える9つの方法

    私がトレーニングサポートに携わるアスリート達は、海外での試合に参加するために飛行機移

記事を読む

#303 【論文レビュー】腹腔内圧を高めるのに有効なのはどっち? ドローイン vs. ブレイシング

    ウエイトトレーニングをする時にお腹周りをどのように固めて安定させるのか、という議論が

記事を読む

#162 【論文レビュー】クウォータースクワットvs.パラレルスクワット:活動後増強(post-activation potentiation)

     PAPって何よ? Post-activation potentiation(PAP)とい

記事を読む

#77 【論文レビュー】レジスタンストレーニングは持久系種目のラストスパートを向上させる?

    最近はSPORTEC 2012でのプレゼン(詳しくはコチラ)に向けて、持久系アスリートに対

記事を読む

#368 【論文レビュー】「筋肥大期」的な量の多いウエイトトレーニングを実施すると一時的にRFDが低下する

    中・長期のトレーニング計画を立てるうえで、おさえておいたほうが良いと思われる科学的知

記事を読む

#261 【論文レビュー】リフティングストラップを使うとクリーンプルのパフォーマンスがUPするか?

    デッドリフトやクイックリフト等のエクササイズ実施時には、握力を補うためにリフティング

記事を読む

#139 【高強度インターバルトレーニング】必読のレビュー論文←無料ダウンロード可能!!

    高強度インターバルトレーニングは比較的短時間でエネル

記事を読む

#354 学術論文を批評的に読むということ②

    前回のブログでは、「学術論文を批評的に読む」というプロセスを実践している動画を紹介し

記事を読む

#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンスに与える影響

    表題の疑問について調べた研究をThe Journal of Strength and

記事を読む

#353 学術論文を批評的に読むということ①

    3週間のリオ出張から帰国後、ドッと疲れが出て体調を崩し、1週間ほど寝込んでいました。

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 839今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑