#303 【論文レビュー】腹腔内圧を高めるのに有効なのはどっち? ドローイン vs. ブレイシング


 

NewImage

 

ウエイトトレーニングをする時にお腹周りをどのように固めて安定させるのか、という議論があります。主に、「ドローイン」と「ブレイシング」という2つの手法が提唱されていますが、私は後者の「ブレイシング」をアスリートに指導しています。ウエイトトレーニング時に「ドローイン」をやらせるなんてバカバカしいし、危険だから絶対やらせるつもりはありません!

その理由については本ブログで説明済みなので、そちらを読んでみてください。

また、私のブログではなく外部のブログ記事ですが、コチラコチラも参考になるので、合わせて読んでみてください。

そもそもウエイトトレーニング中に「ドローインしろ!」なんて言っちゃってる人は、自分でトレーニングしたことないんでしょうね。本当にバカバカしいです。下のビデオでも見てください(特に0:23から&1:25から)。お腹を凹ませているのが見えますか?

 

これ以上、「ウエイトトレーニング時にはドローインよりブレイシングを使うべき」ということを説明する必要もないとは思うのですが、ダメ押しをするつもりで最新の科学的知見も紹介してみます。

 

論文の内容

Tayashiki et al. (in press) Intra-abdominal Pressure and Trunk Muscular Activities during Abdominal Bracing and Hollowing. Int J Sports Med 

 

研究の背景

脊柱の安定性を高めるには腹腔内圧を高めることが重要です。そこで、ドローイン(この研究ではhollowingと呼んでいますが、基本的には同じことです)とブレイシングのどちらの戦略のほうが、腹腔内圧を高めるのに有効なのかを調べました。

 

研究プロトコル

被験者は、仰向けに寝て膝を立てた状態で、ドローインとブレイシングを最大限の努力で実施しました。その時の腹腔内圧(IAP;  intra-abdominal pressure)を、直腸に測定装置を挿入して、測定しました。ちなみに、腹腔内圧の測定(数値の読み取り)は、息を吐き切ったところで息を止めた状態で実施されました。さらにちなみに、この研究ではドローインとブレイシングを比較する時の指標として、安静時の腹腔内圧とドローインまたはブレイシング実施時の腹腔内圧の差(ΔIAP)の最大値(ΔIAPmax)を使用しました。

 

結果

ΔIAPmaxはブレイシング(116.4±15.0mmHg)のほうがドローイン(9.9±4.5mmHg)よりも有意に大きいことがわかりました(P=0.018)。

NewImage

  

考察

やっぱりドローインなんかよりブレイシングのほうが腹腔内圧を高めるのに圧倒的に効果があるということが確かめられたということです。

まー、「スクワットやデッドリフト等のエクササイズは立位で実施されるので、仰向け状態で腹腔内圧を測定した本研究の結果をそのまま当てはめることはできない!」とか、「本研究では腹腔内圧を調べたにすぎず、脊柱の安定性を直接調べたわけではないから、この結果をもってドローインよりブレイシングのほうが脊柱を安定させる効果が高いとは言えない!」とかいうイチャモンをつけようと思えばつけられないこともないですが、私から言えばそれはイチャモンに過ぎません。

上のグラフを見てもわかるように、これだけ圧倒的な差を見せつけられてしまうと、姿勢の問題とか、腹腔内圧は必ずしも脊柱の安定性とイコールではない、とかいう事を持ちだされても、それは屁理屈としか思えないのです。だったらドローインの方が優れているっていう科学的データを見せてほしいものです。

 

 

まとめ

まともな考え方の持ち主であれば、「重いバーベルを担いでスクワット等をする時にドローインするなんてバカバカしい!」ってことは少し想像力を働かせればすぐに分かると思います。わざわざ科学的知見なんて持ち出すのは大人げないとも思ったのですが、そもそも私は大人げない人間なので、紹介してみました。ウエイトトレーニング中はドローインなんてやめましょう。腰を痛めますよ!

ちなみに、医療関係者が腰痛のリハビリのためにドローインをエクササイズとして実施させる、というのであれば私は何も言うつもりはありません(それがイイと言うつもりもありませんが)。あくまでも私が反対しているのは、「リハビリエクササイズとしてのドローイン」ではなく、「ウエイトトレーニング中に脊柱の安定性を高めるためのアプローチとしてのドローイン」です。その違いは理解しておいて下さい。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

12月に実施予定のセミナーが早くも満員になりました。5時間の座学なのに・・・。定員が87名なのに・・・。

関連記事

#151 【論文レビュー】ストレングストレーニングがラン&自転車の持久力パフォーマンスを向上する

    持久系アスリートがストレングストレーニングを導入しているケースはまだまだ少ないと思わ

記事を読む

#205 「Nutrient Timing」コンセプト再考:科学的知見やらエビデンスやらの活用方法についても少し考えてみた

    アメリカ留学時(2002~2004年)の恩師 Dr. Greg Haffの研究テーマの1つ

記事を読む

#33 股関節前部のつまり感:Femoral Anterior Glide Syndrome

    フェンシングやバドミントンのように脚を前後に開いた状態でプレーするアスリートをトレー

記事を読む

#162 【論文レビュー】クウォータースクワットvs.パラレルスクワット:活動後増強(post-activation potentiation)

     PAPって何よ? Post-activation potentiation(PAP)とい

記事を読む

#354 学術論文を批評的に読むということ②

    前回のブログでは、「学術論文を批評的に読む」というプロセスを実践している動画を紹介し

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

#294 【論文レビュー(私の修士研究)】ハングパワークリーンを30〜90% 1RMの負荷でやった時のパワー発揮とPmax Load

    私がオーストラリアの大学院博士課程に留学していた時にやった研究については、過去に紹介

記事を読む

#281 「効率の良い動きを鍛える」って何?ファンクショ◯ルって何?

    なをきのつぶやき 最近ファンクショナ◯がどーのこーの言っている人たちが、「筋トレだ

記事を読む

#16 【論文レビュー】ハムストリング肉離れのリスク因子

私事ですが、2ヶ月ほど前にバスケットボールをプレー中にハムストリングを肉離れしました。幸

記事を読む

#337 【論文レビュー】プレシーズンの練習やトレーニングを欠席せずにしっかり参加しておくと、シーズン中の傷害予防に繋がる!

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Windt et a

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑