#331 筋トレして筋肉が太くなったり筋力UPしたりすると、競技の動きが固くなる?

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Nastia Liukin Nationals

 

筋トレに対してネガティブな印象を持っているアスリートやコーチは未だにいます。その理由はさまざまでしょうが、1つの理由として「競技中の動きが固くなる」という(間違った)考えがあります。

 

筋トレすると動きが固くなる?

「筋トレすると競技中の動きが固くなる」という恐れから、筋トレを避けたり、あまり積極的に取り組まなかったりするアスリートは、そもそも「柔らかい動き」が持ち味の場合が多いです。

「筋トレして筋肉が太くなったり筋力がUPしたりすると、その持ち味が失われるのでは?」とか「私の持ち味は筋力を使わない『柔らかい動き』なんだから、筋トレなんかする必要はない!」という間違った考えが根底にあるのだと思います。もったいないし、残念なことです。

 

①筋トレをしても柔軟性は失われない!

まず、筋トレをしたからといって、柔軟性が失われることはありません。たしかに、可動域を制限した筋トレばかりしていれば柔軟性が失われる可能性はあります。しかし、可動域を大きく使った筋トレをすれば、柔軟性が失われるどころか改善させることができます。

 

②筋トレをしても柔らかい動きは失われない!

筋トレで柔軟性は失われなくても、筋力がUPすることによって余計な力が入って、動き自体の柔らかさが失われるのでは?と考える人もいますが、そんなことはありません。

もし、筋トレをして筋力UPすると自動的に動きの柔らかさが失われてしまうのであれば、ウエイトリフターやボディビルダーは普通に歩くときもガチガチに力が入って、ぎこちない動きで歩くことになってしまいます。実際にそんなことないのはあきらかです。

筋トレをして筋力UPしたうえで、力みのない「柔らかい動き」をすれば良いだけです。筋力が強いと「柔らかい動き」ができないなんてことはありません。

#64 力みのないフォームが良い≠筋力は必要ない

 

③むしろ動きの幅が広がるはず!

筋トレをしたからといって、それまでの「柔らかい動き」が失われるわけはなく、その一方で、それまで筋力不足のため実施できなかった「パワフルな動き」もできるようになる可能性があるので、結果として動きの幅(あるいは動きの選択肢)は広がるはずです。

 

④傷害リスクの低減につながる!

また、「動きの幅が広がると、逆にどの動きを選択して良いのか迷ってしまって、パフォーマンスが下がる」と心配されるのであれば、競技中はこれまでどおりの「柔らかい動き」のみを使えば良いのです。別に「パワフルな動き」ができる能力を手に入れたからといって、それを使わないといけないなんてことはありません。

せっかく筋トレをして筋力UPをしたのに、競技中は「パワフルな動き」を使わないという選択をあえてするのであれば、そもそも筋トレをする意味がないと思われるかもしれません。しかし、筋トレをすれば傷害リスクを低減させることは可能なので、筋トレ前と変わらない「柔らかい動き」のみを競技中に使うとしても、筋トレの効果は決して無駄にはなりません。

#234 【論文レビュー】筋力トレーニング、ストレッチ、固有受容器トレーニングはケガを予防できるか?

 

 

まとめ

「筋トレをすると動きが固くなる」と考えているアスリートやコーチがいたら勿体ないです。そんなことないんだから、怖がらずに積極的に筋トレをして、その恩恵を受けて欲しいものです。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

フェンシングの世界ジュニア選手権で、男子フルーレ団体で日本が金メダルを獲得しました!せっかくの快挙なので、暗いニュースばかりじゃなくてこういう明るいニュースももっと取り上げてほしいものです。

 

関連記事

#47 筋肉を付けると身体が固くなる? シリーズ第二弾

ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど、体操選手はムキム

記事を読む

#364 ウエイトトレーニング中にベルトを使うべきか?

    前々回のブログで、レッグプレス(LP)とスクワット(SQ)のトレーニング効果を比較し

記事を読む

#118 ブログ紹介:パワーを最大限に高めるために

    今日は非常に素晴らしいブログを紹介します。 http://bretcontreras.co

記事を読む

no image

#53 エリートアスリート≠エリートコーチ、そして・・・

エリートアスリートが必ずしもエリートコーチになるとは限りません。逆に、世の中には選手として成功してい

記事を読む

#248 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載③】体幹トレーニング

     月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズ

記事を読む

#245 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載②】レジスタンスエクササイズ中の可動域

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

#134 短期間で急激に体力アップできたら、それは競技パフォーマンスにとってプラスになるのか?

    競技コーチやアスリートと接していると、短期間(数週間単位)激しいトレーニングをしたら

記事を読む

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

#165 S&Cコーチとして客観的にS&Cトレーニングの重要性を訴えて行きたいな〜

    英語圏のS&C業界で良く耳にするスローガンに「All other things b

記事を読む

#272 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載⑫】S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時

    月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズの

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 841今日の訪問者数:
    • 938昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑