#335 【ポッドキャスト紹介】”Periodization in Strength & Conditioning” with Greg Haff PhD

公開日: : プログラムデザイン, 宣伝


 

2743534799 e1c988d6be b

 

無料で聞けるオススメのポッドキャストを紹介します。

“Periodization in Strength & Conditioning” with Greg Haff PhD

 

Dr. Haffは私がアメリカの大学院修士課程に留学していた時の恩師です。今はオーストラリアにいます。ペリオダイゼーションについては、Tudor Bompaと共著で本を書いたり、Mike Stoneから学んだりしていて、エキスパートと呼んでも過言ではないでしょう。

ポッドキャストの中では、机上の空論のペリオダイゼーションではなく、実際のシチュエーションも加味したうえでどのように活用したら良いのかについて、いろいろなお話をされています。

もちろん、すべて英語です。音質もあまり良くないです。しかし、Dr. Haffは比較的キレイな発音の英語を話すので、聞き取りやすいと思います。 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

そろそろリオ五輪の出場選手が決定しだしていますね。ということは、オリンピアンのトレーニングの様子がメディアで紹介され始める時期でもあるということです。そして、オリンピアンがやっているからという理由だけで、クソみたいなトレーニングが良いトレーニングと勘違いされてしまう悲しい事件が増える時期でもあります。

関連記事

#154 高強度インターバルトレーニングの運動強度を規定する方法(個人の能力差を考慮に入れる)

    前回のブログに続き、職場内の勉強会でプレゼンした内容の一部を再利用してブログを書きます。

記事を読む

#63 やっぱりトレーニング初心者に高レップ数はNO!

    以前のブログでトレーニング初心者に高レップ数を実施させるのはよろしくないという主張を

記事を読む

#291 多関節エクササイズ中心にトレーニングするのが原則だけど、別に単関節エクササイズをやっちゃダメと言ってるわけじゃないんだから♡

    最近はブログ閲覧数も増えてきて、たくさんの人に読まれているプレッシャーが無意識にあり

記事を読む

#184 【宣伝】インタビュー記事が雑誌IRONMANに載りました

     先日お受けしたインタビューの記事がIRONMAN2014年4月号に掲載されています。見開き

記事を読む

#210 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第7回「ストレングストレーニング時のフォームと速度について」

    連載の第7回が、月間トレーニング・ジャーナルの10月号に掲載されています。今回のテーマは「

記事を読む

#346 スポーツ科学界の専門家トップ100に選ばれた!?

    Science for Sportというサイトで「Top 100 Experts i

記事を読む

#264 【宣伝】コーチング・クリニック6月号「特異的なエクササイズは効果的か?」

    コーチング・クリニック最新号に、私の書いた記事が掲載されています。 S&C

記事を読む

#147 フェンシング選手におけるS&Cトレーニングのプログラムデザイン

    というタイトルで私が書いた記事がNSCAジャパン機関誌の8-9月号に載っています。2号続け

記事を読む

#91 『高重量✕低レップ』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑥

    まだまだ続きます。   第6条「高重量✕低レップ」 持久系アスリートだからとい

記事を読む

#119 腕立て伏せ vs. ベンチプレス

    今日は短いブログを書きます。   腕立て伏せ vs. ベンチプレス レジスタンストレーニン

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 77今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑