#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも


 

Kettle bell 592905 960 720

 

S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全に「予防」することなんてできないんだから、そんな大風呂敷を広げずに「傷害リスクの低減」と言っておいたほうがいいんじゃない?という主旨のブログを以前に書きました。

#166 S&Cプログラムの目的あるいは効果について、考え直してみる

 

「予防します!」と言っておいてアスリートがケガしたら色々と問題になりそうなので、「物事を正確に伝える」という意味では私の主張は正しいと思うし、「物事を過大に誇張しないオレって誠実やん!」とも思うのですが、競技コーチやアスリートに対するアピールとしては弱くなってしまうな〜と感じていました。

でも最近、S&Cコーチの役割を誇張せずに正確に伝えつつ、アピール力もUPさせる宣伝文句を思いつきました。それが「ケガをしづらい身体をつくる」ということです。

これなら「ちょっと誇張し過ぎかな・・・」なんて後ろめたい気持ちにならずに、事実なんだから堂々と主張できます!それに、「傷害リスクの低減」なんて小難しい言い方よりもアピール力もあります!

#234 【論文レビュー】筋力トレーニング、ストレッチ、固有受容器トレーニングはケガを予防できるか?

 

というわけで、今後は「ケガをしづらい身体をつくる」という宣伝文句を使って行こうと思います!

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

 今日からiPhoneでもモバイルSuicaが使えるようになったみたいです。でも私のiPhoneは6Sなんで、まだ使えません。いつiPhone 7に変えようかしら・・・。

関連記事

#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?

    アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにあり

記事を読む

#178 たまには自分のトレーニング動画でも・・・

    たまには自分の下手クソなパワースナッチ動画でもアップ

記事を読む

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

#234 【論文レビュー】筋力トレーニング、ストレッチ、固有受容器トレーニングはケガを予防できるか?

    久しぶりの論文レビューです。各種の運動の傷害予防効果についてメタ分析をした論文を紹介

記事を読む

#307 1RM Tableが必ずしも全てのエクササイズに当てはまらない理由の1つ:エクササイズの特性(自体重が負荷に含まれるか否か)

    S&C関連のテキストや書籍の多くに1RM Tableなるものが掲載してありま

記事を読む

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#316 ファンクショナルトレーニングの原則!?

    今回は、ファンクショナルトレーニングの5大原則、というネット記事を見つけたので、それ

記事を読む

#30 【論文レビュー】肩のエクササイズ ”エンプティーカンvsフルカン”

    「エンプティカンエクササイズ」(右の写真)は肩のリハビリまたは障害予防エクササイズとして、

記事を読む

no image

#32 (フル)クリーン始めました

冷やし中華始めました的なタイトルですが・・・。スナッチもクリーンもこれまで基本的にパワーポジションで

記事を読む

#118 ブログ紹介:パワーを最大限に高めるために

    今日は非常に素晴らしいブログを紹介します。 http://bretcontreras.co

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 78今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑