#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも


 

Kettle bell 592905 960 720

 

S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全に「予防」することなんてできないんだから、そんな大風呂敷を広げずに「傷害リスクの低減」と言っておいたほうがいいんじゃない?という主旨のブログを以前に書きました。

#166 S&Cプログラムの目的あるいは効果について、考え直してみる

 

「予防します!」と言っておいてアスリートがケガしたら色々と問題になりそうなので、「物事を正確に伝える」という意味では私の主張は正しいと思うし、「物事を過大に誇張しないオレって誠実やん!」とも思うのですが、競技コーチやアスリートに対するアピールとしては弱くなってしまうな〜と感じていました。

でも最近、S&Cコーチの役割を誇張せずに正確に伝えつつ、アピール力もUPさせる宣伝文句を思いつきました。それが「ケガをしづらい身体をつくる」ということです。

これなら「ちょっと誇張し過ぎかな・・・」なんて後ろめたい気持ちにならずに、事実なんだから堂々と主張できます!それに、「傷害リスクの低減」なんて小難しい言い方よりもアピール力もあります!

#234 【論文レビュー】筋力トレーニング、ストレッチ、固有受容器トレーニングはケガを予防できるか?

 

というわけで、今後は「ケガをしづらい身体をつくる」という宣伝文句を使って行こうと思います!

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

 今日からiPhoneでもモバイルSuicaが使えるようになったみたいです。でも私のiPhoneは6Sなんで、まだ使えません。いつiPhone 7に変えようかしら・・・。

関連記事

#277 【アスリート向け】筋肉痛はトレーニング効果と比例しない

    筋トレには筋肉痛がつきものです。筋トレをやったら必ず筋肉痛になると言っているわけでは

記事を読む

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#249 S&Cコーチの能力を評価するのが難しい理由

     S&Cコーチの能力を評価するのは難しいです。特に、S&Cの専門家で

記事を読む

#351 ウォームアップとしてサッカーをやるのは大反対です(サッカー選手の場合、話が別です)

    今日は短めのブログを。 私は昔から、アスリートが練習前のウォームアップとしてサッカ

記事を読む

#125 ハムストリングが硬いと言ってストレッチしているアスリートは正しいのか?

    S&Cコーチとして「アスリートの感覚」は気にするようにしています。特定のエク

記事を読む

#319 赤ちゃんのようにスクワットすべし!?

    Squat like a babyという流行り 数年前にS&C関連のネット

記事を読む

#287 減速能力やエキセントリック筋力の重要性を理解する

    加賀さんのブログ「怪我しやすい人の傾向」でも書かれていますが、生まれつき筋収縮のスピ

記事を読む

#7 コアスタビリティエクササイズの分類

コアスタビリティという能力はパフォーマンス向上や傷害予防のために重要と考えられ、この能力

記事を読む

#158 過去記事紹介:そもそもトレーニングは必要?

    なかなか自分の書いた文章を読み返すという事はないので

記事を読む

#248 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載③】体幹トレーニング

     月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 347今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑