#374 「学術論文を批判的に読む」を実践している動画の紹介


 

376152628 249e3630c0 b

 

前回、はじめてアスリート向けにブログ記事を書いてみました(#373 【アスリート向け】なぜトレーニングをやるの?)。予想以上の反響の大きさに満足してしまい、しばらくブログ更新が滞りました。

 

 

「学術論文を批判的に読む」を実践している動画の紹介

以前のブログで「学術論文を批判的に読む」というプロセスを実践しているパネルディスカッションの様子を撮影した動画を紹介しました。その時のパネリストの1人が別の論文について「学術論文を批判的に読む」というプロセスを実践している動画を見つけたので、こちらも紹介したいと思います。

 

 

この動画で取り上げているのは、以前のブログで私もレビューした論文です(#362 【論文レビュー】レッグプレスよりもスクワットのほうがジャンプパフォーマンス向上効果が高い)。そちらのブログと合わせてご覧頂ければと思います。

 

 

まとめ

学術論文を批判的に読み、そのデータや主張をどの程度信用できるものなのかを判断したうえで、フィルターをかけて科学的知見を自分の中に取り入れる。そういう作業が必要です。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

「成長期に筋肉つけすぎると身長が伸びなくなる」っていう都市伝説、なんか科学的・医学的根拠あんのかいな?

関連記事

#366 「研究よりも現場のほうが何年も進んでいる!」ってホント?

    現場での活動にプライドを持っているS&Cコーチの中には、スポーツ科学者を見下

記事を読む

#230 論文を批判的な目で読んで、その内容を解釈するために必要なことについての私見

    先日のNSCAジャパンS&Cカンファレンスで「科学的知見に基づくS&C指導

記事を読む

#343 トレーニング指導に科学的根拠(エビデンス)を求めるのは、「選手にラクをさせたいから」ではなく「どうせキツいことをやらせるなら、効果があることをやらせてあげたいから」なんだな〜

    今日は短めに。 東大の石井直方先生の「筋肉の科学」を読んでいて、「『楽をしたら強く

記事を読む

#353 学術論文を批評的に読むということ①

    3週間のリオ出張から帰国後、ドッと疲れが出て体調を崩し、1週間ほど寝込んでいました。

記事を読む

#370 「Jump Squat」と「Squat Jump」は何が違うの?

    S&Cに関する学術論文や書籍、ネット記事等を読んでいると「Jump Squa

記事を読む

#281 「効率の良い動きを鍛える」って何?ファンクショ◯ルって何?

    なをきのつぶやき 最近ファンクショナ◯がどーのこーの言っている人たちが、「筋トレだ

記事を読む

#65 エビデンスに基づいたトレーニング指導?

    最近「エビデンスに基づいた」トレーニング指導という表現をよく目にします。もともとこの

記事を読む

#354 学術論文を批評的に読むということ②

    前回のブログでは、「学術論文を批評的に読む」というプロセスを実践している動画を紹介し

記事を読む

#82 【ブログ紹介】エビデンスに基づいたトレーニングは必要?

    以前のブログで「エビデンスに基づいたトレーニング指導」という考え方についてお話をしま

記事を読む

#303 【論文レビュー】腹腔内圧を高めるのに有効なのはどっち? ドローイン vs. ブレイシング

    ウエイトトレーニングをする時にお腹周りをどのように固めて安定させるのか、という議論が

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 76今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑