#551 「この続きを知りたい方は私のセミナーにご参加ください」みたいな感じで、全部書き切らずに途中で終わっちゃうブログを読むとイラッとするので、自分のブログでは全部書き切る

 

Kaitlyn baker 422999 unsplash

 

他のブログを参考にする

私はブロガーの端くれとして、他の方が書かれたブログを読む時は、単純に情報収集をするだけでなく、ブログの書き方も参考にできないかと思いながら読んでいます。

「あ〜、これは良いな!」と思う書き方を見つけた場合は、参考にさせてもらったり、マネをさせてもらいます。

逆に、「これはダメだな〜」と思う書き方を見つけた場合は、自分がブログを書く時に同じことをやっていないかを見直したり、今後そのようなことはしないよう気をつけるようにしています。

 

 

読んでいてイラッとするブログの書き方

ブログの読み手側として、よくイラッとしてしまうのが、「この続きを知りたい方は私のセミナーにご参加ください」みたいな感じで終わっちゃっているパターンです。

最初に問題提起をしておいて、それについて説明をし始めたのにもかかわらず、最後まで説明をし切らないやつです。

そういうブログに出会うと、「なんだ宣伝記事かよ!ここまで読んだ俺の時間と労力を返してくれ!」といつも思います。

 

ブログも書くし、セミナーも自主開催している立場としては、ブログでは伝えられないけどセミナーでは伝えられるものがあることは分かります。

「ブログでは全部説明しきれないことをセミナーでお伝えします」という宣伝をしたいんだろうな〜というのも推察できます。

でも、「だったら、そもそもブログで書かなきゃいいじゃん」と思ってしまいます。

問題提起をしておいてそれを最後まで説明し切らないのであれば、ブログではなくてセミナー概要ページにでも書いておいてくれよと思うのが読み手側の感情です。

 

 

自分のブログでは全部書き切る

読み手側として、そのような経験をしたので、できるだけ同じような想いを読者の方にさせないようにブログを書こうと考えています。

じゃあ、どうすればいいのか?それは、「ブログで全部書き切る」ということです。

 

ただ、これはなかなか難しいことで、私もしばらく「ブログで全部書いちゃっていいのかな?」「そしたら、他の有料サービスをご利用していただけなくなっちゃうんじゃないか?」と悩んでいました。

もちろん、私がブログを書いているのは、それを読んでいただくことでお役に立ちたいという気持ちが前提にあるからなのは間違いありません。

でも、それだけだと、ただの「いい人」になってしまいます。

できれば、ブログを読んで私について知ってもらい、そこから他の有料サービスのご利用に繋げていきたいというのが正直なところです。

しかし、繋げたいけど、「この続きを知りたい方は私のセミナーにご参加ください」みたいなことは絶対やりたくないし、かといって、全部書き切ったら、そこで問題解決されて終わっちゃうんじゃないかという不安がある。

 

そこのバランスの取り方で悩んでいた私ですが、フリーランスとしての働き方で参考にさせていただいている井ノ上さんの著書の文章を読んで吹っ切れました。

 

 

 

 

 

それは「自分のやっていることに『業』をつけて、それぞれに120%打ち込む」ということです。

これを読んで、私は「ブログ業」と名付けて、全部書き切ることにしました。私のブログを読んだ方がそれで問題解決できて、お役に立てればそれでいいと割り切りました。

もちろん、ブログで書き切ることで、セミナーや個別コンサルティングの仕事は減るかもしれないけど、逆に「これだけの文章を書く人だったら」ということでセミナーや個別コンサルティングを受けてくださるお客さんも増えるはずです。

 

 

まとめ

自分がイラッとしたり面倒くさいな〜と感じることは、他の人にしない。そのためにも、ブログにおいては出し惜しみをせずに、全部書き切ろうと思います。それを読んで問題解決していただけるのであれば、それはそれでいいです。お役に立ててよかったです。

もし、これだけのブログを書く知識があるのであれば、トレーニング指導を受けてみたい・セミナーを受けてみたい・個別コンサルティングで相談してみたいと思っていただける場合は、有料メニューをご利用いただければ。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

メルマガ配信サービスと契約をしまして、その登録フォームを使って、セミナーの申し込み受付と確認メール配信を自動化してみました。ちょっと不安でしたが、今のところ問題なく動いているようです。今後は、メルマガの配信も開始できればと考えています。お楽しみに!