#47 筋肉を付けると身体が固くなる? シリーズ第二弾

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考


Medium_4895742137

ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど、体操選手はムキムキなのにめちゃめちゃ柔らかいんだな〜。

なをき

関連記事

#371 アスリートの筋力の左右差をどう捉えて、ウエイトトレーニングでどうアプローチしていくか

    これまでバドミントンやフェンシングのように片側性スポーツ競技のトレーニング指導を担当

記事を読む

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

    以前のブログで、スクワットにおける各筋群の動員についての論文を紹介しました。 #2

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

#362 【論文レビュー】レッグプレスよりもスクワットのほうがジャンプパフォーマンス向上効果が高い

    久しぶりに論文レビューをします。      論文の内容 Wirth et a

記事を読む

#191 ファンクショナルトレーニングって何?

    「ファンクショナルトレーニング」という言葉を最近よく目にします。でも「ファンクショナルトレ

記事を読む

#29 ブログ紹介:体力向上+Transfer of Training Effectの例

前回のブログで、S&Cプログラムの成功(つまり競技力の向上)のためには以下の2つ

記事を読む

#273 「運動」と「トレーニング」の違い

    以前、AthleteBody.jpというサイトにレジスタンストレーニング「漸進性過負

記事を読む

#66 S&Cコーチの役割 2.0

    前回のブログ記事が予想外のヒットを記録しました。思いついた事をパパっと書いただけで、

記事を読む

#296 身体的特徴がスクワットのフォームに及ぼす影響

    スクワットのフォームには身体的特徴が大きな影響を及ぼします。「身体的特徴」と一言で言

記事を読む

#365 S&Cコーチの役割のひとつを「傷害リスクの低減」ではなく「ケガをしづらい身体をつくる」って言ったほうが納得させられるかも

    S&Cコーチの役割のひとつとして「傷害予防」がよく挙げられます。しかし、完全

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑